クラウドベースの管理コンソールにログインするときに、最初のログイン画面では Horizon Cloud 環境に関連付けられた既存の My VMware アカウントが必要です。会社または組織内の他のユーザーを、その最初のログイン画面にログインする管理者として追加するには、そのユーザーの My VMware アカウントを自分の環境に関連付けます。各 My VMware アカウントを、ジョブの役割に適切である Horizon Cloud の役割に関連付けることもできます。

[はじめに] ウィザードの [My VMware アカウント] 領域または [全般設定] 画面のいずれかを使用して、My VMware アカウントを環境に関連付けます。

My VMware アカウントに関連付けられている Horizon Cloud の役割に加えて、ユーザーの Active Directory ユーザー アカウントには、所属する Active Directory のグループから Horizon Cloud の役割も割り当てられている必要があります。ユーザーの Active Directory アカウントに割り当てられた Horizon Cloud の役割は、ユーザーがコンソールの 2 番目のログイン画面で Active Directory アカウントを使用してログインした後に、コンソールのどの要素がアクセス可能であるかを制御するものです。詳細については、Active Directory グループへの Horizon Cloud 管理ロールの割り当てを参照してください。

重要: これらの手順は vmware.com で My VMware アカウントが作成される前に実行することができますが、アカウントが vmware.com で作成されないと、そのアカウントを使用してコンソールにログインすることができません。 My VMware アカウントは、 https://my.vmware.com/web/vmware/registration で登録プロセスを使用して作成されます。

手順

  1. コンソールで、以下のいずれかの方法を使用して My VMware アカウントを環境に関連付けます。
    • [はじめに] ウィザードで、[全般的なセットアップ] > [My VMware アカウント] > [追加] の順にクリックします。
    • [設定] > [全般設定] > [編集] の順にクリックし、[My VMware アカウント] 領域にスクロールします。
    すでに環境に関連付けられている My VMware アカウントのリストが表示されます。
  2. リストの一番下のエントリで表示されるプラス記号のアイコン (My VMware アカウントのリストに新しい行を追加するためのアイコン) をクリックして、リストに行を追加します。
    姓、名、 My VMware アカウント ID を入力するためのフィールドと、 Horizon Cloud の役割を選択するためのフィールドがある新しい行が表示されます。
  3. 環境に関連付ける My VMware アカウントごとに行を作成し、Horizon Cloud の役割の選択などの、必要な情報を各行に入力します。
    別の役割を選択しない限り、役割はデフォルトで顧客管理者になります。
  4. [保存] をクリックして、情報をシステムに保存します。

結果

追加されたすべての My VMware アカウント ID が vmware.com に存在する場合、それらを使用して最初の Horizon Cloud ログイン画面にログインすることができます。

重要: 完了した手順では、実際の My VMware アカウントは作成されません。 My VMware アカウントは、 https://my.vmware.com/web/vmware/registration で登録プロセスを使用して作成されます。

次のタスク

追加されたユーザーの Active Directory アカウントが、Horizon Cloud の役割がまだ関連付けられていない Active Directory グループにある場合は、Active Directory グループへの Horizon Cloud 管理ロールの割り当ての説明どおりに手順を完了します。