Horizon Cloud Connector アプライアンスが Horizon ポッドと正常にペアリングされたら、ブラウザベースの Horizon Cloud Connector 構成ポータルを使用して、アプライアンスの SSH 設定を有効または無効にすることができます。バージョン 1.5 以降のアプライアンスでは、SSH がデフォルトでアプライアンスのオペレーティング システムでオフになっています。

これらの手順は Horizon Cloud Connector バージョン 1.5 以降に適用されます。

前提条件

次の項目が適切であることを確認します。

  • アプライアンスが Horizon ポッドと正常にペアリングされていること。Horizon Cloud Connector アプライアンスが Horizon ポッドと正常にペアリングされている場合にのみ、トグルがある構成ポータル画面にアクセスできます。コネクタをポッドとペアリングする前に、vSphere 環境を使用してアプライアンス コンソールを起動してログインし、コマンド ラインを使用してアプライアンスの SSH を有効または無効にすることができます。Horizon Cloud Connector を Horizon Connection Server とペアリングする前に SSH アクセスを有効化するのトピックを参照してください。
  • Horizon Cloud テナント環境への管理者アクセス権を持つ My VMware 認証情報があること。これらの認証情報は、Horizon Cloud Connector 構成ポータルにログインするために必要です。
  • Active Directory ドメインが Horizon Cloud テナント環境に登録されている場合、Horizon Cloud スーパー管理者ロールを持つグループに属する Active Directory アカウントの認証情報が必要です。Active Directory ドメインが Horizon Cloud テナントに登録されている場合、My VMware 認証情報を入力すると 2 番目のログイン画面が表示されます。構成ポータルにアクセスするには、続いて Active Directory アカウントの認証情報を入力する必要があります。Active Directory ドメインが Horizon Cloud テナントに登録される方法およびスーパー管理者ロールの詳細については、Horizon Cloud 環境での最初の Active Directory ドメイン登録の実行およびActive Directory グループの個人が Horizon Cloud テナント環境に対して認証された後、その個人に対して Horizon Universal Console のどの部分を有効にするかを制御するロールをそのグループに割り当てるを参照してください。
  • ブラウザに構成ポータルを表示する URL アドレスがあること。構成ポータルのログイン画面を表示するには、ブラウザで次のいずれかを指定します。
    • Horizon Cloud Connector アプライアンスの IP アドレス(https://IP-address/
    • DNS サーバで、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を IP アドレスにマップする正引きおよび逆引きレコードを作成した場合、その FQDN
  • Horizon Cloud Connector 1.9 以降)ccadmin ユーザーの認証に必要な SSH パブリック キーを、次のいずれかの方法で準備していること。
    重要: Horizon Cloud Connector 1.9 以降、 root ユーザー アカウントの SSH アクセスはサポートされなくなりました。セキュリティを強化するために、SSH アクセスは、パブリック キー(強く推奨)またはパスワード認証を使用した ccadmin ユーザー アカウントでのみサポートされます。

    引き続き root アカウントを使用して、アプライアンスで SSH 以外の管理タスクを実行することができます。

手順

  1. 前提条件の説明に従って、ブラウザに Horizon Cloud Connector 構成ポータルの URL をロードし、テナント環境で有効な My VMware 認証情報を使用してログインします。
    Active Directory ドメインがそのテナント環境に登録されている場合、システムは 2 番目のログイン画面を表示します。前提条件の説明に従って、スーパー管理者ロールを持つ Active Directory アカウントの認証情報を入力します。
    構成ポータルに、コネクタ上の管理タスクのアクション ボタンを表示する画面が開きます。
  2. 次のいずれかの処理を行います。
    • Horizon Cloud Connector 1.5 から 1.8 まで)[SSH を有効にする] トグルを使用してアプライアンスで SSH を有効または無効にします。

      ポータルに表示されるトグルの設定は、アプライアンスの SSH の現在のステータスです。

    • Horizon Cloud Connector 1.9 以降)SSH 構成コントロールにアクセスするには、アプライアンス構成ポータルで [SSH の構成] をクリックします。


      SSH の構成ダイアログ ボックスが表示されたら、コントロールを使用して、アプライアンスで SSH を有効または無効にし、以前に生成した SSH パブリック キーを登録します。SSH を初めて有効にする場合、またはすでに登録されているキーを変更する場合は、パブリック キーを登録する必要があります。

      ダイアログ ボックスに表示されるトグルの設定は、アプライアンスの SSH の現在のステータスです。