ポッド デプロイ ウィザードを実行して、Microsoft Azure のポッド マネージャ ベースのポッドとそのゲートウェイ構成の要素となるコンポーネントをデプロイします。ポッドのコネクタ コンポーネントを Horizon Cloud とペアリングし、Microsoft Azure のキャパシティを Horizon Cloud で使用できるようにします。

重要: このウィザードは、ポッド マネージャ ベースのタイプのポッドを Microsoft Azure にデプロイします。このウィザードでは、 Horizon Connection Server のテクノロジーを使用する Azure VMware Solution (AVS) 上の Horizon ポッドはデプロイされません。AVS に Horizon ポッドを手動でデプロイする方法については、Tech Zone の Horizon on Azure VMware Solution Architectureおよび Deploying Horizon with Azure VMware Solutionを参照してください。そのタイプのポッドの場合は、該当するポッドを手動でデプロイした後、Horizon Cloud Connector および 手動でデプロイされた既存の Horizon ポッドをオンボーディングする場合のワークフローの概要の手順を使用して Horizon Cloud に接続できます。
デプロイヤは、ウィザードの各手順で入力された情報を使用してポッドを構成する方法を決定します。特定の手順で必要となる情報を提供した後、 [次へ] をクリックして次の手順に進みます。
注意: 以下の手順で示す IP アドレスはサンプルです。組織の要件を満たすアドレス範囲を使用してください。IP アドレス範囲の記述がある手順では、組織に適切な IP アドレスに置き換えてください。

前提条件

ポッド デプロイ ウィザードを開始する前に必要な項目を用意しておくことを確認します。ウィザードで指定する必要がある項目は、ポッドの構成オプションによって異なります。前提条件については、ポッド デプロイ ウィザードを実行するための前提条件を参照してください。

ポッドの構成オプションには次が含まれます。

  • 事前に作成する既存のサブネットを選択するか、ポッド デプロイヤで自動的にサブネットを作成するか
  • ポッドの高可用性を有効にするかどうか。高可用性を有効にせずにポッドをデプロイする場合は、後でポッドを編集して有効にすることができます。
  • 外部または内部の Unified Access Gateway 構成を使用してデプロイするか、またはその両方を使用してデプロイするか。ゲートウェイ構成の 1 つのタイプだけでデプロイする場合は、後でポッドを編集してもう一方の未構成のタイプを追加できます。
    Unified Access Gateway を次のように構成してデプロイする場合 後でポッドを編集して以下を追加することが可能
    外部 内部
    内部 外部
  • ポッドの VNet とは別の、専用の VNet で外部 Unified Access Gateway 構成を使用してデプロイする。
  • ポッドのサブスクリプションとは別の、専用のサブスクリプションで外部 Unified Access Gateway 構成を使用してデプロイする。VNet は複数のサブスクリプションにまたがらないため、このオプションは個別の VNet ケースの特別なシナリオです。外部ゲートウェイが専用のサブスクリプションを使用してデプロイされる場合、それは外部ゲートウェイが専用の VNet にもあることを意味します。
  • ポッドのゲートウェイ構成に設定されている RADIUS 2 要素認証のオプションを使用してデプロイする。ポッドのゲートウェイ構成に設定されている RADIUS 設定を使用せずにデプロイする場合は、後でポッドを編集してもう一方の未構成のタイプを追加できます。
  • 外部 Unified Access Gateway 構成の場合は、構成のロード バランサでパブリック IP アドレスを使用しないようにすることをオプションで選択できます。ロード バランサにパブリック IP アドレスを持たないようにウィザード オプションを選択する場合は、DNS サーバで FQDN にマッピングした IP アドレス値をウィザードで指定する必要があります。この FQDN は、このゲートウェイへの PCoIP 接続のためにエンド ユーザーの Horizon Client で使用されるものです。デプロイ プロセスでは、デプロイヤは Unified Access Gateway の Horizon 設定でその IP アドレスを構成します。Unified Access Gateway のドキュメントでは、この IP アドレス値は PCoIP 外部 URL と呼ばれます。Unified Access Gateway のドキュメントで URL と呼ばれている場合でも、入力した値は IP アドレスである必要があります。この IP アドレスを DNS の FQDN にマッピングします。これは、ポッドの外部 Unified Access Gateway 構成で PCoIP セッションを確立するためにエンド ユーザーの Horizon Client で使用される FQDN です。
    注意: デプロイされたポッドを後で編集して、外部ゲートウェイのロード バランサに対するこの IP アドレス設定を変更することはできません。そのため、デプロイ ウィザードで DNS マッピングの FQDN と一致するパブリック IP アドレスを入力し、その FQDN がデプロイ ウィザードでアップロードする証明書の FQDN と一致することを確認してください。