このウィザードを使用して、ポッド マネージャ ベースのポッドを Microsoft Azure サブスクリプションに自動的にデプロイします。このウィザードを使用して最初のポッドをデプロイする際は、Horizon Universal Console の [はじめに] ページの [Microsoft Azure] 行で、[管理] > [ポッドの追加] 機能を使用してポッド デプロイ ウィザードを開始します。

注: クラウドベースのコンソールへのログイン認証は、My VMware アカウント システムまたは VMware Cloud Services システムでのアカウント認証情報の認証に依存しています。それらのシステムでシステム障害が発生していて認証要求を処理できない場合、その期間中にコンソールにログインすることはできません。コンソールの最初のログイン画面でログインの問題が発生する場合は、 Horizon Cloud システム ステータス ページ ( https://status.horizon.vmware.com) で最新のシステム ステータスを確認してください。そのページでは、アップデートを定期受信にすることもできます。
重要: このウィザードは、Azure VMware Solution (AVS) への Horizon ポッドのデプロイをサポートしていません。現在のリリースでは、Azure VMware Solution へのポッドのデプロイを自動化するウィザードはありません。そのタイプのポッドの場合は、まず手動で AVS の Horizon ポッドを立ち上げてから、Horizon Cloud Connector を使用して Horizon Cloud に接続する必要があります。AVS での Horizon ポッドの立ち上げの詳細については、Tech Zone の「Horizon on Azure VMware Solution Architecture」を参照してください。

前提条件

ポッド デプロイ ウィザードを実行するための前提条件に記載されている前提条件を満たしていることを確認します。

手順

  1. 希望の方法を使用して管理コンソールにログインします。
    • https://cloud.horizon.vmware.com に移動し、ログイン ページの [My VMware の認証情報] セクションで、My VMware アカウントの認証情報を入力します。アカウントの認証情報は、user@example.com のようなプライマリ メール アドレスと、アカウントのプロファイルで設定されているパスワードです。この選択により、認証要求が Horizon Cloud 制御プレーンに送信されます。
    • https://cloud.horizon.vmware.com に移動し、ログイン ページの [VMware Cloud Services] セクションで、[VMware Cloud ログイン] をクリックします。このボタンをクリックすると、認証要求が VMware Cloud Services にリダイレクトされ、組織の構成に従って認証されます。VMware Cloud Services を使用して Horizon Cloud テナントにアクセスするように組織から依頼された場合は、この方法を使用します。
    • 組織によって VMware Cloud Services を使用して Horizon Cloud テナントにアクセスするように求められた場合は、まず https://console.cloud.vmware.comVMware Cloud Services にログインできます。VMware Cloud Services にログインし、[マイ サービス] セクションに表示される Horizon Cloud タイルをクリックすると、ブラウザは VMware Cloud Services によって認証された管理コンソールを開きます。
    • 組織によって Workspace ONE 環境を使用して Horizon Cloud テナントにアクセスするように求められた場合は、まずその Workspace ONE コンソールにログインしてから、サービスのセットに表示される Horizon Cloud カードを使用できます。
    次のスクリーンショットは、 My VMware アカウントの認証情報を入力してログインする方法を示しています。
    Horizon Cloud on Microsoft Azure:初回ログイン時の My VMware アカウントのログイン画面のスクリーンショット

    これまでにこれらの My VMware 認証情報を使用して Horizon Cloud の利用規約に同意していなかった場合、 [ログイン] ボタンをクリックした後に利用規約に関する通知ボックスが表示されます。利用規約に合意して続行します。
    ログインが正常に認証されると、コンソールがブラウザに表示されます。既存のポッドがない場合、デフォルトでは、[キャパシティ] セクションが展開された状態で、[クラウドのキャパシティを追加] 行で、[はじめに] ウィザードが開きます。
    Horizon Cloud Service:初期状態の [はじめに] 画面

    注: Horizon Cloud のデプロイとポッドのオンボーディング - VMware SDDC 上の Horizon ポッドおよび Microsoft Azure 上の Horizon Cloud ポッドで説明したように、 Horizon Cloud テナント レコードの構成によっては、 VMware Cloud Services へのオンボーディングに関する青いバナーが表示されることがあります。この手順は、ポッドのデプロイには必要ありません。後で実行できます。この機能の詳細については、 Horizon Cloud テナントを VMware Cloud Services にオンボーディングするを参照してください。
  2. [クラウドのキャパシティを追加] 行で、[管理] > [ポッドを追加] の順にクリックします。


    [クラウドのキャパシティを追加] ウィザードが開き、最初の手順が表示されます。
    Horizon Cloud on Microsoft Azure:[クラウドのキャパシティを追加] ウィザードの最初の手順のスクリーンショット

  3. 新しい Horizon Cloud ポッドの Microsoft Azure サブスクリプション情報の指定の手順に従ってこのポッドで使用されるサブスクリプションを指定します。