Horizon Image Management Service の使用を開始するには、まず、管理対象イメージを含むすべての vCenter Server インスタンス間で認証の信頼を確立する必要があります。その後、vCenter Server 認証情報を設定する必要があります。

vCenter Server 認証情報の設定ウィザードを使用して、参加する vCenter Server インスタンスにアクセスするためのユーザー ログイン情報を指定します。このログイン情報を構成することで、 Horizon Image Management Service には vCenter Server インスタンス上のイメージにアクセスする権限があることが保証されます。

前提条件

手順

  1. vCenter Server インスタンス間の認証の信頼を確立します。
    1. Web ブラウザを使用して、vCenter Server インスタンスの URL に移動します。
    2. vSphere ホーム ページの右下隅にある [信頼されたルート CA 証明書をダウンロード] を右クリックして、証明書フォルダをローカル システムにダウンロードします。
      ダウンロードしたフォルダには、信頼を設定するために必要な .crt 証明書ファイルが含まれています。
    3. 別の vCenter Server インスタンスの URL に移動し、[vSphere Client (HTML) の起動] をクリックします。vSphere Client にログインします。
    4. vSphere Client で、[メニュー] > [管理] > [証明書の管理] に移動します。vCenter Server 認証情報を入力し、[ログインおよび証明書の管理] をクリックします。
    5. ページの下部にある [信頼できるルート証明書] で、[追加] をクリックして、手順 b でダウンロードした .crt 証明書ファイルをアップロードします。
    6. Horizon Image Management Service 用に構成するその他のすべての vCenter Server インスタンスについて、手順 c、d、および e を繰り返します。
  2. Horizon Universal Console で、[インベントリ] > [イメージ - マルチポッド] を選択します。
    • Horizon Image Management Service をまだ設定していない場合は、ようこそ画面が表示され、vCenter Server 認証情報を構成するように求められます。
    • Horizon Image Management Service をすでに設定している場合は、メインの [マルチポッド イメージ] ページが表示されます。このページのメニュー選択を使用して、すでに構成されている vCenter Server インスタンスの認証情報を編集できます(これらの認証情報が変更された場合)。
  3. ようこそ画面で [vCenter Server 認証情報の設定] をクリックするか、メインの [マルチポッド イメージ] ページで [vCenter Server] > [認証情報の設定] を選択します。
    vCenter Server 認証情報の設定ウィザードが表示され、クラウド接続されたポッドに関連付けられているすべての vCenter Server インスタンスのリストが表示されます。

    vCenter Server 認証情報の設定ウィザード
  4. 複数の vCenter Server インスタンスで同じログイン認証情報を使用している場合は、[すべての vCenter Server に同じ認証情報を使用] の切り替えオプションを有効にします。
    この切り替えオプションを有効にして 1 つの vCenter Server の認証情報を入力すると、同じ認証情報が他の vCenter Server インスタンスにも適用されます。
  5. [詳細] ページで、vCenter Server の管理者アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。リスト内の各 vCenter Server についてこの手順を繰り返します。[次へ] をクリックします。
  6. [サマリ] ページで、vCenter Server の正しい認証情報が表示されていることを確認します。[終了] をクリックします。