VMware Integrated OpenStack 7.0.1 にアップグレードするには、パッチを適用します。

この手順では、 viocli を使用して、仮想マシンにパッチを適用します。既存の VMware Integrated OpenStack 7.0 デプロイにパッチを適用することも、フレッシュ インストールされた VIO 7.0 OVA に適用することもできます。フレッシュ インストールされた VMware Integrated OpenStack 7.0 OVA の場合は、次のようにパッチを適用します。

前提条件

  • VMware Integrated OpenStack ダウンロード ページから、VMware Integrated OpenStack 7.0.1 パッチと viocli パッケージの両方をダウンロードします。
  • すでに適用されているパッチがないことを確認します。たとえば、VMware Integrated OpenStack パッチがすでに適用されている場合は、パッチを再度適用する前に、それを削除します。VMware Integrated OpenStack 7.0.1 パッチの削除を参照してください。
  • OpenStack デプロイを含む VMware Integrated OpenStack 7.0 がすでにある場合は、既存のデプロイのバックアップを作成します。デプロイのバックアップを参照してください。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack 環境で、Integrated OpenStack Manager にログインします。
    ssh root@mgmt-server-ip
  2. VMware Integrated OpenStack 7.0 仮想マシンの viocli バイナリを更新し、アクセス権限を変更します。
    tar -xvf viocli.tar.gz
    cp ./export/cli/viocli /usr/bin
    chmod -R a+x /usr/bin/viocli
  3. パッチを VMware Integrated OpenStack 7.0 に追加します。
    viocli patch add -l <VIO_7.0.1_patch_tar_path>
  4. パッチが追加されたことを確認します。
    viocli patch list
    正常に追加された場合、パッチの状態は ADDED(追加済み)と表示されます。
  5. パッチをインストールします。
    viocli patch install -p <VIO_7.0.1_patch_tar_path>
  6. パッチがインストールされたことを確認します。
    viocli patch list
    • 既存の VMware Integrated OpenStack 7.0 デプロイに正しくインストールされた場合、パッチの状態は APPLIED(適用済み)と表示されます。
    • アップグレードや新規インストールなどでフレッシュ インストールされた VMware Integrated OpenStack 7.0 OVA に正しくインストールされた場合、パッチの状態は APPLYING(適用中)と表示されます。
  7. (オプション) 既存の VMware Integrated OpenStack 7.0 デプロイにパッチを適用している場合は、パッチのデプロイ ステータスを確認します。
    viocli get deployment
    デプロイが安定している場合、パッチの状態は RUNNING(実行中)と表示されます。これは、すべての OpenStack サービスがパッチ適用済みであることを示します。
    注: エラーが発生した場合、またはデプロイが安定しない場合は、追跡用にサポート バンドルを保持します。

次のタスク

フレッシュ インストールした VMware Integrated OpenStack 7.0 OVA にパッチを適用した場合は、新しい VMware Integrated OpenStack のインストールまたはアップグレード用のプロセスを続行します。