移行を完了する前に、適切な数とサイズの NSX Edge ノードを展開する必要があります。

新しい NSX-T 環境には、 NSX Edge ノードを展開するための多くのオプションが用意されています。ただし、Migration Coordinator を使用して移行する場合は、 NSX Edge を仮想マシンとして ESXi ノードを展開する必要があります。OVA または OVF ファイルを使用して展開します。ベア メタルには展開しないでください。 NSX Manager ユーザー インターフェイスから展開しないでください。

NSX Edge ノードは、トランク ポートグループに接続している必要があります。NSX Edge ネットワークの詳細については、『NSX-T Data Center インストール ガイド』の「NSX Edge のネットワーク設定」を参照してください。

前提条件

  • NSX Edge アプライアンスに対応できる適切なリソースが配置された十分な数の ESXi ホストが必要です。
  • 必要な Edge ノードの数とサイズを決定します。NSX-T に Edge ノードが展開されていない環境の移行を開始し、[構成のインポート] の手順を実行すると、Edge ノードの必要な数とサイズが表示されます。詳細については、NSX Edge 要件の確認を参照してください。

手順

  1. VMware ダウンロード ポータルで NSX Edge ノード アプライアンス OVA ファイルを見つけます。
    ダウンロード URL をコピーするか、OVA ファイルをコンピュータにダウンロードします。
  2. vSphere Client で、NSX Edge ノード アプライアンスをインストールするホストを選択します。
  3. 右クリックして [OVF テンプレートの展開] を選択し、インストール ウィザードを開始します。
  4. OVA のダウンロード URL を入力するか、保存されている OVA ファイルに移動して、[次へ] をクリックします。
  5. NSX Edge ノードの名前と場所を入力して、[次へ] をクリックします。

    ここに入力する名前が vCenter ServervSphere インベントリに表示されます。

  6. NSX Edge ノード アプライアンスのコンピューティング リソースを選択して、[次へ] をクリックします。
  7. OVF テンプレートの詳細を確認して、[次へ] をクリックします。
  8. 展開構成を選択し、[次へ] をクリックします。
    展開が必要な Edge ノードのサイズの詳細については、 [構成のインポート]の手順を参照してください。
  9. 構成ファイルとディスク ファイルのストレージを選択して、[次へ] をクリックします。
    1. 仮想ディスク フォーマットを選択します。
    2. 仮想マシン ストレージ ポリシーを選択します。
    3. NSX Edge ノード アプライアンスのファイルを格納するデータストアを指定します。
  10. 各ソース ネットワークのターゲット ネットワークを選択します。
    1. ネットワーク 0 の場合は、VDS 管理ポートグループを選択します。
    2. ネットワーク 1、2 または 3 の場合は、以前に設定した VDS トランク ポートグループを選択します。
    移行後、 NSX Edge ノードは、単一の Fastpath インターフェイスを使用して、この 3 つのトランク ネットワークのいずれかに接続されます。ネットワーク設定は、 NSX Edge ノードの展開後に調整または確認できます。
  11. IP 割り当ての設定を行います。
    1. IP 割り当ての場合は、固定 - 手動 を指定します。
    2. IP プロトコルの場合は、IPv4 を選択します。
  12. [次へ] をクリックします。
    次の手順は、OVF テンプレートの展開ウィザードの [テンプレートのカスタマイズ] セクションにあります。
  13. NSX Edge ノード システムの root、CLI 管理者、監査者のパスワードを入力します。
    注: [テンプレートのカスタマイズ] 画面で、 All properties have valid values というメッセージは無視してください。このメッセージは、フィールドに値を入力する前でも表示されます。パラメータがすべてオプションのため、このメッセージが表示されます。どのフィールドにも値を入力していないので、検証は成功します。
  14. NSX Edge のホスト名を入力します。
  15. デフォルト ゲートウェイ、管理ネットワークの IPv4、管理ネットワークのネットマスク アドレスを入力します。
    VMC ネットワークの設定はスキップします。
  16. DNS サーバ リスト、ドメイン検索リスト、NTP サーバの IP または FQDN のリストを入力します。
  17. (オプション) コンソールから NSX Edge にアクセスする場合は、SSH を有効にしないでください。ただし、root で SSH ログインし、NSX Edge コマンド ラインに CLI ログインを行う場合は、SSH オプションを有効にします。
    デフォルトでは、セキュリティ上の理由から SSH アクセスは無効になっています。
  18. すべてのカスタム OVA テンプレートの仕様が正確であることを確認し、[終了] をクリックしてインストールを開始します。
    インストールには 7 ~ 8 分かかる場合があります。
  19. NSX Edge ノード仮想マシンを手動で起動します。
  20. NSX Edge ノードのコンソールを開いて、ブート プロセスを追跡します。
    コンソール ウィンドウが開かない場合は、ポップアップが許可されていることを確認してください。
  21. NSX Edge ノードが起動したら、管理者認証情報を使用して CLI にログインします。
    注: NSX Edge ノードの起動後、最初のログイン時に管理者認証情報を使用しなかった場合、データ プレーン サービスは NSX Edge ノードで自動的に開始されません。
  22. get interface eth0 コマンド(VLAN なし)または get interface eth0.<vlan_ID> コマンド(VLAN あり)を実行し、IP アドレスが想定どおりに適用されていることを確認します。
    nsx-edge-1> [get interface eth0.100] 
    
    Interface: eth0.100
      Address: 192.168.110.37/24
      MAC address: 00:50:56:86:62:4d
      MTU: 1500
      Default gateway: 192.168.110.1
      Broadcast address: 192.168.110.255
      ...
    
  23. NSX Edge ノードで必要な接続が可能であることを確認します。

    SSH を有効にした場合は、SSH を使用して NSX Edge ノードに接続できることを確認します。さらに、次のことを確認します。

    • NSX Edge ノードの管理インターフェイスに ping を実行できる。
    • NSX Edge ノードから、ノードのデフォルト ゲートウェイに ping を実行できる。
    • NSX Edge ノードから、同じネットワークまたはルーティングで到達可能なネットワーク内にあるハイパーバイザー ホストに ping を実行できる。
    • NSX Edge ノードから DNS サーバと、NTP サーバの IP または FQDN のリストに ping を実行できる。
  24. 接続問題のトラブルシューティングを行います。
    注: 接続が確立されていない場合は、仮想マシン ネットワーク アダプタが適切なネットワークまたは VLAN に置かれていることを確認します。

    デフォルトでは、NSX Edge ノードのデータパスは、管理 NIC(IP アドレスとデフォルト ルートを持つ NIC)を除くすべての仮想マシン NIC を要求します。管理インターフェイスとして NIC を誤って割り当てた場合は、次の手順に従って DHCP を使用し、正しい NIC に管理 IP アドレスを割り当てます。

    1. NSX Edge CLI にログインして stop service dataplane コマンドを入力します。
    2. set interface interface dhcp plane mgmt コマンドを入力します。
    3. interface を DHCP ネットワークに置き、IP アドレスが interface に割り当てられるまで待ちます。
    4. start service dataplane コマンドを入力します。
      VLAN アップリンクとトンネル オーバーレイに使用するデータパス fp-ethX ポートが、 NSX Edge ノード上で [get interfaces] コマンドと [get physical-port] コマンドに示されます。