Cloud Services 組織に新しい Skyline Collector を追加します。

現在、複数の Skyline Collector を使用することが推奨されるのは、複数の地理的に分散したデータセンターがある場合のみです。この場合、各データセンターに Skyline Collector を展開することをお勧めします。複数の Skyline Collector を単一の Cloud Services 組織に登録できます。

Skyline アーキテクチャに関する詳細については、『Skyline プランニングおよび展開ガイド』を参照してください。

既存の Cloud Services 組織に新しい Skyline Collector を追加するには、次の手順を実行します。

重要:

Skyline 管理者サービス ロールが割り当てられたユーザーのみが、Cloud Services 組織に Skyline Collector を追加できます。Skyline ユーザー サービス ロールが割り当てられたユーザーには、この機能はありません。Skyline サービス ロールの詳細については、「Skyline Advisor のサービス ロール」を参照してください。

手順

  1. Skyline Advisor 内で [ダッシュボード] をクリックします。
  2. [コレクタの詳細を表示 (Show Collector Details)] をクリックします。
  3. [新しいコレクタの追加 (Add New Collector)] をクリックします。
  4. Skyline Collector OVF ファイルをダウンロードするには、[Skyline Collector のダウンロード (Download Skyline Collector)] をクリックします。[次へ (Next)] をクリックします。
  5. Skyline Collector のインストールと構成の手順を表示するには、「インストールおよび構成ガイドへのアクセス」のリンクをクリックします。[次へ (Next)] をクリックします。
  6. 自動的に作成された登録トークンを[コピー (Copy)]します。Skyline Collector の初期構成ウィザードの手順 3 で登録トークンを使用します。

結果

Skyline Collector が Cloud Services 組織に追加されます。[コレクタ] ページ内に表示されます。

次のタスク

コレクタの展開中に Skyline Collector に製品を追加しなかった場合は、vCenter Server、NSX Manager、Horizon Connection Server、または vRealize Operations Manager などの製品を Skyline Collector に追加します。