同期スケジュールを設定すると、ユーザーとグループがエンタープライズ ディレクトリから Workspace ONE Access ディレクトリに定期的に自動同期されるようにすることができます。

スケジュールを設定して、ユーザーとグループを毎週、毎日、または毎時同期することができます。あるいは、ユーザーとグループを手動で同期するよう選択することもできます。スケジュールを [手動] に設定した場合は、[ディレクトリ] ページの [同期] ボタンを使用して同期プロセスを開始できます。

同期の間隔は同期する時間より長くなるようにスケジュールします。次回の同期をスケジューリングするときにユーザーとグループがディレクトリに同期されている場合、新しい同期は前の同期の終了直後に開始されます。このスケジュールで、同期プロセスが継続します。

高可用性のためにディレクトリ同期サービス インスタンスを複数使用している場合、スケジュール設定のガイドラインについてはディレクトリ同期のための高可用性の構成(オンプレミスの Workspace ONE Access のみ)を参照してください。

手順

  1. [ID とアクセス管理] > [管理] > [ディレクトリ] タブの順に選択します。
  2. ディレクトリをクリックします。
  3. [同期設定] をクリックします。
  4. [同期間隔] タブで、同期を実行する間隔、曜日、時刻を設定します。
    同期時間は UTC 標準時に基づいて設定します。
  5. [保存] をクリックします。

次のタスク

[セーフガード] タブで設定した同期のセーフガードの制限を確認します。ディレクトリ同期のセーフガードの設定 を参照してください。

また、ディレクトリの手動での同期も参照してください。