Linux バンドル インストーラを実行して、Linux ホスト システムに Workstation Pro をインストールします。ほとんどの Linux ディストリビューションでは、Linux バンドル インストーラを実行すると GUI ウィザードが起動されます。Red Hat Enterprise Linux 5.1 など一部の Linux ディストリビューションでは、GUI ウィザードではなくコマンドライン ウィザードがバンドル インストーラによって起動されます。--console オプションを使用してインストーラを実行すると、ターミナル ウィンドウで Workstation Pro をインストールできます。

始める前に

このタスクについて

リモート接続および仮想マシンの共有は、Workstation Pro のインストール時にデフォルトで有効になっています。リモート接続を有効にすると、リモート ホストに接続してリモート仮想マシンを実行できます。仮想マシンの共有を有効にすると、他の Workstation Pro インスタンスからリモートでアクセス可能な仮想マシンを作成できます。

共有仮想マシンは、VMware Workstation Server (vmware-workstation-server)が管理する共有仮想マシン ディレクトリに格納されます。リモート ユーザーは、ホスト システムの HTTPS ポート 443 を介して VMware Workstation Server に接続されます。

インストール時に共有仮想マシン ディレクトリを変更したり、他のポートを選択したりするには、--custom オプションを指定する必要があります。Workstation Pro のインストール後に共有 VMs Workstation Pro 環境設定を変更することにより、共有仮想マシン ディレクトリの変更、別のポートの選択、リモート接続および仮想マシンの共有の無効化を実行できます。

手順

  1. Workstation Pro を実行するときに使用するユーザー名でホスト システムにログインします。
  2. root に切り替えます。

    例: su root

    使用するコマンドは、Linux ディストリビューションおよび構成によって異なります。

  3. ディレクトリを Workstation Pro インストーラ ファイルが含まれるディレクトリに変更します。
  4. ホスト システムに対応する Workstation Pro インストーラを実行します。

    例:sh VMware-Workstation-xxxx-xxxxxxx.architecture.bundle [--option]

    xxxx-xxxxxxx はバージョン番号とビルド番号、architecture は i386 または x86_64、option はコマンド ライン オプションです。

  5. Open Virtualization Format(OVF)Tool のライセンス契約に同意します。

    --console オプションを使用する場合、または GUI ウィザードをサポートしないホスト システムに Workstation Pro をインストールする場合、Enter キーを押して使用許諾契約を最後までスクロールして確認するか、q を入力して yes/no プロンプトにスキップします。

  6. プロンプトの指示に従って、インストールを完了します。

タスクの結果

Workstation Pro のインストール後、vmware-workstation-server がホスト システム上で起動します。Workstation Pro が起動したら、root ではなく、通常のユーザー名を使用してログインします。vmware-workstation-server は、ホスト システムの再起動時に毎回起動します。