vSphere+ のすべての機能のロックを解除するには、vCenter ServervSphere+ にサブスクライブします。

vCenter ServervSphere+ にサブスクライブすると、以下のようになります。

  • vCenter Server および接続されているホストでサブスクリプションが有効になります。
  • この vCenter Server に接続されているすべてのホストが vSphere+ の請求対象となります。
  • vCenter Server は、vSphere+ と組み合わせた状態でのみ使用できます。ライセンス キーを使用してライセンス供与されたホストを管理する場合は、この vCenter Server を再利用できません。新しい vCenter Server をデプロイする必要があります。
  • vSphere+ サブスクリプションに含まれている Tanzu Standard Runtime Edition を使用して vSphere with Tanzu を構成および管理できます。vSphere with Tanzu の設定と管理を参照してください。Tanzu Standard Edition の詳細については、VMware Tanzu のドキュメントを参照してください。

前提条件

使用中の vSphere 環境がすべての要件を満たしていることを確認します。 vSphere+ のシステム要件を参照してください。

手順

  1. https://vmc.vmware.com から VMware Cloud コンソールにログインします。
  2. [インベントリ] をクリックします。
  3. 次のいずれかの方法を使用して、vCenter Server をサブスクライブします。
    • 通知で [サブスクライブ] をクリックします。
    • リスト ビューで各 vCenter Server をクリックし、[サブスクライブ] をクリックします。
  4. 対象となる vCenter Server インスタンスを選択し、[サブスクライブ] をクリックします。

次のタスク

これで、 VMC コンソール から vCenter Server のアップデートを管理できるようになりました。 vCenter Server のアップデートの有効化を参照してください。