ステートレス キャッシュを使用するようにホストを設定すると、vSphere Auto Deploy サーバが使用できない場合、キャッシュされたイメージがホストで使用されます。ステートレス キャッシュを使用するには、ホスト プロファイルを設定する必要があります。このホスト プロファイルは、ステートレス キャッシュ用に設定されたほかのホストに適用できます。

前提条件

  • キャッシュで使用するディスクを決定し、キャッシュ処理で既存の VMFS パーティションを上書きするかどうかを指定します。

  • 本番環境では、高可用性環境に含めることにより、vCenter Server システムと vSphere Auto Deploy サーバを保護します。管理クラスタに vCenter Server を含めると、Distributed Switch および仮想マシンの移行を確実に移行できるようになります。可能であれば、インフラストラクチャのその他の要素も保護してください。高可用性 vSphere Auto Deploy インフラストラクチャのセットアップ を参照してください。

  • vSphere Auto Deploy 向けの環境を設定します。vSphere Auto Deploy の準備 を参照してください。

  • 最低でも 1GB の空き容量があるディスクが用意されていることを確認します。ディスクがまだパーティショニングされていない場合は、ホスト プロファイルを適用するときにパーティショニングが実行されます。

  • 最初にネットワーク起動を試み、ネットワーク起動に失敗した場合はディスクから起動するようにホストを設定します。ハードウェア ベンダーのマニュアルを参照してください。

  • ホスト プロファイルを作成します。ホスト プロファイル ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム画面で、[ホスト プロファイル] をクリックします。
  2. 設定するホスト プロファイルを選択し、[管理] タブを選択します。
  3. [プロファイルの編集] をクリックします。
  4. 名前と説明をそのままにして、[次へ] をクリックします。
  5. ウィザードの [ホストプロファイルの編集] ページで、[詳細な構成設定] > [システム イメージのキャッシュ構成] > [システム イメージのキャッシュ構成] の順に選択します。
  6. [システム イメージのキャッシュ プロファイル設定] ドロップダウン メニューで、ポリシーのオプションを選択します。

    オプション

    説明

    ホスト上でステートレス キャッシュを有効化

    ディスクにイメージをキャッシュします。

    ホスト上で USB ディスクへのステートレス キャッシュを有効化

    ホストに接続された USB ディスクにイメージをキャッシュします。

  7. (オプション) [ホスト上でステートレス キャッシュを有効化] を選択する場合、使用するディスクの情報を指定します。

    オプション

    説明

    最初のディスクの引数

    デフォルトでは、システムは既存の ESXi を置き換えてローカル ディスクに書き込もうとします。

    [最初のディスクの引数] フィールドで、使用するディスクのコンマ区切りリストを任意の順序で指定できます。ディスクは複数指定できます。ESX がインストールされる最初のディスクの esx を使用するか、モデルおよびベンダー情報を使用するか、vmkernel デバイス ドライバの名前を指定します。たとえば、モデル名が ST3120814A のディスク、mptsas ドライバを使用するディスク、ローカル ディスクの順にシステムで検索するには、このフィールドの値として ST3120814A,mptsas,local を指定します。

    ホスト プロファイルの最初のディスク設定では、キャッシュに使用するディスクを決める際の検索順序を指定します。検索順序は、値のコンマ区切りのリストとして指定します。デフォルト設定 localesx,local では、vSphere Auto Deploy が最初に既存のローカル キャッシュ ディスクを検索するように指定されています。キャッシュ ディスクは、既存の ESXi ソフトウェア イメージが保存されたディスクとして識別されます。vSphere Auto Deploy が既存のキャッシュ ディスクを見つけられない場合は、使用可能なローカル ディスク デバイスが検索されます。vSphere Auto Deploy は、既存の VMFS パーティションがない最初の空ディスクを使用して、使用可能なディスクを検索します。

    最初のディスク引数は、検索順序の指定にのみ使用できます。ディスクを明示的に指定することはできません。たとえば、SAN に特定の LUN を指定することはできません。

    選択したディスクですべての VMFS ボリュームを上書きするには選択 (チェック) する

    このチェック ボックスをオンにすると、システムは、容量が不十分でイメージ、イメージ プロファイル、およびホスト プロファイルを保存できない場合、既存の VMFS ボリュームを上書きします。

    ホストに接続されたすべての SSD デバイスを無視するには選択 (チェック) する

    このチェック ボックスをオンにすると、システムは既存の SSD デバイスを無視し、デバイス上のイメージ プロファイルとホスト プロファイルを保存しません。

  8. [終了] をクリックしてホスト プロファイルの設定を完了します。

次のタスク

vSphere Web Client のホスト プロファイル機能を使用して、個別のホストにホスト プロファイルを適用します。ホスト プロファイル ドキュメントを参照してください。もしくは、vSphere Web Client または PowerCLI を使用してホスト プロファイルをホストに割り当てるルールを作成します。ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。

  • リファレンス ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストに、ホスト プロファイルを適用するルールを作成します。 PowerCLI セッションでルールを作成する方法については、ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。

  • vSphere Auto Deploy がすでにプロビジョニングされているホストの場合は、テストを実行し、 PowerCLI セッションでコンプライアンスを修正します。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。

  • プロビジョニングされていないホストをパワーオンし、新しいホスト プロファイルを使用して、それらのホストがプロビジョニングされるようにします。