OVA デプロイが完了すると、移行プロセスのステージ 2 にリダイレクトされます。ここでは、ソースの vCenter Server のデータを転送して、新しくデプロイされた、外部の Platform Services Controller を使用するターゲット vCenter Server Appliance のサービスを開始します。

このタスクについて

ターゲット アプライアンスの設定を開始すると、ダウンタイム期間が開始されます。このプロセスは、ソース デプロイのシャットダウンをもって完了します。それまでは、キャンセルしたり中断したりすることはできません。ターゲット アプライアンスが起動すると、ダウンタイム期間は終了します。

前提条件

手順

  1. 移行プロセスのステージ 2 の概要を確認し、次へ をクリックします。
  2. [ソースの vCenter Server の選択] ページで、ソースの vCenter Server の vCenter Single Sign-On 管理者パスワードおよび root パスワードを入力し、vCenter Server インスタンスの管理者権限を持つユーザーのパスワードを入力して、次へ をクリックします。
  3. (オプション) : 警告メッセージが表示される場合は、はい をクリックして受け入れます。
  4. ソース Windows マシンが Active Directory ドメインに接続されている場合は、ターゲット マシンを Active Directory ドメインに追加する権限を持った管理者ドメイン ユーザーの認証情報を入力し、次へ をクリックします。
    注:

    入力した認証情報はインストーラによって検証されますが、移行先のマシンを Active Directory ドメインに追加するうえで必要な権限まではチェックされません。Active Directory ドメインにマシンを追加するために必要なすべての権限をユーザーの認証情報が満たしていることを確認してください。

  5. [移行データの選択] ページで、ソースの vCenter Server からターゲット アプライアンスに転送するデータの種類を選択します。

    データの量が多いほど、新しいアプライアンスへの転送に時間がかかります。

  6. [設定の確認] ページで、移行の設定を確認し、バックアップの確認事項に同意して、終了 をクリックします。
  7. OK をクリックし、ソースの vCenter Server をシャットダウンします。
  8. データ転送と設定のプロセスが終了するまで待機し、OK をクリックして vCenter Server の [はじめに] のページに移動します。

タスクの結果

vCenter Server が Windows から、新しくデプロイされたターゲット アプライアンスに移行されます。ソースの vCenter Server はパワーオフされ、ターゲット アプライアンスが起動します。

.

次のタスク

vCenter Server インスタンスが正常に移行されたことを確認します。確認の手順については、vCenter Server Appliance のアップグレードまたは移行結果の確認を参照してください。

必要に応じて、構成内の他の vCenter Server インスタンスの移行またはアップグレードを行います。Windows 上の vCenter Server インスタンスのアップグレードについては、Windows での vCenter Server 5.5 のアップグレードまたはWindows での vCenter Server 6.0 のアップグレードを参照してください。

移行後の手順については、vCenter Server のアップグレードまたは移行後を参照してください。