vCenter Server for Windows インストーラを使用して、vCenter Server 5.5 インスタンスをバージョン 6.5 にアップグレードすることができます。

このタスクについて

vCenter Server 5.5 サービスの構成により、アップグレード後のコンポーネントとサービスのデプロイ方法は異なります。

  • vCenter Server と同じ仮想マシンまたは物理サーバに vCenter Single Sign-On 5.5 が置かれている場合、インストーラは、組み込みの Platform Services Controller デプロイを使用する vCenter Server に構成をアップグレードします。

  • vCenter Server とは異なる仮想マシンまたは物理サーバに vCenter Single Sign-On 5.5 が置かれている場合、インストーラは構成を外部の Platform Services Controller デプロイを使用する vCenter Server にアップグレードします。

  • vCenter ServervCenter Single Sign-On によって使用されている vCenter Server 5.5 ポートは保持されます。アップグレード中、ポートを変更することはできません。必要なポートの詳細については、vCenter ServerおよびPlatform Services Controllerに必要なポートを参照してください。

  • vCenter Server サービスは、vCenter Server と別個にデプロイされなくなりました。個別にデプロイされた 5.5 サービスは、アップグレード プロセスでアップグレードされ、vCenter Server 仮想マシンまたは物理サーバに移行されます。サービス移行の詳細については、アップグレードまたは移行中の Windows 用分散 vCenter Server 5.5 サービスの再配置およびvCenter Server バージョン 5.5 からバージョン 6.5 へのアップグレード パスの例を参照してください。

  • インストーラは、Microsoft SQL Server Express のデータベースを vCenter Server に含まれる PostgreSQL データベースに自動的に移行します。vCenter Server 6.5 へアップグレードする前に Microsoft SQL Server Express から Microsoft SQL Server へ移行する方法については、VMware のナレッジベースの記事http://kb.vmware.com/kb/1028601および Microsoft のドキュメントを参照してください。PostgreSQL データベースへ移行せずにアップグレードする方法については、VMware のナレッジベースのこちらの記事http://kb.vmware.com/kb/2109321を参照してください。

注:

外部の vCenter Single Sign-On を使用している場合は、これを Platform Services Controller 6.0 にアップグレードしてから vCenter Server 5.5 インスタンスを 6.0 にアップグレードする必要があります。Windows での vCenter Single Sign-On 5.5 のアップグレードを参照してください。

前提条件

  • 構成がこのアップグレード要件を満たしていることを確認します。vCenter Server for Windows の要件を参照してください。

  • アップグレード タスクの準備を完了します。vCenter Server をアップグレードする前にを参照してください。

  • vCenter Server 構成とデータベースのバックアップが作成済みであることを確認します。

  • VMware Directory Service が安定した状態にあり、停止できることを確認するには、このサービスを手動で再起動します。 vCenter Server アップグレード ソフトウェアは、アップグレード プロセスで vCenter Single Sign-On をアンインストールするため、VMware Directory Service を停止する必要があります。

  • vCenter Server のインストーラをダウンロードします。vCenter Server for Windows インストーラのダウンロードを参照してください。

手順

  1. vCenter Server for Windows の ISO ファイルをダウンロードします。ISO ファイルをローカルで抽出するか、または ISO ファイルをドライブとしてマウントします。
  2. ソフトウェア インストーラで、autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラを起動します。
  3. vCenter Server for Windows を選択し、インストール をクリックします。

    インストーラは、バックグラウンドで既存の vCenter Single Sign-On 設定を検索し、アップグレード プロセスに影響する問題があれば通知します。

    vCenter Server のインストーラが起動し、画面が開きます。

  4. インストール ウィザードの手順を完了し、使用許諾契約に同意します。
  5. 認証情報を入力します。
    • vCenter Server 管理者の認証情報を入力します。

    • vCenter Single Sign-On を使用している場合は、administrator@vsphere.local ユーザーと vCenter Single Sign-On の認証情報を入力します。

    • 次へをクリックします。

    インストーラは、バックグラウンドでチェックを行い、アップグレードの失敗の原因になる可能性がある問題を検出します。古い証明書が現在の VMware のセキュリティ基準を満たさない場合には、警告が表示されます。

  6. ポートを設定し、次へ をクリックします。

    vCenter Single Sign-On がポート 80 と 443 を使用できるようにするため、これらのポートが利用されておらず、占有できることを確認します。

    インストーラは、選択されたポートが使用できるか確認し、使用できない場合はエラー メッセージを表示します。

  7. インストール、データ、およびエクスポート データの各ディレクトリを構成し、次へ をクリックします。

    インストーラは、選択されたディレクトリのディスク容量と権限チェックを実行し、選択されたディレクトリが要件を満たさない場合にはエラー メッセージを表示します。

  8. [サマリ] ページを確認して、設定が正しいことを確認します。チェックボックスを選択して vCenter Server マシンと vCenter Server データベースのバックアップを作成したことを確認し、アップグレード をクリックします。

    インストーラによってアップグレード プロセスが開始され、進捗状況インジケータが表示されます。

  9. 終了 をクリックする前に、アップグレード後の手順を書き留めます。
  10. 終了 をクリックし、アップグレードを完了します。

タスクの結果

vCenter Server のアップグレードが完了します。アップグレード後のタスクの詳細については、vCenter Server のアップグレードまたは移行後を参照してください。