最初の vCenter Server 5.5. 構成により、アップグレードと構成のオプションが決まります。

vCenter Server 5.5 アップグレード パスの例では、vCenter Server アップグレード前の一般的な初期構成と、vCenter Server アップグレード後に予想される構成結果をいくつか示します。

vCenter Server 5.5 のすべてのコンポーネントが同じシステムに配置される単純なインストールの場合、vCenter Server 6.5 ソフトウェアは、Platform Services Controller インスタンスが組み込まれた vCenter Server にシステムをアップグレードします。このソフトウェアは、vCenter Server などの vCenter Single Single-On の共通サービスを Platform Services Controller インスタンスにアップグレードします。vSphere Web Client Inventory Service などの他の vCenter Server コンポーネントは、vCenter Server のサービス グループの一部として 6.5 にアップグレードされます。ソフトウェアは、vCenter Server とそのすべてのサービスを、正しい順序で同じバージョンにアップグレードします。

図 1. vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server 5.5 のアップグレード


アップグレード前後の vCenter Server 5.1 または 5.5 の組み込みデプロイの例。


vCenter Single Sign-On が外部にデプロイされているカスタムの vCenter Server 5.5 環境の場合、vCenter Server 6.5 ソフトウェアは、デプロイを外部 Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server にアップグレードします。

図 2. 外部の vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server 5.5 のアップグレード


アップグレード前後の vCenter Server 5.1 または 5.5 の外部デプロイの例。


使用中の構成に vSphere Auto Deploy サーバが含まれている場合、アップグレード プロセスは、関連付けられている vCenter Server インスタンスのアップグレード時に、Auto Deploy サーバをアップグレードします。以前のバージョンの製品に含まれている vSphere Auto Deploy サーバは、vCenter Server 6.5 と併用できません。リモート システムで動作している vSphere Auto Deploy サーバは、アップグレード プロセス時にアップグレードされ、vCenter Server と同じシステムに移行されます。

図 3. リモート vSphere Auto Deploy サーバがある vCenter Server 5.5 のアップグレード


アップグレード前後の、Auto Deploy サーバがリモートでデプロイされている vCenter Server 5.1 または 5.5 の例。


たとえば、使用中の vCenter Server が vCenter Server Appliance に所属しており、vSphere Auto Deploy サーバを Windows マシンにインストールした場合は、アップグレード プロセスにより、vSphere Auto Deploy サーバは vCenter Server Appliance と同じ場所に移行されます。すべての設定が新しい場所に移行されます。ただし、新しい vSphere Auto Deploy の場所を参照するように ESXi ホストを再構成する必要があります。

使用中の構成に、リモートにデプロイされている vSphere Web Client が含まれている場合は、vSphere Web Client は登録先の vCenter Server インスタンスとともにアップグレードされ、vCenter Server インスタンスと同じ場所に移行されます。

図 4. リモート vSphere Web Client とリモート vCenter Single Sign-On がある vCenter Server 5.5 のアップグレード


アップグレード前後の、リモート vSphere Web Client とリモート vCenter Single Sign-On がある vCenter Server 5.1 または 5.5 デプロイの例。


vCenter Server 6.5 へのアップグレード後は、vCenter Single Sign-On インスタンスのみが、引き続き Platform Services Controller インスタンスの一部としてリモートにデプロイされます。すべての vCenter Server コンポーネントがリモートにデプロイされている場合、アップグレード中に、vCenter Single Sign-On を除くすべてのコンポーネントが vCenter Server の場所に移行されます。Inventory Service データは vCenter Server の場所に移行されますが、レガシー バージョンは使用されなくなり、手動でアンインストールする必要があります。アップグレードまたは移行中の Windows 用分散 vCenter Server 5.5 サービスの再配置を参照してください。

図 5. すべてのリモート コンポーネントがある vCenter Server 5.5 のアップグレード




高可用性を実現するために複数のシステムを構成している場合、vCenter Server では、アップグレード プロセスの一環として、共通サービスを外部の Platform Services Controller 構成に組み込むことができます。

複製により複数サイトのセットアップを構成する場合、vCenter Server を使用して、アップグレード プロセスの一環として、共通サービスを外部 Platform Services Controller 構成に組み込むことができます。

バージョンが混在する移行環境の詳細については、複数 vCenter Server インスタンス環境のアップグレード順序と移行順序およびバージョン混在の移行動作を参照してください。