vSphere は高機能な製品で、複数のコンポーネントをアップグレードできます。アップグレードに必要な一連のタスクを理解することは、vSphere アップグレードの成功に不可欠です。

図 1. vSphere のアップグレード タスクの概要


vSphere のアップグレード タスクの概要


vSphere のアップグレードには次のタスクが含まれます。

  1. vSphere リリース ノートを参照します。

  2. 構成をバックアップしたことを確認します。

  3. vSphere システムに VMware のソリューションまたはプラグインが含まれる場合は、それらが vCenter Server または vCenter Server Appliance のアップグレード後のバージョンと互換性があることを確認します。http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.phpに掲載されている『VMware 製品の相互運用性マトリックス』を参照してください。

  4. vCenter Server をアップグレードします。vCenter Server のアップグレード プロセスの概要を参照してください。

  5. vSphere Update Manager を使用している場合は、これをアップグレードします。VMware vSphere Update Manager のドキュメントを参照してください。

  6. ESXi ホストをアップグレードします。ESXi ホスト アップグレード プロセスの概要を参照してください。

  7. ログ ファイル用に十分なディスク ストレージを確保するために、リモート ログ用に Syslog サーバを設定することを検討します。リモート ホスト上のログ作成を設定することは、ローカル ストレージが不十分なホストでは特に重要です。システム ログに必要な空き容量およびESXi ホストでの Syslog の構成を参照してください。

  8. 仮想マシンと仮想アプライアンスを、手動でアップグレードするか、または vSphere Update Manager を使用して組織的にアップグレードします。仮想マシンと VMware Tools のアップグレードを参照してください。

vSphere のアップグレード時に、発生する可能性があるデータの損失を回避し、ダウンタイムを最小限にするため、すべての手順を順番通りに実行する必要があります。各コンポーネントのアップグレード プロセスは、1 方向にしか実行できません。たとえば、vCenter Server 6.5 へのアップグレードが完了したら、vCenter Server バージョン 5.5 またはバージョン 6.0 に戻すことはできません。 バックアップおよび適切なプランを立てることで、元のソフトウェア レコードをリストアできます。