VMware には、ESXi バージョン 5.5.x とバージョン 6.0.x のホストを ESXi 6.5 にアップグレードする方法が複数用意されています。

ESXi 6.5 へのアップグレードの詳細とサポート レベルは、アップグレードするホストと使用するアップグレード方法によって異なります。ESXi の最新バージョンからアップグレード予定バージョンへのアップグレード パスのサポートを確認します。VMware 製品の相互運用性マトリックス(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php)を参照してください。

ESXi 5.5.x ホストまたは 6.0.x ホストのほか、別途リリースされたドライバまたはその他のサードパーティのカスタム機能のアップグレード、CD または DVD を使用した対話型アップグレード、スクリプトを使用したアップグレード、または vSphere Update Manager によるアップグレードが可能です。カスタム VIB を持つ ESXi 5.5.x ホストまたは 6.0.x ホストを、バージョン 6.5 にアップグレードすると、カスタム VIB が移行されます。 サードパーティ製のカスタム VIB があるホストのアップグレードを参照してください。

図 1. ESXi ホスト アップグレード プロセスの概要

ESXi のアップグレード手順の概要:

  1. システムがアップグレード要件を満たしていることを確認します。ESXi の要件を参照してください。

  2. アップグレードの前に環境を準備します。ESXi ホストをアップグレードする前にを参照してください。

  3. ESXi インストーラを配置および起動する場所を決定します。ESXi インストーラを起動するためのメディア オプションを参照してください。インストーラを PXE 起動する場合は、ネットワークの PXE インフラストラクチャが正しく設定されていることを確認します。ESXi インストーラの PXE ブートを参照してください。

  4. ESXi をアップグレードします。ESXi ホストのアップグレードを参照してください。

  5. ESXi ホストをアップグレードした後、このホストを vCenter Server に再接続し、ライセンスを適用し直す必要があります。ESXi ホストをアップグレードした後に行う作業を参照してください。

ESXi 6.5 への直接のアップグレードでサポートされる方法は、以下のとおりです。

  • CD、DVD、または USB ドライブから、インタラクティブなグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) インストーラを使用します。

  • スクリプトを使用したアップグレード。

  • esxcli コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用します。

  • vSphere Auto DeployESXi 5.5.x ホストが vSphere Auto Deploy を使用してデプロイされた場合は、vSphere Auto Deploy を使用して、6.5 イメージでホストを再プロビジョニングすることができます。

  • vSphere Update Manager

グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) インストーラ

CD/DVD または USB フラッシュ ドライブにある ESXi インストーラの ISO イメージを使用した、対話型アップグレード。ESXi 6.5 インストーラを CD/DVD または USB フラッシュ ドライブから実行して、アップグレードを対話的に行うことができます。ホストの数が少ない導入の場合はこの方法が適しています。インストーラはフレッシュ インストールと同じ動作をしますが、ESXi 5.0.x、ESXi 5.1.x、または ESXi 5.5.x のインストールにすでに含まれているターゲット ディスクを選択すると、ホストが 6.5 にアップグレードされます。また、既存のホスト設定および構成ファイルの一部を移行して、既存の VMFS データストアを保持することもできます。ホストの対話型アップグレード を参照してください。

スクリプトによるアップグレードの実行

ESXi 5.5.x、または ESXi 6.0.x から ESXi 6.5 にホストをアップグレードする場合、更新スクリプトを実行することで効率的な無人アップグレードを実行できます。スクリプトによるアップグレードは、複数のホストをデプロイするのに効率的な方法です。スクリプトを使用して、ESXi を CD、DVD、USB フラッシュ ドライブからアップグレードしたり、インストーラの PXE (Preboot Execution Environment) を指定してアップグレードできます。対話的なインストールからスクリプトを呼び出すこともできます。スクリプトを使用した、ホストのインストールまたはアップグレードを参照してください。

esxcli コマンド ライン インターフェイス

ESXiesxcli コマンドライン ユーティリティを使用して、ESXi 5.5.x ホストまたは ESXi 6.0.x ホストを ESXi 6.5 ホストにアップグレードできます。esxcli コマンドを使用した、ホストのアップグレードを参照してください。

vSphere Auto Deploy

ESXi 5.5.x または ESXi ホストが vSphere Auto Deploy を使用してデプロイされている場合は、vSphere Auto Deploy を使用して、ホストを再プロビジョニングし、新しいイメージ プロファイルで再起動します。このプロファイルには、ESXi アップグレードまたはパッチ、ホスト構成プロファイルが含まれ、さらに VMware のパートナーが提供するサードパーティ製ドライバまたは管理エージェントが任意で含まれます。vSphere ESXi Image Builder CLI を使用すると、カスタム イメージを作成できます。vSphere Auto Deploy を使用した、ホストの再プロビジョニングを参照してください。

vSphere Update Manager

vSphere Update Manager は、クラスタ化されたホスト、仮想マシン、およびゲスト OS にアップグレード、移行、更新、およびパッチ適用を実行するソフトウェアです。vSphere Update Manager は、ホストと仮想マシンのアップグレードを組織的に調整します。サイトで vCenter Server を使用している場合、VMware では vSphere Update Manager を使用することをお勧めします。仮想マシンの組織的なアップグレードの実行方法については、『VMware vSphere Update Manager のインストールと管理』ドキュメントを参照してください。

esxupdate ユーティリティおよび vihostupdate ユーティリティは、ESXi 6.5 へのアップグレードではサポートされません。