Windows での vCenter Server のアップグレード オプションは、既存のデプロイ タイプおよびバージョンによって異なります。

次のデプロイをアップグレードすることができます。

表 1. サポートされる vSphere アップグレード パス

アップグレード前

アップグレード後

Windows 上の vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server 5.5

Windows 上の Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server 6.5

Windows 上の Platform Services Controller インスタンスが組み込まれた vCenter Server 6.0

Windows 上の vCenter Single Sign-On 5.5

Windows 上の Platform Services Controller 6.5

Windows 上の Platform Services Controller 6.0

Windows 上の vCenter Server 5.5

Windows 上の vCenter Server 6.5

Windows 上の vCenter Server 6.0

vCenter Server 5.5 デプロイのアップグレード手順については、Windows での vCenter Server 5.5 のアップグレードを参照してください。vCenter Server 5.5 デプロイのアップグレード手順については、Windows での vCenter Server 6.0 のアップグレードを参照してください。

重要:

アップグレード中は、デプロイ タイプを変更することはできません。

アップグレード プロセスでは、個々のサービスをアンインストールまたは再インストールできません。たとえば、vSphere Auto Deploy は、vCenter Server 5.5 に含まれていたため、個別に展開することはできません。vCenter Server 6.5 用サービスの vCenter Server グループの一部です。ディストリビューション サービスによる 5.5 からのアップグレードの詳細については、アップグレードまたは移行中の Windows 用分散 vCenter Server 5.5 サービスの再配置を参照してください。

注:

vSphere 6.5 以降、vCenter Server サービスは、Windows SCM のスタンドアロン サービスではなく、VMware Service Lifecycle Manager サービスの子プロセスとして実行されます。