環境内の仮想マシンが、オペレーティング システムやハードウェア構成など特定の要件を満たさない場合は、個別に仮想マシンを作成できます。プロセッサ、ハード ディスク、メモリなどの仮想ハードウェアを構成して、テンプレートまたはクローンを使用せずに仮想マシンを作成できます。

このタスクについて

作成プロセスで、デフォルトのディスクが仮想マシン用に構成されます。ウィザードの [ハードウェアのカスタマイズ] ページで、このディスクを削除して、新しいハード ディスクの追加、既存のディスクの選択、または RDM ディスクの追加が可能になります。

前提条件

次の権限があることを確認します。

  • 作成先のフォルダまたはデータセンターの 仮想マシン > インベントリ > 新規作成

  • 仮想マシン > 設定 > 新規ディスクの追加 (新しいディスクを追加する場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。

  • 仮想マシン > 設定 > 既存ディスクの追加 (既存のディスクを追加する場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。

  • 仮想マシン > 設定 > Raw デバイス (RDM または SCSI パススルー デバイスを使用する場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。

  • 仮想マシン > 設定 > ホストの USB デバイス (ホスト USB デバイスでバッキングされた仮想 USB を接続している場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。

  • 仮想マシン > 設定 > 詳細 (仮想マシンの詳細設定の場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。

  • 仮想マシン > 設定 > スワップファイルの配置 (スワップ ファイルの配置を設定している場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。

  • 仮想マシン > 設定 > ディスク変更の追跡 (仮想マシンのディスクでトラッキング変更を有効にしている場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。

  • リソース > 仮想マシンのリソース プールへの割り当て (ターゲットのホスト、クラスタ、またはリソース プールが対象)。

  • データストア > 容量の割り当て (ターゲット データストアまたはデータストア フォルダが対象)。

  • ネットワーク > ネットワークの割り当て (仮想マシンを割り当てるネットワークが対象)。

ロールに割り当てられた権限を確認する方法については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントの「一般的なタスクに必要な権限」のトピックを参照してください。