VMware では、vSphere 仮想マシンをプロビジョニングするための方法がいくつかあります。使用している環境に最適な方法は、インフラストラクチャのサイズやタイプ、達成したい目標などの要因によって異なります。

使用環境内にオペレーティング システムやハードウェア構成などの必要な要件を満たしている仮想マシンがない場合は、仮想マシンを 1 台作成します。たとえば、テスト専用に構成されている仮想マシンが必要になることがあります。また、仮想マシンを 1 台作成し、そこにオペレーティング システムをインストールし、ほかの仮想マシンのクローンを作成するためのテンプレートとしてその仮想マシンを使用することもできます。テンプレートまたはクローンを使用しない仮想マシンの作成 を参照してください。

事前構成された仮想マシンを使用するには、OVF (Open Virtual Machine Format) で格納された仮想マシン、仮想アプライアンス、および vApp をデプロイおよびエクスポートします。仮想アプライアンスとは仮想マシンのことで、通常はオペレーティング システムとその他のソフトウェアがインストールされています。仮想マシンは、ローカル ディスク (C: ドライブなど)、リムーバブル メディア (CD または USB キーチェーン ドライブなど)、共有ネットワーク ドライブなどのローカル ファイル システムからデプロイできます。OVF および OVA テンプレートのデプロイ を参照してください。

テンプレートを作成して、テンプレートから複数の仮想マシンをデプロイします。テンプレートは、仮想マシンの作成とプロビジョニングに使用可能な、仮想マシンのマスター コピーです。テンプレートを使用すると、時間を節約できます。頻繁にクローンを作成する仮想マシンがある場合は、その仮想マシンをテンプレートとしてください。テンプレートからの仮想マシンのデプロイ を参照してください。

仮想マシンのクローンを作成すると、類似の数多くの仮想マシンをデプロイするときの時間を節約できます。1 台の仮想マシン上で、ソフトウェアの作成、構成およびインストールを行うことができます。毎回個別の仮想マシンを作成し構成するのではなく、何度でもクローンを作成することができます。仮想マシンのクローン作成 を参照してください。

仮想マシンのクローンを作成してテンプレートとすると、仮想マシンのマスター コピーが保持されるため、追加のテンプレートを作成することができます。たとえば、1 つのテンプレートを作成したり、ゲスト OS への追加ソフトウェアのインストールを行うことにより元の仮想マシンを修正したり、別のテンプレートを作成したりできます。vSphere Web Client での、テンプレートへの仮想マシンのクローン作成 を参照してください。