vSphere 7.0 以降、vSphere Distributed Switch では NSX の機能がサポートされています。NSX が有効なクラスタでは、ESXi イメージと NSX VIB を含む vSphere Lifecycle Manager ベースライン グループを基準にしてクラスタをアップグレードする際、ホスト上の NSX で管理される分散仮想スイッチを vSphere Distributed Switch に移行できます。

ホスト スイッチを vSphere Distributed Switch 7.0 以降に移行すると、物理 NIC が最適な方法で使用され、NSX ホストのネットワークを vCenter Server から管理できるようになります。

アップグレードの修正中、vSphere Lifecycle Manager は、NSX 分散仮想スイッチがクラスタ内の各ホスト上にあり、移行の準備ができているかどうかを確認します。クラスタをアップグレードする前に NSX 分散仮想スイッチの移行の準備を整えるには、Upgrade Readiness Tool を実行する必要があります。クラスタ内のいずれかのホスト上で NSX 分散スイッチを vSphere Distributed Switch に移行する準備ができていない場合は、修正プロセスを続行できません。その場合は、NSX Manager に移動して、Upgrade Readiness Tool を実行する必要があります。

要件

  • ESXi 7.0 Update 2
  • vCenter Server 7.0 Update 2
  • NSX 3.1.1

vSphere Distributed Switch 7.0 以降に移行する影響を評価するために、VMware サポートに連絡することをお勧めします。

ワークフロー

  1. NSX Manager で Upgrade Readiness Tool を使用して、移行準備の事前チェックを実行します。構成の問題があれば解決し、推奨されるトポロジを確認して、新しいトポロジを適用します。

    NSX Manager で実行する必要がある手順の詳細については、『NSX Center 管理』ドキュメントの「ホスト スイッチの vSphere Distributed Switch への移行」を参照してください。

  2. vCenter Server をバージョン 7.0 Update 2 にアップグレードします。

    vCenter Server のアップグレードの詳細については、『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

  3. ESXi バージョン 7.0 Update 2 のイメージと ESXi 7.0 の NSX カーネル モジュールを含むベースライン グループを作成します。
    1. ESXi 7.0 Update 2 ISO イメージを vSphere Lifecycle Manager デポにインポートします。

      詳細については、『vSphere Lifecycle Manager デポへの ISO イメージのインポート』を参照してください。

    2. インポートされた ISO イメージを含むアップグレード ベースラインを作成します。

      詳細については、『ホスト アップグレード ベースラインの作成』を参照してください。

    3. customerconnect.vmware.com で、ESXi 7.0 の NSX カーネル モジュールをダウンロードします。
    4. ダウンロードした NSX バンドルを vSphere Lifecycle Manager デポにインポートします。

      詳細については、『vSphere Lifecycle Manager デポへのアップデートのインポート』を参照してください。

    5. インポートされたカーネル モジュールを含む拡張機能ベースラインを作成します。

      詳細については、ホスト拡張機能ベースラインの作成

    6. ESXi アップグレード ベースラインと NSX VIB を含む拡張機能ベースラインからなるベースライン グループを作成します。

      詳細については、『ホスト ベースライン グループの作成』を参照してください。

  4. ベースライン グループをクラスタに添付します。

    詳細については、『オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付』を参照してください。

  5. 添付されたベースライン グループを基準にしてクラスタを修正します。

    修正時、vSphere Lifecycle Manager は最初に ESXi のバージョンをアップグレードしてから、移行が必要であればホスト スイッチを移行します。

    詳細については、『単一または複数のベースラインを基準にした ESXi ホストの修正』を参照してください。

  6. ホスト プロファイルを使用して環境内のホストを構成する場合は、クラスタ内の参照ホストから新しいホスト プロファイルを再抽出します。

    アップグレード後は、ホスト スイッチが移行されているため、既存のホスト プロファイルは無効になり、適用できなくなります。

    詳細については、『vSphere のホスト プロファイル』を参照してください。