クラスタとは、ホストのグループです。クラスタにホストが追加されると、そのホストのリソースはクラスタのリソースの一部になります。クラスタは、そのクラスタに含まれるすべてのホストのリソースを管理します。vSphere Client でクラスタを作成し、クイックスタート ワークフローを使用して、または手動で構成できます。

クラスタを作成する場合は、vSphere High Availability (HA)、vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS)、および VMware vSAN 機能を有効にできます。

vSphere 7.0 以降では、単一イメージで管理するクラスタを作成できます。vSphere Lifecycle Manager イメージを使用することで、クラスタ内のホスト上のソフトウェアとファームウェアを簡単に更新およびアップグレードできます。vSphere 7.0 Update 2 以降では、クラスタの作成時にリファレンス ホストを選択し、そのホストのイメージを、新規作成するクラスタのイメージとして使用できます。イメージを使用して ESXi クラスタとホストを管理する方法の詳細については、『ホストとクラスタのライフサイクルの管理』ドキュメントを参照してください。

vSphere 7.0 Update 1 以降では、vSphere クラスタ サービス (vCLS) はデフォルトで有効になってして、すべての vSphere クラスタで実行されます。vCLS は、vCenter Server が利用できなくなった場合に、クラスタ内で実行されるワークロードのリソースと健全性を維持するために、クラスタ サービスを引き続き使用できるようにします。vCLS の詳細については、vSphere クラスタ サービスを参照してください。

クイックスタートを使用したクラスタの拡張と構成

vSphere Client でシンプルなクイックスタート ワークフローを実行して、クラスタを拡張および構成できます。クイックスタートは、一般的なタスクをグループ化し、クラスタの構成と拡張のプロセスをガイドする構成ウィザードを提供します。各ウィザードに必要な情報を入力すると、入力された情報に基づいてクラスタが構成されます。クイックスタート ワークフローを使用してホストを追加すると、クラスタ構成と一致するようにホストが自動的に構成されます。

クラスタの作成操作が完了すると、[クラスタのクイックスタート] ページにリダイレクトされます。このページは、[構成] > [構成] の順に選択すると表示されます。クイックスタート ワークフローは、クラスタを迅速に拡張および構成するための 3 つのカードで構成されています。

表 1. クラスタを拡張および構成するためのクイックスタート ワークフロー カード

クラスタのクイックスタート ワークフロー カード

説明

クラスタの基本

クラスタ名を編集し、クラスタ サービスを有効または無効にできます。有効にしたサービスがカードに一覧表示されます。

ホストの追加

新しい ESXi ホストを追加できます。ホストを追加すると、クラスタ内のホストの総数およびこれらのホストの健全性チェック検証がカードに表示されます。

クラスタの構成

vMotion および vSAN トラフィック用のネットワーク設定を構成し、クラスタ サービスを確認およびカスタマイズして、vSAN データストアを設定します。クラスタの構成後、カードに一致しない設定の詳細が示され、vSAN 健全性サービスを通してクラスタの健全性の結果がレポートされます。

クイックスタート ワークフローを使用して構成されたクラスタの特性

クイックスタート ワークフローを使用して構成された vSphere クラスタには、次の特性があります。

  • ホストのバージョンは ESXi 6.7 Update 2 以降です。

  • ホストは、ネットワーク設定を含め、類似した構成になります。

  • クラスタ構成は、ネットワークとさまざまなサービスで推奨されるデフォルトの設定に基づいています。

  • クイックスタート ワークフローを使用してライセンスを割り当てることはできません。必要なライセンスは手動で割り当てる必要があります。ライセンスおよびサブスクリプションの管理を参照してください。

クイックスタートのスキップ

[クイックスタートをスキップ] ボタンをクリックすると、クラスタおよびそのホストを手動で構成するように求められます。シンプルな構成ワークフローを終了するには、[続行] をクリックします。[クラスタのクイックスタート] ワークフローを閉じた後に、構成中のクラスタのワークフローをリストアすることはできません。

vSphere Client を使用した vSphere クラスタの作成

vSphere Client を使用して、新しい vSphere クラスタ オブジェクトを作成します。

vSphere 7.0 以降では、作成したクラスタでは、 vSphere Lifecycle Manager イメージを使用してホストの更新とアップグレードを行うことができます。

vSphere Lifecycle Manager イメージは、基盤となるホスト ハードウェアに関して、vSphere ソフトウェア、ドライバ ソフトウェア、および必要なファームウェアを組み合わせたものです。クラスタで使用されるイメージは、クラスタ内のすべての ESXi ホストで実行する完全なソフトウェア セットを定義します。このようなソフトウェアには、ESXi バージョンや追加の VMware 提供ソフトウェアのほか、ファームウェアやドライバなどのベンダー ソフトウェアがあります。

クラスタの作成時に定義したイメージがすぐにホストに適用されるわけではありません。クラスタのイメージを設定しない場合、クラスタはベースラインおよびベースライン グループを使用します。vSphere 7.0 Update 2 以降では、クラスタの作成時にリファレンス ホストを選択し、そのホストのイメージを、新規作成するクラスタのイメージとして使用できます。イメージとベースラインを使用してクラスタ内のホストを管理する方法の詳細については、ホストとクラスタのライフサイクルの管理ドキュメントを参照してください。

前提条件

  • データセンターまたはデータセンター内のフォルダがインベントリ内に存在することを確認します。
  • ホストのバージョンおよびパッチ レベルが ESXi と同じであることを確認します。
  • ホストの root ユーザー アカウントのユーザー名およびパスワードを取得します。
  • 最初に構成されたネットワークを使用してクラスタを拡張する場合は、ホストに手動の vSAN 構成または手動のネットワーク構成が含まれていないことを確認します。
  • 単一イメージで管理するクラスタを作成するには、ホストとクラスタのライフサイクルの管理ドキュメントで要件と制限についての情報を確認します。

必要な権限:

  • ホスト.インベントリ.クラスタの作成

手順

  1. vSphere Client のホーム画面で、[ホーム] > [ホストおよびクラスタ] に移動します。
  2. データセンターの選択。
  3. データセンターを右クリックし、[新規クラスタ] を選択します。
  4. クラスタの名前を入力します。
  5. DRS、vSphere HA、または vSAN クラスタの機能を選択します。
    オプション 説明
    クラスタで DRS を使用するには、次の手順を実行します。
    1. スイッチを右にスライドして、DRS サービスを有効にします。
    2. (オプション) 左側にある情報アイコンをクリックして、DRS サービスの [デフォルト設定] を表示します。デフォルト値は、次のとおりです。
      • 自動化レベル:移行の完全自動化
      • しきい値:3
    このクラスタで vSphere HA を使用するには、次の手順を実行します。
    1. スイッチを右にスライドして、vSphere HA サービスを有効にします。
    2. (オプション) 左側にある情報アイコンをクリックして、vSphere HA サービスの [デフォルト設定] を表示します。次のデフォルト値が表示されます。
      ホストの監視: 有効化
      アドミッション コントロール: 有効化
      仮想マシンの監視: 無効
    クラスタで vSAN を使用するには、次の手順を実行します。
    • スイッチを右にスライドして、vSAN サービスを有効にします。

    vSAN の詳細については、『vSAN のプランニングとデプロイ』ドキュメントのvSAN クラスタの作成を参照してください。

    後でワークフローのデフォルト値をオーバーライドできます。
  6. (オプション) 単一イメージで管理するクラスタを作成するには、[単一のイメージを使用してクラスタ内のすべてのホストを管理します] チェック ボックスを選択します。
    単一のイメージを使用して管理するクラスタの作成の詳細については、 ホストとクラスタのライフサイクルの管理ドキュメントを参照してください。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. クラスタの詳細を確認し、[終了] をクリックします。
    vCenter Server インベントリにクラスタが表示されます。 [構成] > [構成] の下に、 [クイックスタート] ワークフローが表示されます。

結果

vCenter Server インベントリ内に空のクラスタが作成されました。

次のタスク

クイックスタート ワークフローを使用すると、クラスタを簡単に構成および展開することができます。クイックスタート ワークフローをスキップし、引き続きクラスタとそのホストを手動で構成することもできます。

クイックスタートを使用した vSphere クラスタへの ESXi ホストの追加

vCenter Server インベントリのクラスタに、新規および既存の ESXi ホストを追加できます。

DRS クラスタにホストを追加することもできます。詳細については、『vSphere のリソース管理』のドキュメントを参照してください。

最初の 3 台のホストをクラスタに追加すると、デフォルトでは vSphere クラスタ サービス (vCLS) エージェント仮想マシンがクラスタに追加されます。クラスタ内で、1 台のホストにつき 1 台のエージェント仮想マシンを実行するには、最大で 3 台の vCLS エージェント仮想マシンのクォーラムが必要になります。vCLS の詳細については、vSphere クラスタ サービスを参照してください。

前提条件

  • ホストのバージョンおよびパッチ レベルが ESXi と同じであることを確認します。
  • ホストの root ユーザー アカウントのユーザー名およびパスワードを取得します。
  • 最初に構成されたネットワークを使用してクラスタを拡張する場合は、ホストに手動の vSAN 構成または手動のネットワーク構成が含まれていないことを確認します。
  • 適切な権限があることを確認します。1 つのクラスタに複数のホストを追加した場合と、1 つのクラスタまたは 1 つのデータセンターに 1 台のホストを追加した場合では、異なる権限セットが適用されます。詳細については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントの一般的なタスクに必要な権限を参照してください。

  • 単一のイメージを使用して管理するクラスタにホストを追加するには、ホストとクラスタのライフサイクルの管理のドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、データセンター内のクラスタに移動します。
  2. [設定] タブで、[設定] > [クイックスタート] を選択します。
  3. [ホストの追加] セクションで [追加] をクリックします。
  4. [ホストの追加] ウィザードで、新規または既存のホストをクラスタに追加します。
    • vCenter Server インベントリの一部ではないホストを追加します。

      1. [新規ホスト] タブをクリックします。

      2. それらのホストの IP アドレスと認証情報のテキスト ボックスに入力します。

      3. (オプション)

        新しいホストを追加するには、[ホストの追加] ボタンをクリックします。

      4. (オプション)

        追加されたすべてのホストの認証情報を再利用するには、[すべてのホストに同じ認証情報を使用] チェック ボックスをオンにします。

    • vCenter Server インスタンスによって管理され、クラスタと同じデータセンターにあるホストを追加します。ホストは、vCenter Server インスタンス上の別のクラスタに含めることはできません。

      1. [既存のホスト] タブをクリックします。

      2. リストから、クラスタに追加するホストを選択します。

  5. [次へ] をクリックします。

    [ホスト サマリ] ページに、クラスタに追加されるすべてのホスト、および関連する警告が表示されます。

    注:

    システムがホストを自動的に検証できない場合は、証明書を手動で検証してサムプリントを受け入れるように求めるプロンプトが、[セキュリティ アラート] ポップアップに表示されます。

  6. [ホスト サマリ] 画面で追加ホストの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  7. (オプション) [イメージのインポート] 画面で、クラスタのイメージとして使用するイメージを持つホストを選択します。

    [イメージのインポート] 画面は、単一のイメージで管理されているクラスタにホストを追加すると表示されます。単一のイメージを使用して管理するクラスタにホストを追加する方法の詳細については、ホストとクラスタのライフサイクルの管理のドキュメントを参照してください。

  8. [設定の確認] 画面で、追加ホストの IP アドレスまたは FQDN を確認し、[完了]をクリックします。

    追加したホストの数や、vSAN 健全性サービスで実行された健全性チェックの検証を、[ホストの追加] カードで確認します。

  9. (オプション) [再検証] をクリックして、ホストの検証を起動します。
    注:

    エラーが発生した場合、エラーは [最近のタスク] ペインにのみ表示されます。

結果

すべてのホストはメンテナンス モードになり、クラスタに追加されます。メンテナンス モードは手動で終了できます。

次のタスク

クイックスタート ワークフローを使用して、クラスタのデフォルト設定を構成します。

クイックスタートを使用した vSphere クラスタの構成

クイックスタート ワークフローを使用すると、vSphere クラスタの設定を迅速に構成できます。

ホストでホスト ネットワークを設定し、クラスタ設定をカスタマイズするには、クラスタのクイックスタート ワークフローの一部である [クラスタの設定] ウィザードを起動します。クイックスタートを使用して vSAN クラスタを構成する方法については、『vSAN のプランニングとデプロイ』ドキュメントにある、クイックスタートを使用した vSAN クラスタの構成に関する説明を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、クラスタに移動します。
  2. [設定] タブで、[設定] > [クイックスタート] を選択します。

    [クラスタのクイックスタート] 画面が表示されます。

    注:

    vSphere ソフトウェアのさまざまなコンポーネントを参照し、クラスタのホスト ネットワークおよびサービスを手動で設定するには、[クイックスタートをスキップ] ボタンをクリックします。[クラスタのクイックスタート] ワークフローを閉じると、このワークフローは復旧できなくなります。以降、このクラスタに追加するホストは、手動で設定する必要があります。

  3. [クラスタの設定] カードで [設定] を選択します。
    [クラスタの構成] ウィザードが表示されます。
  4. [Distributed Switch] 画面でクラスタのネットワークを設定します。

    または、Configure networking settings later チェック ボックスを選択して、クラスタ ネットワークに関連するすべてのオプションを非表示にし、推奨されるホスト ネットワークを後から手動で変更することもできます。

    注意:

    Configure networking settings later チェック ボックスを選択して [クラスタの設定] ワークフローを完了すると、これ以降、[クラスタの設定] ウィザードを使用してクラスタ ネットワーク設定を実行できなくなります。

    1. [Distributed Switch] セクションのドロップダウン メニューで、作成する Distributed Switch の数を指定します。
      注: 最大 3 つの Distributed Switch を選択できます。

      選択した Distributed Switch はこのワークフローの一部として設定され、クラスタ内のすべてのホストがこれらの Distributed Switch に接続されます。

    2. 作成しようとしている各 Distributed Switch の一意の名前を入力します。
    3. (オプション) [既存を使用] をクリックして、互換性のある既存の Distributed Switch および互換性のある既存の分散ポート グループを選択します。
    4. [ポート グループ] セクションで vMotion ネットワークを設定するには、ドロップダウン メニューで Distributed Switch を選択し、これに新しいデフォルトのポート グループを割り当てます。
    5. [物理アダプタ] セクションで、物理ネットワーク アダプタ (NIC) ごとにドロップダウン メニューから Distributed Switch の名前を選択します。
      新しい Distributed Switch は、1 つ以上の物理アダプタに割り当てる必要があります。
      注: 既存の Distributed Switch を使用する場合は、物理アダプタの選択内容が Distributed Switch の現在のマッピングと一致している必要があります。一致していない場合は、エラーになります。
      物理 NIC と Distributed Switch のこのマッピングは、このクラスタ内のすべてのホストに適用されます。
    6. [次へ] をクリックします。
  5. クラスタで vSphere DRS 機能が有効になっている場合は、[vMotion トラフィック] ページでネットワーク オプションを設定します。
    1. (オプション) [VLAN を使用] チェック ボックスを選択し、vMotion 分散ポート グループの ID を入力します。
    2. (オプション) ドロップダウン メニューからプロトコル タイプを選択します。
    3. ドロップダウン メニューから IP アドレス構成のタイプを選択します。
    4. (オプション) ネットワークを設定する必要がある IP アドレスのタイプに応じて、クラスタ内の各ホストのテキスト ボックスに入力します。
      IP アドレス タイプが DHCP に設定されている場合は、DHCP を使用して vMotion トラフィックの IP アドレス設定を取得します。
    5. [次へ] をクリックします。

      [詳細オプション] ページが表示されます。

  6. [詳細オプション] ページで、有効にしたサービスに応じてクラスタ設定をカスタマイズします。
    1. クラスタの作成中に vSphere HA 機能を有効にした場合は、[vSphere HA] セクションのオプションを使用して、ホスト障害の監視、仮想マシンの監視、およびアドミッション コントロールを有効または無効にします。

      アドミッション コントロールを有効にする場合は、フェイルオーバー キャパシティをホスト数で指定できます。

    2. クラスタの作成中に、vSphere DRS 機能を有効にした場合、[Distributed Resource Scheduler] セクションが表示されます。
      1. [自動化レベル] を Fully AutomatedPartially Automated、または Manual に設定します。

      2. [移行のしきい値] ドロップダウン メニューで、5 つの移行設定の中から 1 つを選択します。


      1. ドロップダウン メニューからロックダウン モードを選択します。

      2. (オプション)

        NTP サーバ アドレスまたは FQDN を入力します。

        複数の NTP サーバ アドレスを入力する場合は、カンマを使用して区切ります。

      3. (オプション)

        ドロップダウン メニューからホストの更新オプションを選択します。

      この設定は、このクラスタ内のすべてのホストに適用されます。

    3. [Enhanced vMotion Compatibility] セクションで EVC (Enhanced vMotion™ Compatibility) を有効にし、[EVC モード] ドロップダウン メニューで CPU モデルを選択します。
    4. [次へ] をクリックします。

      [レビュー] ページが表示されます。

  7. 設定を確認して、[完了] を選択します。
    カードが閉じ、 [最近のタスク] ペインに処理の進行状況が表示されます。

結果

vCenter Server インベントリ内に完全に構成されたクラスタが作成されます。

次のタスク

クラスタを手動で展開するか、クイックスタート ワークフローと [ホストの追加] カードを使用して展開します。

クラスタの手動での拡張と構成

クラスタにホストを手動で追加して、クラスタを拡張することができます。ホスト ネットワークを設定しないでクラスタを構成した場合は、クラスタ内の既存ホストの構成が新しく追加されたホストに適用されます。

前提条件

  • 既存のクラスタがあり、そこにホストが追加されていることを確認します。
  • ホストのバージョンおよびパッチ レベルが ESXi と同じであることを確認します。
  • ホストの root ユーザー アカウントのユーザー名およびパスワードを取得します。
  • 最初に構成されたネットワークを使用してクラスタを拡張する場合は、ホストに手動の vSAN 構成または手動のネットワーク構成が含まれていないことを確認します。
  • 最初にネットワークを構成せずにクラスタを拡張する場合は、クイックスタート ワークフローから Configure networking settings later チェック ボックスを選択します。詳細については、クイックスタートを使用した vSphere クラスタの構成を参照してください。

  • 単一のイメージを使用して管理するクラスタにホストを追加するには、『ホストとクラスタのライフサイクルの管理』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Client のホーム ページで、[ホーム] > [ホストおよびクラスタ] の順に移動し、構成されたクラスタを選択します。
  2. クラスタを右クリックし、[ホストの追加] を選択します。
    [ホストの追加] ウィザードが表示されます。
  3. [ホストの追加] 画面で、新規または既存のホストをクラスタに追加します。
    • vCenter Server インベントリの一部ではないホストを追加します。

      1. [新規ホスト] タブをクリックします。

      2. それらのホストの IP アドレスと認証情報のテキスト ボックスに入力します。

      3. (オプション)

        新しいホストを追加するには、[ホストの追加] ボタンをクリックします。

      4. (オプション)

        追加されたすべてのホストの認証情報を再利用するには、[すべてのホストに同じ認証情報を使用] チェック ボックスをオンにします。

    • vCenter Server インスタンスによって管理され、クラスタと同じデータセンターにあるホストを追加します。ホストは、vCenter Server インスタンス上の別のクラスタに含めることはできません。

      1. [既存のホスト] タブをクリックします。
      2. リストから、クラスタに追加するホストを選択します。
  4. [次へ] をクリックします。

    [ホスト サマリ] ページに、クラスタに追加されるすべてのホスト、および関連する警告が表示されます。

    注:

    システムがホストを自動的に検証できない場合は、証明書を手動で検証してサムプリントを受け入れるように求めるプロンプトが、[セキュリティ アラート] ポップアップに表示されます。

  5. [ホスト サマリ] 画面で追加ホストの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  6. (オプション) [イメージのインポート] ページで、イメージをクラスタにインポートする必要があるホストを選択します。

    [イメージのインポート] 画面は、単一のイメージで管理されているクラスタにホストを追加すると表示されます。単一のイメージで管理するクラスタにホストを追加するには、『ホストとクラスタのライフサイクルの管理』ドキュメントを参照してください。

  7. [確認] 画面で [終了] をクリックします。
    [クラスタのクイックスタート] 画面が表示されます。
  8. [クイックスタートをスキップ] をクリックして、クラスタの手動構成を続行します。
    注意: 一度閉じたクイックスタート ワークフローは、クラスタで再度有効にすることはできません。
    注: クイックスタート ワークフローを閉じた後は、クラスタに追加されたすべてのホストを手動で構成する必要があります。

次のタスク

すべてのクラスタ設定を手動で構成し、クラスタにホストを追加します。