vRealize Operations Manager のドキュメント ページへようこそ。左側のナビゲーションを使用して、ご使用のリリースの vRealize Operations Manager 用のドキュメントを参照します。すべての vRealize Operations Manager ドキュメントは PDF 形式にもなっており、ページの閲覧中または検索結果の表示中に PDF アイコンを選択することでアクセスできます。

vRealize Operations Manager とは

vRealize Operations Manager 物理/仮想/クラウド インフラストラクチャを問わずアプリケーションからストレージに至るまでを可視化し、インテリジェントな運用管理を実現します。ポリシーベースで自動化できるため、運用チームは主要なプロセスを自動化して IT の効率性を高めることができます。

vRealize Operations Manager は、システム リソース(オブジェクト)から収集したデータを使用して、多くの場合、顧客が問題に気付く前に、監視対象のシステム コンポーネントの問題を特定します。vRealize Operations Managerでは、すぐに問題を解決するために実施できる是正処置も頻繁に提案します。vRealize Operations Manager では、より困難な問題に対応できるように、豊富な分析ツールを用意しています。これらのツールでは、オブジェクト データを確認および操作して隠れた問題を解明したり、複雑な技術的問題を調査して、傾向を特定できます。また、ドリルダウンして単一オブジェクトの健全性を測定することもできます。

vRealize Operations Manager は、VMware vRealize Operations ダウンロード ページからダウンロードできます。

vRealize Operations Manager の Management Pack および End Point Operations プラグインは、VMware Solution Exchange からダウンロードできます。

vRealize Operations Manager の概要を実践的な形で確認するには、ハンズオン ラボ (HOL) のいずれかを試してください。

単一のダッシュボードでポート情報を確認するには、Ports and Protocols ツールにアクセスしてください。

vRealize Operations Manager に関する詳細を確認する場合