vMotion での移行は、ホット マイグレーションまたはライブ マイグレーションとも呼ばれ、パワーオン状態の仮想マシンを、あるホストまたはデータストアから別のホストまたはデータストアに移動します。vMotion での移行は、少数の仮想マシンをダウンタイムなしで移行する場合に最適な選択肢です。

vMotion での移行を実装するには、ハイブリッド リンク モードを構成し、vSphere Client を使用します。コマンドライン (PowerShell) または API 自動化を使用することもできます。

サポートされる構成の概要

オンプレミスの vSphere インストール環境で次のいずれかを実行している。
  • vSphere 6.7U2 以降。
  • vSphere 6.5P03 以降。
詳細については、VMware のナレッジベースの記事 56991 を参照してください。

vMotion で移行した仮想マシンの制限事項

vMotion でオンプレミスのデータセンターから移行した仮想マシンには、次の制限事項があります。

  • ネットワーク用に標準仮想スイッチを使用している仮想マシンの場合は、クラウド SDDC への移行後に、オンプレミス データセンターに戻すことはできません。
  • クラウド SDDC で再起動された仮想マシンは、Broadwell チップセットまたは EVC モードを使用しているオンプレミスのホストまたはクラスタにしか戻すことができません。
  • 投機的実行により、オンプレミスのホストへのパッチが未適用で、サイド チャネル解析に対する脆弱性(「Spectre Variant 2」脆弱性とも呼ばれる)に対処していない場合、Spectre パッチによる vMotion の互換性への影響に示すように、vMotion の互換性に影響が及ぶことがあります。オンプレミスのホストに使用できる正しいパッチを確認するには、https://kb.vmware.com/s/article/52245を参照してください。VMware Cloud on AWS SDDC のすべてのホストにパッチが適用されています。
表 1. Spectre パッチによる vMotion の互換性への影響
オンプレミスのホストのプロセッサ ファミリおよびパッチ ステータス 仮想マシンのハードウェア バージョン VMware Cloud on AWS SDDC で仮想マシンを再起動した オンプレミスから VMware Cloud on AWS への vMotion での移行 VMware Cloud on AWS からオンプレミスへの vMotion での移行
Broadwell(Spectre パッチを適用済み) < 9 いいえ サポート サポート
はい サポート サポート
9-13 いいえ サポート サポート
はい サポート サポート
Broadwell(Spectre パッチを未適用) < 9 いいえ サポートあり サポートなし
はい サポートあり サポートなし
9-13 いいえ サポート サポート
はい サポートあり サポートなし
Broadwell 以外 < 9 いいえ サポート対象外 サポート
はい サポート対象外 サポート対象外
9-13 いいえ サポート サポート
はい サポートあり サポートなし
注: 仮想マシンのハードウェア バージョンは、仮想マシンの [サマリ] タブで確認できます。ホストのプロセッサ タイプは、ホストの [サマリ] タブで確認できます。Broadwell プロセッサ ファミリに含まれるプロセッサ タイプのリストについては、 https://ark.intel.com/products/codename/38530/Broadwellを参照してください。

以上の制限事項はコールド移行には適用されません。