この記事では、ポッドのイメージ、ファーム、および VDI デスクトップにインストールされているエージェントとポッドのマニフェスト バージョンとの互換性を維持することの重要性と、エージェントに関連する互換性の問題を回避するために実行する必要がある修正方法について説明します。ポッドの更新を開始する前に、コンソールのすべての青いドット インジケータが消えるまでエージェントを更新する必要があります。ポッドの更新後、コンソールで青いドット インジケータが表示された場合は、それらのエージェントを再度更新する必要があります。

Horizon Service Description PDF』で説明されているように、イメージと割り当て仮想マシンの管理およびパッチ適用を継続的に最新のアップデートで行う必要があります。ポッドのイメージ、ファーム、およびデスクトップ割り当て内のエージェントをポッドのバージョンと互換性のある最新のエージェントのバージョンに確実に更新しない場合、ポッドはサポートされていない構成になります。

そのため、ポッドの更新を開始する前に、エージェントを最新バージョンのエージェントに更新する必要があります。また、ポッドの更新が完了した後、コンソールに青いドット インジケータが戻っていないことを確認する必要があります。コンソールのディスプレイに青いドット インジケータが返された場合は、表示された項目のエージェントを再度更新する必要があります。

ヒント: この場合は、ポッドの更新前とポッドの更新後に、コンソールに表示される青いドット インジケータをすべて取り除くことが目的となります。

ポッドの更新のスケジューリングされたメンテナンスの実施前と完了後にすべての青いドットをクリアする

コンソールで、イメージ仮想マシン、ファーム、および VDI デスクトップ割り当てのセットを調べます。青いドットのインジケータが表示されていますか。コンソールには、エージェントが最新ではないイメージおよび専用 VDI デスクトップ割り当ての横に青いドット インジケータが表示されます。この場合は、ポッドが新しいマニフェスト バージョンに更新される前に、すべての青いドットインジケータをクリアすることが目的となります。

次のスクリーンショットは、対象となる青いドットのタイプを示しています。


エージェントの更新ワークフローが必要なイメージの横に表示される青いドットのインジケータを示すスクリーンショット。
ポッドの更新が始まる前に、エージェントの更新手順を実行してすべての青いドットをクリアする
青いドットがゼロになるまでエージェントの更新ワークフローを実行します。コンソールでは、ファームの詳細ページと VDI デスクトップ割り当ての詳細ページにある仮想マシンのすべてのリストを調べて、最高の互換エージェント バージョンを使用していることを確認できます。次の各トピックに記載されているすべての手順に従います。

これらの手順を完了した後、ファーム仮想マシン、フローティング VDI デスクトップ割り当てのデスクトップ仮想マシン、および専用 VDI デスクトップ割り当ての割り当てられていないデスクトップ仮想マシンはすべて更新され、互換性のある最も新しいエージェント バージョンを実行しているはずです。コンソールでは、ファームの詳細ページと VDI デスクトップ割り当ての詳細ページにある仮想マシンのすべてのリストを調べて確認できます。

ポッドの更新が完了したら、青いドットがあるか確認します。次に、エージェントの更新手順を実行してすべての青いドットをクリアします
ポッドの更新前に青いドット インジケータをクリアしたのに、ポッドの更新後に青いドット インジケータがコンソールに戻るのはなぜですか? 新しいポッド マニフェストの登場時に、新しいエージェント バージョンも登場するためです。ポッド マニフェストとエージェント バージョンのこの組み合わせは、サポートされているポッド エージェント構成に使用されます。

ただし、既存のポッドをその新しいポッド マニフェスト レベルに引き上げるポッド更新プロセスは、そのポッドの既存のイメージ仮想マシン、ファーム仮想マシン、および VDI デスクトップ仮想マシンにすでにインストールされているエージェントには影響しません。これらのエージェントは、以前にインストールされたバージョンに引き続き存在しますが、そのバージョンは、そのポッド マニフェストと互換性がない場合があります。ファーム仮想マシンとデスクトップ仮想マシンが過去に作成されたバージョンに戻り、ポッドを更新するとポッドがポッドエージェント バージョンの互換性マトリックスを超えるバージョンに移動する場合、ポッドはサポートされていない構成になります。

以下に一例を示します。次のスクリーンショットは、サービスの 2.2 バージョン中にデプロイされたポッドがサービスの 2101 バージョンに更新された場合の例を示しています。そのポッドのデフォルトの最新バージョンであるエージェント バージョン 19.4 は、そのポッドがサービスの 2101 バージョンに更新される際に互換性のない状態(灰色のボックス)になります。


Horizon Cloud on Microsoft Azure バージョン 2.2 と HAI の互換性マトリックスを示すスクリーンショット

特定のポッド マニフェストで利用可能な最新のエージェント バージョンを特定する方法

ポッド マネージャは、ポッドごとに、イメージ仮想マシン、ファーム仮想マシン、VDI デスクトップ仮想マシン、およびインポートされた仮想マシン(インポートされた仮想マシンでエージェント ペアリング アクションが実行された場合)にインストールされているエージェントとペアリングを行います。このペアリングは、ポッド マネージャとそれらの仮想マシンの間で必要とされる安全な通信の基盤を提供します。エージェントの新しいバージョンは、ポッド マネージャ ソフトウェアの新しいバージョン(マニフェスト)と同時にリリースされ、これらのバージョンは両方とも相互に互換性があります。同時に、ポッド マネージャ ソフトウェアの新しいバージョンはそれぞれ、以前のエージェント バージョンのいくつかと下位互換性を維持することを目的としています。これは、新しいポッド マネージャ ソフトウェアは、特定の時点までの古いエージェントとの通信と相互運用を継続できるということです。新しいポッド マネージャ ソフトウェアと古いエージェントの間の差が大きすぎると、ポッド マネージャとそれらのエージェント間の通信と相互運用性が停止します。

1 つのポッドで、特定のエージェント バージョンと特定のポッド マニフェストとの相互運用性を判断するには、複数のスポットからの各種の情報、すなわちポッド マニフェスト バージョン、そのポッド マニフェスト バージョンがデビューした VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure という名前の製品のバージョン、および Horizon Agent Installer (HAI) のバージョンを関連付ける必要があります。エージェント ソフトウェアは、HAI ソフトウェアによって、ポッドのインポートされた仮想マシン、イメージ仮想マシン、ファーム仮想マシン、および VDI デスクトップ仮想マシンにインストールされます。

  1. まず、[キャパシティ] ページまたはポッドの詳細ページを使用して、ポッドのマニフェスト バージョンを取得します。
  2. 次に、『Horizon Cloud リリース ノート』を開き、そのマニフェスト バージョンのページ検索を実行して、そのマニフェストがデビューした「新機能」の日付を見つけます。
  3. 同じ「新機能」の場所で、製品名 VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure の後に表示されているバージョン番号(2101 や 3.0 など)を見つけます。
  4. 次に、https://interopmatrix.vmware.com/#/Interoperability の「VMware 製品の相互運用性マトリックス」ページに移動し、Horizon Cloud Service on Microsoft AzureHorizon Agents Installer の比較を選択します。
    • [比較] セクションには Horizon Cloud Service on Microsoft Azure
    • [比較対象] セクションには Horizon Agents Installer

マトリックス上のポッド マニフェストとエージェント バージョンの組み合わせが緑色のドットの外側にある場合、それらのエージェント バージョンを実行しているポッド内の仮想マシンで予期しない問題が発生する可能性が高くなります。

マニフェスト 1763.x を実行しているポッドがあるとします。リリース ノートによると、最初の 1763.0 マニフェストは VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure 2.2 でデビューしました。マトリックスは、ポッドがデビューしたエージェント バージョン (19.4) およびそれ以前のエージェント バージョン 19.3.1、19.3、および 19.2 と相互運用することを示しています。 リリース ノートの 2019 年 12 月 13 日の新機能によれば、HAI バージョン 19.4 が VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure 2.2 リリースと同時にデビューしたことがわかります。この例では、1763.x ポッドが操作できる最も古いエージェントは 19.2 エージェントです。最も新しいエージェントは 19.4 エージェントです。1763.x を実行しているポッドを更新する前に、ベスト プラクティスとして、イメージ仮想マシン、ファーム仮想マシン、および VDI デスクトップ仮想マシンのエージェントが、その列に示されている最も新しいエージェント バージョンに更新されていることを確認します。

次のスクリーンショットは、前の段落と 2021 年 2 月 23 日の互換性マトリックスを示しています。


Horizon Cloud on Microsoft Azure バージョン 2.2 と HAI の互換性マトリックスを示すスクリーンショット