これらのトピックでは、資格のあるデスクトップおよびリモート アプリケーションへのエンド ユーザーの接続に関連する領域についての情報を提供します。

PCOIP URL と、内部ゲートウェイ構成があるポッドを使用する場合

Microsoft Azure 内の Horizon Cloud ポッドの概要に説明されているように、Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドは、Unified Access Gateway インスタンスを使用して、内部ゲートウェイ構成とともに構成できます。内部ゲートウェイ タイプの場合、HTML Access(Blast プロトコル)が外部 URL をユーザーが指定した FQDN に構成していても、PCOIP URL は IP アドレスを代わりに使用します。この動作により、外部ゲートウェイ タイプと内部ゲートウェイ タイプの間に、PCOIP に関する相違が生じます。

  • 外部ゲートウェイ タイプ:PCOIP URL は、外部ゲートウェイ構成のロード バランサ リソースのパブリック IP アドレスに設定されます。
  • 内部ゲートウェイ タイプ:PCOIP URL は、最初に、DNS を使用して指定された FQDN を IP アドレスに解決することを試みて、次にその IP アドレスを PCOIP URL として使用します。PCOIP URL が指定された FQDN を解決できない場合、PCOIP URL は、内部ゲートウェイ構成の内部ロード バランサ リソースのプライベート IP アドレスを代わりに使用します。

現在、ご利用のネットワーク環境で、内部ゲートウェイ構成のロード バランサが、エンド ユーザーの接続試行の最初のエンドポイントではない可能性があります。例として、内部ゲートウェイ構成のロード バランサにリダイレクトするように設定した追加のエンドポイントまたはロード バランサがある場合があります。ポッドをデプロイまたは編集したときに、内部 Unified Access Gateway ゲートウェイ構成にアップロードした証明書によっては、その証明書がネットワーク セットアップの最初のエンドポイントの FQDN または IP アドレスと一致している可能性があります。おそらく、エンドユーザー クライアントがその最初のエンドポイントから開始してネットワーク環境にアクセスすることが想定されていました。ご利用のネットワーク環境がこの説明と一致する場合は、エンドユーザー クライアントは最初のエンドポイントとして内部ゲートウェイ構成のロード バランサではないエンドポイントに最初にアクセスすることになり、DNS マッピングによって、確実にエンドユーザー クライアントが提供された証明書に対して適切な認証を行うために一致する PCOIP URL が提供される必要があります。