インポートされた仮想マシンを、エンド ユーザーにプロビジョニングするデスクトップおよびリモート アプリケーションのビジネス ニーズに一致するようにカスタマイズすると、その仮想マシンがゴールド イメージになります。このゴールド イメージを割り当て可能なイメージに変換するには、Horizon Cloud 管理コンソール の [イメージ] ページで [新しいイメージ] ワークフローを使用します。イメージは、システムが割り当てに使用する前に、[イメージ] ページに [公開済み] のステータスを表示する必要があります。

注意: イメージを公開し、 Horizon Cloud でそのイメージがシールドされた状態にある場合は、そのイメージの仮想マシンに対してアクションを実行するために Microsoft Azure ポータルを使用しないでください。Microsoft Azure ポータルを使用して、 Horizon Cloud で公開されている状態の仮想マシンに対して直接アクションを実行することはサポートされておらず、予期しない動作を引き起こします。シールドされたイメージに対してアクションを実行する際は、必ず Horizon Cloud 管理コンソール を使用してください。
重要: Microsoft Azure のポッドがプロキシを使用するように構成されている場合は、このイメージを使用して作成されているファーム仮想マシンまたは VDI デスクトップ仮想マシンがプロキシとともに構成されるようにするための手段を提供する責任があります。

前提条件

構成済みのイメージが、割り当て可能なイメージを作成するポッドで使用可能であることを確認します。

次のスクリーンショットに示すように、[インポートされた仮想マシン] ページで、仮想マシンがパワーオンの状態(緑色のステータス)で、エージェントに関連するステータスがアクティブであることを確認します。


[エージェントのステータス] 列に [有効 (19.3.0)] と表示された [インポートされた仮想マシン] のスクリーンショット

イメージ仮想マシンに有効になっているローカル管理者アカウントの認証情報があることを確認します。ゴールド イメージを公開済みの状態に変換するイメージ シーリング プロセスで、システムはローカル管理者アカウントを使用します。通常、仮想マシンの有効になっているローカル管理者アカウントは、Microsoft Azure に Horizon Cloud ポッドのデスクトップ イメージを作成およびそのサブトピックに記載されているとおりにイメージ仮想マシンを作成したときに名前を付けたものに限られます。

重要: イメージ仮想マシンに手動でローカル管理者アカウントを追加していない限り、仮想マシンのローカル管理者アカウントは、[仮想マシンのインポート] ウィザードを実行したとき、またはゴールド イメージの仮想マシンを手動で作成したときに指定したものに限られます。

手順

  1. コンソールで [インベントリ] > [イメージ] の順にクリックして、[新規] をクリックします。
  2. 必要な情報を入力します。
    オプション 説明
    場所 イメージが構成されたポッドに関連付けられている場所を選択します。このフィールドは、[ポッド] リストで選択できるように表示されるポッドのセットをフィルタリングします。
    ポッド 構成されたイメージのあるポッドを選択します。
    ヒント: 選択するポッドが表示されない場合は、 [場所] リストにポッドがない場所が表示されていないことを確認します。 [場所] フィールドは [ポッド] リストに表示され、選択した場所に関連付けられていないポッドを除外します。すでに場所にポッドがあり、そのポッドを削除するか別の場所に移動して、表示された場所にポッドが存在しなくなると、 [ポッド] リストにはエントリが表示されなくなります。場所はアルファベット順に表示されているため、画面を開くと、アルファベット順で最初の場所が自動的に選択されます。その場所にポッドが関連付けられていない場合は、場所を別のエントリに切り替える必要があります。
    デスクトップ このフィールドには、システムが割り当て可能イメージに変換できる選択済みポッド上にある仮想マシンが一覧表示されます。任意の仮想マシンを選択します。

    選択を行った後、選択した仮想マシンについて、ステータスなどの情報が表示されます。

    イメージ名 このフィールドには、[デスクトップ] での選択に関連付けられたイメージ名が自動的に入力されます。
    会社名 識別名を入力します。この名前は、このイメージに基づいて作成される仮想デスクトップに表示されます。公開プロセスは、レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\RegisteredOwner をこの値に設定します。名前は、登録済みの組織および所有者として仮想デスクトップの [Windows について] ダイアログに表示されます。
    タイムゾーン デフォルトのままにします。
    [デスクトップの管理者認証情報] イメージ仮想マシンで有効になっているローカル管理者アカウントの認証情報を入力します。通常、イメージ仮想マシンの作成時に指定されたローカルの管理者アカウントのみが有効になります。
    注: この公開プロセスには、Microsoft Windows Sysprep プロセスの実行が含まれます。仮想マシンが Microsoft Windows Server オペレーティング システムの場合、Sysprep プロセスによって、組み込みの管理者アカウント パスワードがここで入力したパスワードにリセットされます。このパスワードのリセットは、Sysprep プロセスが完了した後に組み込みの管理者アカウントを保護するために行われます。組み込みの管理者パスワードは、この手順で組み込みの管理者アカウントまたは別のローカル管理者アカウントを指定するかどうかにかかわらず、ここで入力したパスワードにリセットされます。
  3. [公開] をクリックします。
    公開プロセスは完了するまで数分かかります。このプロセスを実行中は、ページに [移行中] ステータスが表示されます。更新アイコンを使用して、最新ステータスを表示できます。

結果

プロセスが正常に実行されると、イメージのステータスは [公開済み] に変更されます。
注: イメージのステータスが [公開済み] の場合は、 Horizon Cloud にシールドされたものとみなされます。シールドされたイメージは、システムがセッションベースのデスクトップとリモート アプリケーションを提供するために RDSH ファームで使用できる仮想マシン(RDSH 対応の Windows オペレーティング システムの場合)または VDI デスクトップ割り当てで使用できる仮想マシン(Windows クライアント オペレーティング システムの場合)です。

シールドされた仮想マシンのゲスト Windows オペレーティング システムで変更が必要な場合は、状況に応じて次のトピックの手順を使用します。

ステータスが [公開済み] のイメージは [インポートされた仮想マシン] ページには表示されません。[公開済み] の状態になるとイメージは [インポートされた仮想マシン] ページから削除されます。この時点で、これらのシールドされた仮想マシンは [イメージ] ページで利用可能になります。

公開操作に失敗した場合、[監視] > [アクティビティ] を選択し、失敗したジョブを見つけます。問題を修正してから、イメージの横のチェック ボックスを選択し、[詳細] > [デスクトップへの変換] の順にクリックして、公開操作を再試行します。次に [新規] をクリックして、必要な情報を入力し、[公開] をクリックしてイメージを公開します。