Horizon ポッドを Horizon Cloud テナント環境にオンボーディングするのは、Horizon ポッドでサブスクリプション ライセンスを適用する場合と、そのポッドでクラウド ホスト型サービスを使用する場合の 2 つのユースケースになります。 このようなクラウド ホスト型サービスには、クラウド接続されたポッド向けの機能およびワークフローが含まれます。どちらのユースケースでも、Horizon のデプロイを Horizon Cloud のクラウドベース管理プレーンに接続するコンポーネントである VMware Horizon® Cloud Connector™ を使用する必要があります。この接続は、Horizon デプロイへのサブスクリプション ライセンスの適用と、Cloud Monitoring Service (CMS) などのクラウド ホスト型サービスの有効化の両方を提供します。

サポートされるポッド タイプをクラウド制御プレーンに初めてオンボーディングするプロセスの概要については、Horizon Cloud のデプロイとポッドのオンボーディング - VMware SDDC 上の Horizon ポッドおよび Microsoft Azure 上の Horizon Cloud ポッドを参照してください。


Horizon Cloud Connector が Horizon ポッドを Horizon Cloud 制御プレーンに接続する方法の図。
重要: Horizon Cloud 環境は、Microsoft Azure のポッドと、Horizon ポッドで構成することができます。そのため、クラウド接続されたすべてのポッドは、同じ Active Directory ドメインのセットとの通信路を確立している必要があります。環境内にすでに Microsoft Azure のポッドがあり、最初の Horizon ポッドを接続する場合は、Horizon ポッドを接続したときに Horizon ポッドがすでに Horizon Cloud 環境に登録されている Active Directory ドメインを認識できることを確認する必要があります。Active Directory のドメイン登録ワークフローの詳細については、 Horizon Cloud 環境での最初の Active Directory ドメイン登録の実行を参照してください。

Horizon Cloud Connector を使用した、Horizon ポッド向けのサブスクリプション ライセンスのアクティブ化と、クラウド ホスト型サービスの有効化

Horizon Cloud Connector は、Horizon ポッドと Horizon Cloud の橋渡しをする仮想アプライアンスです。Horizon Cloud Connector は、Horizon サブスクリプション ライセンス、健全性ステータス ダッシュボード、および Horizon ヘルプ デスク ツールなどを含む、お使いの Horizon ポッドでのクラウド ホスト型のサービスを使用するために必要となります。

Horizon サブスクリプション ライセンス
Horizon サブスクリプション ライセンスは、スタンドアローンの Horizon パッケージとして利用できます。また、 Workspace ONE エンタープライズ バンドルの一部としても使用できます。Horizon サブスクリプション ライセンスでは、同じ製品をより「柔軟な展開」オプションがある状態で提供します。Horizon サブスクリプション ライセンスにより、データセンター、プライベート クラウド、および VMware Cloud on AWS などのサポートされているパブリック クラウドでの Horizon のデプロイが可能になります。Horizon Cloud Connector を使用してポッドを Horizon Cloud にオンボーディングする手順を完了すると、VMware はサブスクリプション ライセンスをアクティブ化します。48 時間以内に、ライセンス サービスはそのクラウド接続されたポッドにライセンスを適用し、Horizon 管理のライセンス画面に次のメッセージが表示されます。
ライセンス サービスへの接続完了メッセージを示すスクリーンショット。

https://my.vmware.com から Horizon ライセンスを購入するには、アクティブな My VMware アカウントが必要です。Horizon Cloud Connector を OVA ファイルとしてダウンロードできるリンクがようこそ E メールで届きます。

vSphere Web Client から Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスをデプロイする場合、Cloud Connector を、サブスクリプション ライセンスまたはクラウド ホスト型サービスを使用するために Horizon Cloud に接続するポッドの Connection Server とペアリングします。ペアリング プロセスにおいて、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスが Connection Server を Horizon Cloud に接続し、Horizon サブスクリプション ライセンスおよびその他のサービスを管理します。Horizon サブスクリプション ライセンスがある場合、VMware Horizon 製品のアクティベーションのための Horizon ライセンス キーを手動で入力する必要はありません。ただし、vSphere、App Volumes などのサポート コンポーネントを有効にするには、ライセンス キーを使用する必要があります。

Horizon ポッド用のクラウド ホスト型サービス
Cloud Monitoring Service (CMS) など、 Horizon Cloud が提供するクラウド ホスト型サービス、機能、ワークフローを活用できます。「 Horizon Cloud で提供されるクラウド監視サービスの統合された可視性、健全性監視、およびヘルプ デスク機能の紹介」を参照してください。