既存の Horizon ポッドを Horizon Cloud Service に接続する場合は、複数の手順を実行します。VMware Horizon のサブスクリプション ライセンスを購入すると、VMware からサブスクリプション ライセンスのメールが届きます。この E メールに、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスのダウンロード リンクが含まれています。次に、仮想アプライアンスをインストールしてパワーオンします。仮想アプライアンスがパワーオンされ、必要なポッド コンポーネントとサービスの健全性を確認した後、コネクタのオンボーディング ワークフローを使用して、そのサブスクリプション ライセンスを使用するポッド内の Connection Server とペアリングします。成功したペアリング プロセスの一部として、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスは Connection Server を Horizon Cloud Service にブリッジし、クラウド管理プレーンが Horizon サブスクリプション ライセンス、および現在クラウド接続されているポッドの他のクラウド ホスト型サービスを管理できるようにします。


Horizon ポッドが Horizon Cloud Connector を使用して Horizon Cloud に接続する方法を示す図。
ヒント: Horizon Cloud のオンボーディング プロセス全体の概要については、「 Horizon Cloud のデプロイとポッドのオンボーディング - VMware SDDC 上の Horizon ポッドおよび Microsoft Azure 上の Horizon Cloud ポッド」を参照してください。

ここの手順を使用して、既存の Horizon ポッドをクラウド管理プレーンに接続します。ポッドを Horizon Cloud Service に接続すると、そのポッドでクラウド ホスト型サービスを利用していない場合でも、そのポッドで Horizon サブスクリプション ライセンスを使用できます。Horizon サブスクリプション ライセンスでは、ポッドのライセンスをアクティブ化するために手動でライセンス キーを入力する必要はありません。ペアリングが完了すると、通常ポッドをクラウド制御プレーンとペアリングしてから 4 時間以内に、VMware はサブスクリプション ライセンスをアクティブ化します。VMware がサブスクリプション ライセンスをアクティブ化すると、ポッドの Web ベースの管理コンソールに Horizon 環境がサブスクリプション ライセンスを使用しているというメッセージが表示されます。


ポッドがサブスクリプション ライセンスを使用していることを確認するために表示されるメッセージ。

Horizon Cloud オンボーディング プロセスの紹介で説明するように、Horizon ポッドを Horizon Cloud にオンボーディングするプロセスには、次の基本概念が含まれます。

  • Horizon サブスクリプション ライセンスは、クラウド管理プレーン、すなわち Horizon Cloud から管理されます。
  • そのため、Horizon ポッドでサブスクリプション ライセンスを使用する場合は、ポッドをそのクラウド管理プレーンに接続する必要があります。ポッドをクラウド管理プレーンに接続しないようにする場合、そのポッドでサブスクリプション ライセンスを使用することはできません。
  • 既存の Horizon ポッドをクラウド管理プレーンに接続するには、Horizon Cloud Connector という名前のコネクタが必要です。クラウド管理プレーンはコネクタと通信し、コネクタはポッドの Connection Server インスタンスの 1 つと通信します。コネクタは、一度にポッドのインストール済みの Connection Server インスタンスの 1 つのみとペアリングできます。
  • Horizon Cloud Connector は、クラウド管理プレーンと、それをペアリングするポッドの接続サーバ インスタンスの両方に到達する必要があるため、Horizon Cloud Connector とポッドのペアリング、および継続的な操作を成功させるために特定の DNS、ポート、およびプロトコル要件を満たす必要があります。ポッドでサブスクリプション ライセンスを使用する最小の使用事例でも、それらの DNS、ポート、およびプロトコルの要件を満たす必要があります。
  • Horizon サブスクリプション ライセンスを取得し、クラウド管理プレーンで認証してコネクタをセットアップし、ポッドでそのサブスクリプション ライセンスを使用するための接続を確立するには、My VMware アカウントが必要です。
  • Horizon ポッドでサブスクリプション ライセンスのみを使用することも、そのポッドでクラウド ホスト型サービスを追加で使用することもできます。どのユースケースでも、サブスクリプション ライセンスが必要です。
  • 最新の機能およびセキュリティとバグ修正を取得するには、Connection Server ソフトウェアの最新バージョンと Horizon Cloud Connector の最新バージョンの組み合わせを使用するのが最適です。 VMware Horizon ソフトウェア バージョンと VMware Horizon Cloud Connector バージョンのサポートされる組み合わせについては、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

このプロセスの手順の概要は次のとおりです。

  1. My VMware アカウントを取得します。
  2. その My VMware アカウントを使用して、Horizon サブスクリプション ライセンスにサインアップします。
  3. ライセンスにサインアップすると、その My VMware アカウントに関連付けられているメール アドレスにようこそ E メールが送信されます。ようこそ E メールには、適切な my.vmware.com ダウンロード エリアから Horizon Cloud Connector イメージをダウンロードするためのリンクが含まれています。
  4. ようこそ E メールのリンクを使用して、Horizon Cloud Connector イメージをダウンロードします。
  5. 固定 IP アドレスを使用して、そのアプライアンスをポッドの環境にデプロイします。仮想アプライアンスのデプロイ プロセスが完了したら、仮想アプライアンスをパワーオンします。
  6. Horizon Cloud Connector とポッド内の Connection Server インスタンスをペアリングし、Connection Server インスタンス、Horizon Cloud Connector、およびクラウド管理プレーン間の接続を完了するためのペアリング ワークフローを開始するために使用する URL アドレスを取得します。
  7. ペアリング ワークフローを開始する前に、precheck.sh スクリプトを実行してポッドのシステム コンポーネントとサービスの健全性を確認します。
  8. 以前に取得した URL アドレスを使用して、ペアリング ワークフローを開始します。Horizon Cloud からログイン画面が表示されるので、My VMware アカウントの認証情報を使用してログインします。その時点でワークフローのユーザー インターフェイスがブラウザに表示されるので、このトピックで説明する以下の手順を完了します。
重要: このポッドを接続している Horizon Cloud 環境にすでにクラウド接続ポッドがある場合は、それらのクラウド接続ポッドすべてが同じ Active Directory ドメインのセットを認識できる必要があります。未接続のポッドを接続する手順を実行するときは、ポッドが、すでに Horizon Cloud 環境に登録されている Active Directory ドメインを認識できるようにする必要があります。

たとえば、ご使用の環境内にすでに Microsoft Azure のポッドがあり、Horizon ポッドを接続している場合は、次のことを確認する必要があります。

  • 以降の手順を使用して接続している Horizon ポッドが、Microsoft Azure の既存のポッドで使用される Active Directory ドメインを認識できること(これらのドメインはすでに環境のクラウド プレーンに登録されているため)。
  • Microsoft Azure の既存のクラウド接続ポッドが、Horizon ポッドの Active Directory ドメイン(以降の手順で Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスと Horizon ポッドの Connection Server をペアリングするために使用するドメイン)を認識できること。

前提条件

オンボーディング ウィザードを実行し、Horizon Cloud Connector を使用して Horizon ポッドと Horizon Cloud をペアリングするための準備」に記載されているすべての項目を満たしていることを確認します。

Horizon ポッドと Horizon Cloud をペアリングするために Horizon Cloud Connector を使用する場合、DNS、ポート、およびプロトコルの要件を満たしていることを確認します。

デプロイされた Horizon Cloud Connector がポッドの Connection Server の FQDN を解決するために、ネットワーク トポロジ内の DNS 構成が提供されることを確認します。デプロイされた Horizon Cloud Connector が DNS を使用して Connection Server を解決できない場合、ポッドのドメイン認証情報を入力するステップでオンボーディング ウィザードに予期しないエラーが発生します。

Horizon Cloud Connector の既知の考慮事項を確認して、これらのアイテムを認識していることを確認します。

Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスは、インターネットにアクセスして Horizon Cloud 制御プレーンと通信する必要があります。ご使用の環境で、仮想アプライアンスがインターネットにアクセスするためにプロキシ サーバとプロキシ構成を使用する必要がある場合、プロキシ設定を Horizon Cloud Connector アプライアンスで使用するときのプロキシ関連の情報、既知の制限、既知の問題を認識していることを確認します。オンボーディング ウィザードを実行し、Horizon Cloud Connector を使用して Horizon ポッドと Horizon Cloud をペアリングするための準備Horizon Cloud Connector の既知の考慮事項、およびHorizon Cloud Connector 1.6 以降のプロキシ設定の変更のプロキシ関連情報を参照してください。

結果

Horizon ポッドが Horizon Cloud に正常に接続された場合、Horizon Cloud Connector 構成ポータルに「セットアップが完了しました」というメッセージが表示されます。この時点から、この同じ構成ポータルを使用して、Horizon Cloud Connector コンポーネントの健全性ステータスの確認、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスへの SSH アクセスの有効化または無効化などの管理タスク、およびその他の同様のタスクを実行します。詳細については、Horizon ポッドと Horizon Cloud のペアリング後に Horizon Cloud Connector で実行する一般的な管理およびメンテナンス タスクのトピックを参照してください。

次のタスク

現在のクラウド接続ポッドでサブスクリプション ライセンスを使用することが唯一の目標である場合、追加の手順はありません。ただし、Horizon Cloud Connector とクラウド制御プレーン間の接続を維持するために、DNS、ポート、およびプロトコルの要件が引き続き満たされていることを確認する必要があります。サブスクリプション ライセンスは Cloud 制御プレーンによって管理されるため、Horizon Cloud Connector はサブスクリプション ライセンス情報を受け取るためにポッドの Cloud 制御プレーンに引き続き到達できる必要があります。

重要: Horizon Cloud Connector をインストールすると、インターネットの送信ポート 443 でクラウド制御プレーンへの接続が確立されます。これは常時接続されています。Cloud Connector とクラウド制御プレーン間でこの接続がオフラインになった場合は、このポッドと Horizon Cloud とのペアリングの確実な期限切れまで、デフォルトで 10 日の猶予期間があります。この場合は、VMware サポートに問い合わせてください。

クラウドに接続されたポッドでクラウド ホスト型サービスを利用するには、管理コンソールにログインし、ポッドの Active Directory ドメインを Horizon Cloud に登録する Active Directory 登録ワークフローを完了する必要があります。このワークフローの詳細については、『Horizon Cloud 管理ガイド』の「Horizon Cloud 環境での最初の Active Directory ドメイン登録の実行」を参照してください。