イメージを vCenter Server からイメージ カタログにインポートし、クラウド接続された Horizon ポッドへの公開の準備をするには、次の手順を使用します。イメージをインポートすると、そのイメージは新しいイメージのバージョン 1.0 としてカタログに追加されます。

前提条件

  • 参加する vCenter Server インスタンスを設定します。クラウド接続された Horizon ポッド - Horizon Image Management Service で使用する vCenter Server インスタンスを構成するを参照してください。
  • VMware Tools がイメージのオペレーティング システムにインストールされていることを確認します。VMware Tools がオペレーティング システムにインストールされていない場合、インポート操作は失敗します。
  • イメージを完全クローン デスクトップ プールに使用するには、まずイメージのオペレーティング システムで特定の準備手順を実行する必要があります。詳細な手順については、Horizon ドキュメントページにアクセスし、『Horizon での仮想デスクトップのセットアップ』ガイドに移動して、「デスクトップで使用するための Windows Server OS の準備」というタイトルのトピックを参照してください。
  • 最適な結果を得るには、最新の Windows アップデート パッチがイメージのオペレーティング システムにインストールされていることを確認します。これらのアップデートにより、今後、イメージ上の Horizon Agent のサイレント インストールを容易に行うことができます。

手順

  1. Horizon Universal Console の左側のペインで、[インベントリ] > [イメージ - マルチポッド] を選択します。
  2. [マルチポッド イメージ] ページで、次のいずれかのアクションを実行します。

    コンソールに表示されるアクション ラベルは、ポッド フリートのポッド タイプ(Connection Server を実行しているオンプレミス ポッドのみ、Microsoft Azure のポッド マネージャ ベースのポッドのみ、またはその両方)によって異なります。画面の指示とプロンプトに従います。

    • [新規] > [vCenter Server からインポートする] をクリックします。
    • [新規] をクリックします。
    イメージのインポート ウィザードが表示されます。
  3. ウィザードの [定義] ページで、カタログにインポートするイメージのタイプのフィルタリング パラメータを指定します。デスクトップ割り当てによって使用されている仮想マシン テンプレートまたは仮想マシン スナップショットをインポートするには、[プールで使用中] の切り替えオプションを有効にします。次に、仮想マシン テンプレートおよび仮想マシン スナップショットのフィルタリング パラメータの説明に従って検索フィルタを指定します。
    [イメージ] リストには、指定したフィルタリング パラメータに一致する使用可能なすべてのイメージが表示されます。
  4. イメージを選択して、[次へ] をクリックします。
    注: Horizon Agent がすでにインストールされているイメージを選択した場合は、イメージの公開中にエージェントをインストールしないことを選択できます。 イメージ バージョンの公開を参照してください。
  5. ウィザードの [詳細] ページで、イメージの構成オプションを入力します。
    オプション 説明
    名前 イメージの名前を入力します。Horizon Image Management Service は、イメージ カタログにイメージを表示するときにこの名前を使用します。
    ユーザー名 このイメージの組み込み Windows スーパー管理者アカウントの正しいユーザー名を入力します。誤ったユーザー名を入力すると、公開操作が失敗します。
    注: Horizon Image Management Service では、このイメージからクローン作成された仮想マシンにディレクトリを作成し、 Horizon Agent をインストールするために、完全な組み込み Windows 管理者の権限が必要です。
    パスワード このイメージの組み込み Windows スーパー管理者アカウントの正しいパスワードを入力します。誤ったパスワードを入力すると、公開操作が失敗します。
    説明 (オプション)イメージの説明を入力します。
    マーカー イメージに関連付ける 1 つ以上の参照マーカーを定義します。マーカーは、イメージのバージョン 1.0 に関連付けられます。
    注目: イメージを割り当て可能にするには、1 つ以上のマーカーがある必要があります。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. ウィザードの [サマリ] ページで、イメージの情報を確認し、[完了] をクリックします。
    Horizon Image Management Service はカタログへのイメージのインポートを開始し、新しいイメージをリストに作成します。進行中を示すアイコン ( 操作が進行中であることを表す矢印が回転したアイコン) が [マルチポッド イメージ] ページのイメージの [ステータス] 列に表示されます。
  8. インポートの進行状況を監視するには、表示されているイメージの名前をクリックします。
    イメージの詳細ページが表示されます。

    バージョン 1.0 のインポートが進行中であることを示すイメージの詳細ページ
    インポートの進行中に、進行中を示すアイコン ( 操作が進行中であることを表す矢印が回転したアイコン) がバージョン 1.0 の [ステータス] 列に表示されます。このプロセス中、 Horizon Image Management Service はソース ポッドのコンテンツ ライブラリにイメージのコピーを作成します。また、イメージ カタログにイメージのメタデータを格納することによりイメージをサービスに登録します。インポートが完了すると、イメージ バージョン 1.0 のステータスが [展開の完了] に変わります。

次のタスク

イメージ バージョン 1.0 をクラウド接続ポッドに公開します。 イメージ バージョンの公開を参照してください。