Hub サービスのアクティベーション フローは、新規ユーザーであるか既存のユーザーであるかによって異なります。

Workspace ONE の新規ユーザー

Hub サービスは、新規のお客様向けの Workspace ONE インスタンス プロビジョニング プロセスの一環として自動的にアクティベーションされます。Workspace ONE UEMWorkspace ONE Access、および Hub サービス コンソールは相互に接続され、Intelligent Hub アプリケーションでは Hub カタログが有効になります。

クラウド Workspace ONE UEM の既存ユーザー

既存の Workspace ONE UEM ユーザーの場合、Workspace ONE Access クラウド テナントへのリンクを含む E メールが届いている場合があります。Workspace ONE UEM Console の [グループと設定] > [Intelligent Hub] ページで、クラウド テナント URL、およびテナント管理者ユーザーの名前とパスワードを追加して、Hub サービスをアクティベーションします。Hub サービスのアクティベーション(既存の UEM ユーザー向け)を参照してください。

Workspace ONE Access クラウド テナントへのリンクが記載された E メールを受信しなかった場合は、Workspace ONE UEM コンソールの Intelligent Hub ページからテナントを要求できます。Hub サービスを使用するために Workspace ONE のクラウド テナントを要求するを参照してください。

Hub サービスがアクティベーションされたら、次に、Hub サービス コンソールに移動してカタログ ビューを構成し、ロゴと企業ブランディングの色を追加し、その他の機能を有効にします。

Hub カタログが有効になっており、正しい認証方法が構成されていることを確認してください。組織の Hub サービスの設定およびHub サービスに更新する Workspace ONE ユーザーの Hub カタログを有効にするを参照してください。

既存および新しい Workspace ONE Access クラウドのユーザー

クラウドで、またはオンプレミス デプロイとして Workspace ONE Access を使用しているユーザーは、Workspace ONE UEM と統合せずに Web ブラウザで Hub サービス機能を使用できます。その他のセットアップは必要ありません。Workspace ONE Access コンソールの [カタログ] > [Hub の構成] ページから Hub サービス コンソールに移動して、カタログのレイアウトを構成します。ロゴと企業ブランディングを追加したり、他の Hub サービス機能を有効にしたりすることもできます。組織の Hub サービスの設定を参照してください。

Intelligent Hub アプリケーションを使用するには、Workspace ONE AccessWorkspace ONE UEM と統合する必要があります。Workspace ONE 構成の管理を参照してください。