Workspace ONE Intelligent Hub カタログでは、ユーザーは Workspace ONE UEM Console、Workspace ONE Access コンソール、Horizon Console および Horizon Cloud 管理コンソールから、管理するアプリケーションとデスクトップにアクセスできます。

Workspace ONE UEM Console では、App Store から公開されているクラウド、モバイル、Windows アプリケーション、および社内で構築された内部アプリケーションを構成、管理し、ユーザーに使用資格を付与します。UEM カタログは、Workspace ONE UEM Console の [アプリとブック] > [アプリケーション] > [アプリケーション設定] ページから管理します。Workspace ONE UEM のドキュメントセンターにある「Application Management Life-Cycle」ガイドを参照してください。

Workspace ONE Access Console では、Web アプリケーションと仮想アプリケーションを構成、管理し、使用資格を付与します。一部の Web アプリケーションは、コンソールの Workspace ONE Access カタログ ページから直接カタログに追加できます。その他のリソース タイプでは、Workspace ONE Access Console の外部でリソースを構成する必要があります。Workspace ONE Access でのこれらのリソースの設定については、『Workspace ONE Access リソース ガイド』を参照してください。

Workspace ONE Access がシングルポッド ブローカリングが有効になっている Horizon Cloud テナントと統合されている場合、Workspace ONE Access Console で 1 つ以上の仮想アプリケーションのコレクションを作成します。仮想アプリケーションのコレクションには、Horizon Cloud テナントの構成情報と同期設定が含まれています。「Workspace ONE Access での VMware Horizon Cloud Service デスクトップおよびアプリケーションへのアクセスの提供」を参照してください。Workspace ONE Access での VMware Horizon Cloud Service デスクトップおよびアプリケーションへのアクセスの提供を参照してください。

(クラウドのみ)Workspace ONE Access が Universal Broker が有効になっている Horizon Cloud テナントと統合されている場合、Hub サービスは Universal Broker サービスから直接 Horizon Cloud 資格を同期します。Universal Broker による Horizon Cloud 環境 - Workspace ONE Access および Intelligent Hub サービスとの統合によるアーキテクチャを参照してください。