仮想マシンには、最大で 10 個の仮想ネットワーク アダプタを追加できます。

始める前に

ネットワーク構成の種類について理解しておく必要があります。一般的なネットワーク構成についてを参照してください。

このタスクについて

注:

Workstation 5.x 仮想マシンでは、仮想ネットワーク アダプタを 3 つまで使用できます。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
  2. ハードウェア タブで 追加 をクリックします。
  3. ネットワーク アダプタ を選択し、次へ をクリックします。
  4. 仮想ネットワーク アダプタの種類を選択します。

    共有仮想マシンの場合は、[カスタム ネットワーク] や [LAN セグメント] を選択することはできません。リモート仮想マシンの場合、カスタム ネットワークを選択する必要があります。

    オプション

    説明

    ブリッジ

    仮想マシンをネットワークに接続するには、ホスト システム上のネットワーク アダプタを使用します。仮想マシンは、ネットワーク上で、ホスト システムとはまったく別の一意な ID を持ちます。

    NAT

    仮想マシンとホスト システムが 1 つのネットワーク ID を共有します。このネットワーク ID は、外部ネットワークからは見えません。このため、仮想マシンがネットワーク リソースに対するアクセス要求を送信した場合、ネットワーク リソースは、ホスト システムから要求が送信されてきたように認識します。

    ホストオンリー

    仮想マシンとホスト仮想ネットワーク アダプタがプライベート イーサネット ネットワークに接続されます。このネットワークは、ホスト システム内部で完結するネットワークです。

    カスタム

    ドロップダウン メニューから [カスタム ネットワーク] を選択します。VMnet0、VMnet1、および VMnet8 もリストから選択できますが、通常これらはそれぞれ、ブリッジ、ホストオンリー、および NAT ネットワークに使用されます。

  5. (オプション) : パワーオン時に接続 チェックボックスを選択します。
  6. 完了 をクリックすると、仮想マシンに仮想ネットワーク アダプタが追加されます。
  7. OK をクリックして、変更内容を保存します。
  8. ゲスト OS が新しいネットワークで正しい IP アドレスを使用するように構成されているか確認します。
    1. 仮想マシンが DHCP を使用している場合、リースを解放してから再取得します。
    2. IP アドレスを固定に設定した場合は、ゲスト OS に、正しい仮想ネットワーク上のアドレスが割り当てられていることを確認します。