vSphere Lifecycle Manager クラスタは、ベースラインまたは単一イメージを使用して管理する ESXi ホストのクラスタです。クラスタの管理をベースラインで行うか、または単一イメージで行うかは、クラスタの作成時に決定します。

単一イメージを使用する vSphere Lifecycle Manager クラスタの作成

クラスタを作成する場合、そのクラスタに単一のイメージを使用するオプションがデフォルトで選択されます。ベースラインを使用するクラスタを作成する場合を除き、このオプションは選択したままにする必要があります。クラスタの作成中に、イメージを自分で設定するか、現在の vCenter Server インスタンスの内部または外部にあるホストのイメージを使用する必要があります。いずれの場合も、作成するクラスタに対して vSphere Configuration Profiles を有効にすることもできます。

vSphere 8.0 以降で [新規クラスタ] ウィザードで選択する場合、デフォルトでは、単一イメージを使用するクラスタを作成することが前提となります。

ベースラインを使用する vSphere Lifecycle Manager クラスタの作成

ベースラインを使用するクラスタを作成するには、クラスタの作成時に、単一イメージでクラスタを管理するオプションをオフにする必要があります。後でベースラインの使用からイメージの使用に切り替えることができます。ベースラインの使用からイメージの使用への切り替えの詳細については、ベースラインを使用するクラスタから vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するクラスタへの変換を参照してください。

vSphere Lifecycle Manager クラスタへのホストの追加

ベースラインを使用して管理するクラスタに、任意のバージョンのホストを追加できます。

単一イメージを使用して管理するクラスタには、ESXi バージョン 7.0 以降のホストを追加できます。ホストをクラスタに追加すると同時に、そのホストのイメージをクラスタ全体のイメージとして使用できます。

vSphere Lifecycle Manager クラスタからのホストの削除

クラスタからのホストの削除は、簡単な手順です。単一のイメージを使用するクラスタからホストを削除すると、そのホストは、クラスタのイメージに対する最後の修正時にインストールされたソフトウェアとファームウェアを保持します。

注: 単一イメージを使用して管理する vSAN クラスタからホストを削除すると、 vSphere Lifecycle Manager によって、クラスタの最後のハードウェア互換性チェックの結果が無効になります。クラスタに関する有効なハードウェア互換性情報を取得するには、ハードウェア互換性チェックを再実行する必要があります。クラスタのハードウェア互換性をチェックする方法については、 クラスタのハードウェア互換性のチェックを参照してください。

クラスタに関連するすべての操作については、「vCenter Server およびホストの管理」ドキュメントで詳しく説明されています。

Auto Deploy を使用して ESXi ホストをデプロイおよびプロビジョニングする方法については、『ESXi のインストールとセットアップ』ドキュメントを参照してください。

新しいイメージの作成による単一イメージを使用するクラスタの作成

単一イメージを使用する vSphere Lifecycle Manager クラスタを作成するには、クラスタの作成時に目的のイメージを設定します。イメージをホストからインポートせずに手動で設定する場合は、必要なソフトウェアが vSphere Lifecycle Manager デポで使用可能になっている必要があります。

イメージを手動で設定する場合は、イメージの ESXi のバージョンと、必要に応じてベンダー アドオンを指定する必要があります。クラスタの作成が完了したら、イメージをさらにカスタマイズできます。たとえば、イメージにコンポーネントを追加できます。また、ハードウェア サポート マネージャを構成し、イメージにファームウェアとドライバのアドオンを追加することもできます。イメージの編集の詳細については、「vSphere Lifecycle Manager イメージの編集」を参照してください。

クラスタで vSphere Configuration Profiles を有効にする場合は、クラスタの作成完了後にホスト構成を手動で設定する必要があります。

前提条件

  • vSphere Lifecycle Manager を使用するためのシステム要件で、単一イメージを使用するための要件を確認します。
  • ホストの ESXi のバージョンが 7.0 以降であることを確認します。
  • vCenter Server インベントリ内にデータセンターがあることを確認します。
  • vSphere Lifecycle Manager デポで ESXi イメージが使用可能になっていることを確認します。
  • クラスタで vSphere Configuration Profiles を有効にする場合は、次の要件が満たされていることを確認します。
    • クラスタ内のホストが、ESXi バージョン 8.0 以降です。
    • Enterprise Plus ライセンスを使用しています。
    • vCenter Server がバージョン 8.0 以降です。

手順

  1. vSphere Client で、[ホストおよびクラスタ] インベントリに移動します。
  2. データセンターを右クリックし、[新規クラスタ] を選択します。
    [新規クラスタ] ウィザードが開きます。
  3. [基本] 画面でクラスタの名前を入力し、vSphere DRS、vSphere HA、または vSAN を有効にします。
  4. [単一のイメージを使用してクラスタ内のすべてのホストを管理します] チェック ボックスと、[新しいイメージの作成] ラジオ ボタンはオンにしたままにします。
    これらのオプションはデフォルトで選択されています。
  5. (オプション) クラスタで vSphere Configuration Profiles を有効にするには、[クラスタ レベルでの構成の管理] をオンにします。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. [イメージ] 画面で、目的のイメージを設定して [次へ] をクリックします。
    1. ESXi のバージョンを選択します。
    2. (オプション) ベンダー アドオンとアドオンのバージョンを選択します。
  8. クラスタで vSphere Configuration Profiles が有効になっている場合は、[構成] の情報を確認し、[次へ] をクリックします。
  9. [確認] 画面で、選択内容とイメージの設定を確認します。
  10. [完了] クリックして、クラスタの作成を完了します。

結果

単一のイメージを使用するクラスタが vCenter Server インベントリに表示されます。クラスタ イメージは、クラスタの [アップデート] タブで表示およびカスタマイズできます。

クラスタで vSphere Configuration Profiles が有効になっている場合は、クラスタの [構成] タブでホスト設定を行うことができます。

次のタスク

クラスタにホストを追加します。

ホストからイメージをインポートして、単一のイメージを使用するクラスタを作成する

クラスタの作成中に、新しいイメージを作成する代わりに、リファレンス ホストから目的のソフトウェア仕様をインポートできます。イメージのインポートを選択した場合、vSphere Lifecycle Manager はリファレンス ホストからソフトウェア仕様を抽出し、新しく作成されたクラスタに使用します。イメージをインポートすると、必要なすべてのコンポーネントとイメージを vSphere Lifecycle Manager デポで使用可能にするための時間と労力を節約できます。また、既製のイメージを使用しているため、新しいイメージの検証に時間を費やす必要はありません。

イメージのインポート中、リファレンス ホストからソフトウェア仕様を抽出するときに、vSphere Lifecycle Manager はイメージに関連付けられたソフトウェア デポも抽出し、ソフトウェア コンポーネントをクラスタを作成する vCenter Server インスタンスの vSphere Lifecycle Manager デポにインポートします。その結果、エアギャップのシナリオでは、ローカル デポで必要な ESXi イメージとコンポーネントを取得し、クラスタのソフトウェア仕様を作成するために必要なリファレンス ホストは 1 つのみです。

同じまたは異なる vCenter Server インスタンスにある ESXi ホストからイメージをインポートできます。vCenter Server によって管理されていない ESXi ホストからイメージをインポートすることもできます。リファレンス ホストは、ベースラインで管理するクラスタ内にある場合もあります。イメージのインポートに加えて、リファレンス ホストをクラスタに移動することもできます。その結果、新しく作成されたクラスタは、現在そのクラスタの一部であるリファレンス ホスト上のイメージと同じイメージを使用します。ただし、リファレンス ホストが別の vCenter Server インスタンスにある場合、そのホストからイメージをインポートすることはできますが、そのホストをクラスタに移動することはできません。

注: ホストからイメージをインポートする場合、 vSphere Lifecycle Manager は、 ESXi のバージョン、ベンダー アドオン、およびユーザーが追加したコンポーネントをホストから取得します。 vSphere Lifecycle Manager は、リファレンス ホストにインストールされているソリューションとファームウェアのアップデートからコンポーネントを抽出しません。したがって、新しいクラスタのイメージには、ソリューション コンポーネント、ファームウェア、およびドライバ アドオンは含まれていません。デポでファームウェアの更新を取得し、ファームウェアとドライバのアドオンをクラスタ イメージに追加するには、クラスタの作成後にクラスタのハードウェア サポート マネージャを構成する必要があります。ファームウェアのアップデートの詳細については、 vSphere Lifecycle Manager を使用したファームウェアの更新を参照してください。

vSphere 8.0 では、DPU ベースのクラスタにあるリファレンス ホストのイメージを使用して、非 DPU クラスタにインポートできます。同様に、DPU ベース クラスタのリファレンス ホストとして非 DPU ホストを選択できます。

前提条件

  • vCenter Server バージョンが 7.0 Update 2 であることを確認します。
  • vCenter Server インベントリ内にデータセンターがあることを確認します。
  • リファレンス ホストがバージョン ESXi 7.0 Update 2 以降であることを確認します。
  • vCenter Server インスタンスにない場合は、リファレンス ホストの root ユーザー アカウントのユーザー名とパスワードを取得します。
  • vSphere Lifecycle Manager を使用するためのシステム要件で、単一イメージを使用するための要件を確認します。
  • クラスタで vSphere Configuration Profiles を有効にする場合は、次の要件が満たされていることを確認します。
    • クラスタ内のホストが、ESXi バージョン 8.0 以降です。
    • Enterprise Plus ライセンスを使用しています。
    • vCenter Server がバージョン 8.0 以降です。

手順

  1. vSphere Client で、[ホストおよびクラスタ] インベントリに移動します。
  2. データセンターを右クリックし、[新規クラスタ] を選択します。
    [新規クラスタ] ウィザードが開きます。
  3. [基本] 画面でクラスタの名前を入力し、vSphere DRS、vSphere HA、または vSAN を有効にします。
  4. [単一のイメージを使用してクラスタ内のすべてのホストを管理します] チェック ボックスをオンのままにします。
    このオプションはデフォルトで選択されています。
  5. クラスタのイメージを作成する方法を選択し、[次へ] をクリックします。
    • 同じ vCenter Server インベントリにあるホストからイメージをインポートするには、[イメージを vCenter Server インベントリ内の既存のホストからインポート] ラジオ ボタンを選択します。
    • 別の vCenter Server インスタンスにあるホスト、または vCenter Server に追加されていないスタンドアローン ホストからイメージをインポートするには、[イメージを新しいホストからインポート] ラジオボタンを選択します。
  6. (オプション) クラスタで vSphere Configuration Profiles を有効にするには、[クラスタ レベルでの構成の管理] をオンにします。
  7. プロンプトの指示に従って、ウィザードを完了します。
    選択したインポート オプション 手順
    イメージを vCenter Server インベントリ内の既存ホストからインポート
    1. [イメージ] ページで、イメージを抽出するリファレンス ホストを選択し、[次へ] をクリックします。
      注: リファレンス ホストを選択すると、選択したホスト上のイメージに関する詳細情報がページの下部に表示されます。 ESXi バージョンとすべての追加コンポーネントを表示できます。
    2. クラスタで vSphere Configuration Profiles が有効になっている場合は、[構成] の情報を確認し、[次へ] をクリックします。
    3. [レビュー] ページで、選択内容を確認し、選択したリファレンス ホストとそのイメージが必要なものであることを確認します。
    4. [終了] をクリックします。
    イメージを新しいホストからインポート
    1. [イメージ] ページで、ホストの詳細を入力し、[ホストの検索] ボタンをクリックします。
    2. [セキュリティ アラート] ダイアログ ボックスが表示された場合は、[はい] をクリックしてホストに接続することを確認します。
    3. ホストをクラスタに移動するには、[また、選択したホストをクラスタに移動します] チェック ボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。
    4. クラスタで vSphere Configuration Profiles が有効になっている場合は、[構成] の情報を確認し、[次へ] をクリックします。
    5. [レビュー] ページで、選択内容を確認し、選択したリファレンス ホストとそのイメージが必要なものであることを確認します。
    6. [終了] をクリックします。

結果

単一のイメージを使用するクラスタが vCenter Server インベントリに表示されます。選択内容によっては、リファレンス ホストが新しく作成されたクラスタ内にある場合があります。そのクラスタのイメージは、選択したリファレンス ホストのイメージと同じです。クラスタ イメージは、クラスタの [アップデート] タブで表示およびカスタマイズできます。

クラスタで vSphere Configuration Profiles が有効になっている場合は、クラスタの [構成] タブでホスト設定を行うことができます。Y

次のタスク

その他のホストをクラスタに追加します。

単一イメージを使用するクラスタへのホストの追加

クラスタに複数のホストを追加するときは、そのいずれか 1 台をリファレンス ホストとして指定できます。vSphere Lifecycle Manager は、リファレンス ホストのイメージを抽出し、クラスタの新しいイメージとして使用します。ホストのイメージをクラスタにインポートするオプションを使用すると、クラスタのアップグレード操作を簡素化することができます。これは、vSphere Lifecycle Manager デポにコンポーネントをインポートし、新しいイメージを設定および検証し、イメージに対するホストのコンプライアンスを検査し、イメージに対してクラスタを修正してすべてのホストに新しいソフトウェア仕様を適用するという一連の作業を手動で行う必要がなくなるためです。

vSphere Lifecycle Manager は、指定されたリファレンス ホストからソフトウェア仕様を抽出すると共に、イメージに関連付けられたソフトウェア デポも抽出し、ターゲット クラスタがある vCenter Server インスタンスの vSphere Lifecycle Manager デポにコンポーネントをインポートします。

注: ホストからイメージをインポートする場合、 vSphere Lifecycle Manager は、 ESXi のバージョン、ベンダー アドオン、およびユーザーが追加したコンポーネントをホストから取得します。 vSphere Lifecycle Manager は、リファレンス ホストにインストールされているソリューションとファームウェアのアップデートからコンポーネントを抽出しません。このため、クラスタの新しいイメージには、ソリューション コンポーネントや、ファームウェアとドライバのアドオンは含まれません。デポのファームウェアのアップデートを取得し、ファームウェアとドライバのアドオンをクラスタ イメージに追加するには、ハードウェア サポート マネージャを構成する必要があります。ファームウェアのアップデートの詳細については、 vSphere Lifecycle Manager を使用したファームウェアの更新を参照してください。
ホストをクラスタに追加してそのイメージをターゲット クラスタにインポートすると、クラスタ内の他のホストのコンプライアンス状態が変化します。ホストを追加し、そのイメージを新しいクラスタ イメージとして設定した後、コンプライアンス チェックを実行できます。新しく追加されたホストは、新しいクラスタ イメージに準拠します。残りのホストは非準拠になります。クラスタ内のすべてのホストに新しいクラスタ イメージを適用して準拠させるには、クラスタを修正する必要があります。
注: クラスタ内のホストに実際にインストールされているソフトウェアをダウングレードすることはできません。リファレンス ホストのイメージに古いバージョンのソフトウェア コンポーネントが含まれている場合は、そのイメージをインポートしてクラスタに対して使用できます。ただし、クラスタ内のホストは新しいイメージと互換性がなくなるため、引き続きそのイメージに対してクラスタを修正することはできません。

前提条件

  • vCenter Server のバージョンが 7.0 以降であることを確認します。
  • 追加するホストのバージョンが ESXi 7.0 以降であることを確認します。
  • クラスタに追加するホストのメイン バージョンとパッチ バージョンが残りのホストと同じであることを確認します。
  • vCenter Server インスタンスに含まれていないホストの root ユーザー アカウントのユーザー名とパスワードを取得します。
  • vSphere Lifecycle Manager を使用するためのシステム要件で、単一イメージを使用するための要件を確認します。
  • ホストを追加してそのイメージをクラスタにインポートするには、次の要件が満たされていることを確認します。
    • vCenter Server インスタンスのバージョンが 7.0 Update 2 以降である。
    • リファレンス ホストの ESXi のバージョンが 7.0 Update 2 以降である。
  • vSphere Configuration Profiles が有効なクラスタにホストを追加するには、次の要件が満たされていることを確認します。
    • vCenter Server インスタンスのバージョンが 8.0 以降である。
    • ホストの ESXi のバージョンが 7.0 Update 3 以降である。
    • ホストに NSX または vSphere Distributed Switch が構成されていません。
    • ホストにホスト プロファイルが添付されていない。

手順

  1. vSphere Client で、[ホストおよびクラスタ] インベントリに移動します。
  2. クラスタを右クリックし、[ホストの追加] を選択します。
    [ホストの追加] ウィザードが開きます。
  3. [ホストの追加] で、クラスタに追加するホストを指定して [次へ] をクリックします。
    • 同じ vCenter Server インベントリ内にないホストを追加します。
      1. [新規ホスト] タブをクリックします。
      2. ホストに関する必要な情報をテキスト ボックスに入力します。
      3. 新しいホストをさらに追加するには、[ホストの追加] ボタンをクリックして、必要な情報を入力します。
      4. [すべてのホストに同じ認証情報を使用] チェック ボックスを選択します。
    • 同じ vCenter Server インベントリ内にあるホストを追加します。
      1. [既存のホスト] タブをクリックします。
      2. リストから 1 台以上のホストを選択します。
    注: 複数のホストを追加する場合、指定するホストを新規ホストのみにしたり、既存のホストのみにしたりする必要はありません。新規ホストと既存のホストを同時に指定することができます。
  4. [ホスト サマリ] 画面でホストの情報を確認し、[次へ] をクリックします。
  5. [イメージのインポート] 画面で、クラスタのイメージとして使用するイメージを持つホストを選択します。
    • クラスタの現在のイメージを変更せずに、指定したホストをクラスタに追加するには、[イメージをインポートしない] ラジオ ボタンを選択します。
    • 指定したホストのいずれかをリファレンス ホストとして使用し、そのイメージをクラスタの新しいイメージとして使用するには、[イメージをインポートするホストを選択してください] ラジオ ボタンを選択して、リストからホストを選択します。
      注: 選択したホストのイメージが ESXi 7.0 Update 2 より前のバージョンの場合は、そのホストのイメージのインポートを続行できません。
    イメージをインポートするホストを選択すると、そのイメージに関する情報を含むカードが表示されます。 ESXi のバージョン、ベンダー アドオン、およびリファレンス ホストのイメージに含まれる追加のコンポーネントを確認できます。
  6. [イメージをインポートするホストを選択してください] ラジオ ボタンを選択した場合は、画面の下部にある [クラスタの現在のイメージを表示] をクリックします。
    クラスタの現在のイメージに関する情報を含むカードが表示されます。続行する前に、現在のクラスタ イメージを確認して、選択したホストのイメージと比較できます。これにより、正しいリファレンス ホストが選択されているかを確認できます。 選択したリファレンス ホストのイメージと現在のクラスタ イメージを比較して、正しいリファレンス ホストが選択されているかを確認
  7. [次へ] をクリックします。
  8. [設定の確認] 画面で、選択したホストと新しいクラスタ イメージに関する情報を確認します。
  9. ホストをクラスタに追加するために [完了] をクリックします。

結果

指定したホストがクラスタに追加されます。

ホストの追加手順の中でホストのイメージをインポートするように選択した場合は、クラスタのイメージが変化します。クラスタの新しいソフトウェア仕様は、選択して追加したリファレンス ホストと同一になります。

次のタスク

ホストの追加手順の中でホストのイメージをインポートするように選択した場合は、クラスタを修正して、すべてのホストに新しいイメージを適用します。