vSAN クラスタを管理するには、vSphere Lifecycle Manager ベースラインおよびベースライン グループを使用するか、このクラスタに単一イメージを使用します。vSAN クラスタの操作には、単一イメージまたはベースラインのいずれを使用してクラスタを管理しているかにかかわらず、固有の特性があります。

推奨ベースライン グループを使用した vSAN クラスタの管理

自動生成されたシステム管理ベースライン グループを使用して、vSAN クラスタ内のホストをアップデートおよびアップグレードできます。これらのシステム管理のベースライン グループは、推奨ベースライン グループと呼ばれます。推奨ベースライン グループには、ファームウェアとドライバのアップデートは含まれていません。推奨ベースラインには、パッチ ベースラインまたはアップグレード ベースラインのみが含まれています。

7.0 より前のバージョンの ESXi ホストを含む vSAN クラスタに対するイメージの使用に切り替える場合、まずアップグレード ベースラインを使用してホストをアップグレードする必要があります。その後、クラスタに対する vSphere Lifecycle Manager イメージの使用に切り替えることができます。

推奨ベースラインの詳細については、推奨ベースライン グループについて を参照してください。

ベースラインを使用してホストとクラスタを管理する方法の詳細については、vSphere Lifecycle Manager ベースラインおよびベースライン グループの使用を参照してください。

単一イメージを基準とした vSAN クラスタの管理

クラスタ内のホストで実行する完全なソフトウェア スタック (ESXi のバージョン、ベンダーのカスタマイズ、ドライバ、ファームウェア) は、クラスタに使用するイメージによって定義されます。単一イメージを使用して vSAN クラスタを管理する場合、vSphere Lifecycle Manager イメージによって提供される機能を利用できます。

  • vSAN クラスタ内のすべてのホストでファームウェアをアップデートできます。

    ファームウェア アドオンを含むイメージをセットアップしそのイメージを基準として vSAN クラスタを修正することによって、ファームウェアをアップデートします。vSphere Lifecycle Manager イメージを使用したファームウェア アップデートの実行の詳細については、vSphere Lifecycle Manager を使用したファームウェアの更新を参照してください。

  • クラスタに対するハードウェア互換性チェックを実行できます。

    ハードウェア互換性チェック タスクは、クラスタのイメージをすべてのホストに正常に適用できること、およびイメージが vSAN ハードウェア互換性リスト (HCL) に準拠していることを確認します。ハードウェア互換性チェックの詳細については、クラスタおよびホストの vSphere Lifecycle Manager ハードウェアの互換性チェックを参照してください。

  • イメージに対するファームウェアのコンプライアンスを確認できます。

    クラスタにイメージを基準としてコンプライアンス チェックを実行すると、ファームウェアのコンプライアンス チェックも実行されます。その結果、クラスタ内のドライバまたはファームウェアが非準拠になっているかどうかを簡単に確認できます。イメージを基準にしてクラスタのコンプライアンス チェックを行う方法については、単一イメージに基づくコンプライアンスの確認を参照してください。

  • vSphere Lifecycle Manager 推奨イメージを使用できます。

    vSphere Lifecycle Manager のイメージを使用して vSAN クラスタを管理する場合、vSAN の推奨エンジンは、そのクラスタの vSAN 健全性アラームまたは推奨ベースラインを生成しません。ただし、vSphere Lifecycle Manager は、vSAN クラスタ内のホストに推奨されるファームウェア バージョンを含む、事前検証済みのイメージを生成します。vSphere Lifecycle Manager 推奨イメージの詳細については、vSphere Lifecycle Manager の推奨イメージを参照してください。

単一イメージを使用した vSAN 対応スタンドアローン ホストの管理

単一のイメージを使用して管理するスタンドアローン ホストで vSAN を有効にすることは技術的に可能ですが、vSphere 8.0 では構成がサポートされません。vSphere Lifecycle Manager vSAN イメージで管理されているスタンドアローン ホストのアップグレードはサポートされておらず、これは安全な操作ではありません。単一のイメージを使用して管理するスタンドアローン ホストでは、vSAN を有効にしないことをお勧めします。