vCenter Server Appliance のアップグレードの前に、vCenter Server インストーラ ISO ファイルをダウンロードして、アップグレードを実行するネットワーク仮想マシンまたは物理サーバにマウントします。

アプライアンスをアップグレードするコンピュータは、オペレーティング システムの要件を満たす Windows、Linux、または Mac オペレーティング システムで実行する必要があります。vCenter Server インストーラのシステム要件を参照してください。

vCenter Server Appliance をアップグレードする前に、インベントリ内の ESXi ホストを準備する必要があります。

vCenter Server Appliance で外部の Oracle データベースを使用する場合は、既存のデータベースのサイズを調べる必要があります。

vCenter Server Appliance で外部の Update Manager インスタンスを使用する場合は、Update Manager を実行するコンピュータで移行アシスタントを実行する必要があります。

vCenter Server インストーラのシステム要件

vCenter Server の GUI インストーラと CLI インストーラは、サポート対象バージョンの Windows、Linux、Mac のいずれかのオペレーティング システムで実行されているネットワーク クライアント マシンから実行することができます。

GUI インストーラと CLI インストーラに適切なパフォーマンスを確保するために、最低限のハードウェア要件を満たしたクライアント マシンを使用してください。

表 1. GUI インストーラと CLI インストーラのシステム要件
オペレーティング システム サポートされているバージョン 最適なパフォーマンスを得るために最低限必要なハードウェア構成
Windows
  • Windows 10、11
  • Windows 2016 x64 ビット
  • Windows 2019 x64 ビット
  • Windows 2022 x64 ビット
4 GB RAM、2.3 GHz の 4 コア CPU(× 2)、32 GB ハード ディスク、NIC(× 1)
Linux
  • SUSE 15
  • Ubuntu 18.04、20.04、21.10
4 GB RAM、2.3 GHz の 2 コア CPU(× 1)、16 GB ハード ディスク、NIC(× 1)
注: CLI インストーラには 64 ビット OS が必要です。
Mac
  • macOS 10.15、11、12
  • macOS Catalina、Big Sur、Monterey
8 GB RAM、2.4 GHz の 4 コア CPU(× 1)、150 GB ハード ディスク、NIC(× 1)
注: Mac 10.15 以降で動作するクライアント マシンでは、GUI による複数アプライアンスの同時デプロイはサポートされません。アプライアンスは順番にデプロイする必要があります。
注: Windows 10 より前のバージョンの Windows では、CLI インストーラを実行するために、Visual C++ 再頒布可能ライブラリをインストールする必要があります。これらのライブラリの Microsoft インストーラは、 vcsa-cli-installer/win32/vcredist ディレクトリにあります。
注: GUI を使用して vCenter Server Appliance をデプロイする場合に、適切に表示するには、1024x768 以上の解像度が必要です。これよりも低い解像度では、ユーザー インターフェイス要素が切り捨てられることがあります。

vCenter Server インストーラのダウンロードおよびマウント

VMware では vCenter Server アプライアンスの GUI 版および CLI 版インストーラを含む vCenter Server アプライアンスの ISO イメージを提供しています。

vCenter Server インストーラに含まれる GUI および CLI 用の実行可能ファイルでは、次のタスクを実行できます。
  • vCenter Server アプライアンスをデプロイする
  • vCenter Server アプライアンスをアップグレードする
  • 外部 Platform Services Controller を含む古いバージョンの vCenter Server と現在のバージョンの vCenter Server を統合する
  • ファイルベースのバックアップから vCenter Server アプライアンスをリストアする

前提条件

手順

  1. VMware Customer Connect にログインします。
  2. [製品とアカウント] > [すべての製品] の順に移動します。
  3. VMware vSphere を見つけて、[ダウンロード コンポーネントの表示] をクリックします。
  4. [バージョンの選択] ドロップダウンから VMware vSphere のバージョンを選択します。
  5. VMware vCenter Server のバージョンを選択して、[ダウンロードに移動] をクリックします。
  6. vCenter Server Appliance の ISO イメージをダウンロードします。
  7. MD5 チェックサム ツールを使用して、md5sum が正しいことを確認します。
  8. アプライアンスのデプロイ、アップグレード、移行、またはリストアを実行するクライアント マシンに ISO イメージをマウントします。
    注: Windows 用の MagicISO Maker など、8 階層を超えるディレクトリ レベルに対応していない ISO マウント ソフトウェアはサポートされません。

    Linux OS および Mac OS の場合、Archive Manager はサポートされません。

    Mac OS の場合は、DiskImageMounter を使用できます。
    Ubuntu 14.04 の場合は、Disk Image Mounter を使用できます。
    SUSE 12 OS の場合は、ターミナルを使用できます。
    $ sudo mkdir mount_dir
    $ sudo mount -o loop VMware-vCSA-all-version_number-build_number.iso mount_dir
    
    重要: MacOS Catalina のセキュリティ面が変更されたため、コンピュータのセキュリティ設定を変更して、vCenter Server のデプロイを完了する必要があります。セキュリティ設定を変更せずに MacOS Catalina でインストーラを実行すると、vCenter Server インストーラが次のエラーを報告します: ovftool cannot be opened because the developer cannot be verified。詳細については、ナレッジベースの記事 KB 79416 を参照してください。

次のタスク

readme.txt ファイルを開き、vCenter Server アプライアンスの ISO イメージ内にあるその他のファイルとディレクトリに関する情報を確認します。

vSphere ネットワーク上の時刻の同期

vSphere ネットワーク上のすべてのコンポーネントの時刻が同期されていることを確認します。vSphere ネットワークの物理マシンの時刻が同期されていなければ、時刻に依存する SSL 証明書と SAML トークンは、 ネットワーク上のマシン間の通信で有効と認識されないことがあります。

時刻が同期されていないと認証に問題が発生し、インストールに失敗したり、vCenter Servervmware-vpxd サービスが起動しないことがあります。

vSphere での時間の不整合によって、環境内のコンポーネントの初期起動がさまざまなサービスで失敗する場合があります。どのサービスが失敗するかは、環境内のどこで時刻が正確でないかと、いつ時刻が同期されるかによって決まります。問題がよく発生するのは、対象 vCenter Server のターゲット ESXi ホストが NTP または PTP と同期されていない場合です。同様に、ターゲット vCenter Server を、別の時刻に設定されている ESXi ホストに移行する場合にも、完全に自動化された DRS のために問題が発生することがあります。

時刻同期の問題を回避するには、vCenter Server インスタンスのインストール、移行、またはアップグレードの前に、次のことが正しくできていることを確認します。

  • 対象 vCenter Server がデプロイされるターゲット ESXi ホストは、NTP または PTP と同期されます。

  • ソース vCenter Server を実行している ESXi ホストが NTP または PTP と同期されます。

  • vSphere 6.7 から vSphere 8.0 へのアップグレードまたは移行で、vCenter Server Appliance が外部の Platform Services Controller に接続されている場合は、外部の Platform Services Controller を実行している ESXi ホストが NTP または PTP と同期されていることを確認します。

  • vSphere 6.7 から vSphere 8.0 へのアップグレードまたは移行では、移行元の vCenter Server または vCenter Server Appliance と外部 Platform Services Controller の時刻が正しいことを確認します。

vCenter Server が実行されるすべての Windows ホスト マシンが、ネットワーク タイム サーバ (NTP サーバ)によって同期されていることを確認します。詳細については、VMware のナレッジベースの記事 (https://kb.vmware.com/s/article/1318) を参照してください。

ESXi の時刻を NTP サーバまたは PTP サーバと同期するため、VMware Host Client を使用できます。ESXi ホストの時刻設定を編集する方法については、『vSphere 単一ホスト管理 - VMware Host Client』ドキュメントのトピック「VMware Host Client での ESXi ホストの時刻構成の編集」を参照してください。

vCenter Server の時刻同期設定を変更する方法については、『 vCenter Server の構成』ドキュメントの「システムのタイム ゾーンおよび時刻同期の設定の構成」を参照してください。

vSphere Client を使用してホストの時刻構成を編集する方法については、『vCenter Server およびホスト管理』ドキュメントのトピック「ホストの時刻設定の編集」を参照してください。

既存の vCenter Server Appliance からのデータ転送

既存の vCenter Server Appliance 外部データベースから、vCenter Server 8.0 で使用されている組み込みの PostgreSQL データベースにデータを転送できます。

Windows ベースの vCenter Server のアップグレードと vCenter Server Appliance の移行は両方とも、動作に必要な最小限のデータ量をコピーできるため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。その後、残りのデータを外部データベースから組み込みの PostgreSQL データベースにバックグラウンドでコピーできるため、デプロイの履歴イベント データおよびパフォーマンス データが保持されます。

外部データベースから、 vCenter Server Appliance のバージョン 8.0 で使用される組み込みの PostgreSQL データベースに移行できるデータの種類は次のとおりです。
設定データ
動作可能な状態の vCenter Server Appliance にアップグレードまたは移行するために、既存の vCenter Server Appliance 外部データベースから転送する必要のある、最小限のデータの種類です。このデータは比較的短い時間で転送でき、 vCenter Server 8.0 へのアップグレード時のダウンタイムを最小限に抑えることができます。
設定データと履歴データ
設定データに加えて、使用量の統計、イベント、タスクなどの履歴データを転送できます。 vCenter Server インストーラには、設定データと履歴データの両方を一度にコピーするオプションや、アップグレード プロセス時に設定データのみをコピーするオプションが用意されています。設定データのみをコピーした場合は、新しい vCenter Server を起動してから、バックグラウンドで履歴データをコピーすることができます。
注目: すべてのデータを一度にコピーする場合は、 vCenter Server 8.0 内の組み込みの PostgreSQL データベースにすべてのデータが転送されるまで、 vCenter Server を起動できません。
設定データ、履歴データ、およびパフォーマンス メトリック データ
最大量のデータが vCenter Server に転送されます。アップグレード プロセス時に設定データのみをコピーし、 vCenter Server 8.0 へのアップグレードまたは移行が終了した後に、履歴データとパフォーマンス データをバックグラウンドでコピーできます。
外部データベースを使用する次の vCenter Server バージョンから vCenter Server Appliance 内の組み込みの PostgreSQL データベースにアップグレードまたは移行した後、アップグレードまたは移行した後に、履歴データを転送できます。
注: アップグレードまたは移行後に、外部データベースから組み込みの PostgreSQL データベースにデータを転送できるのは、バックグラウンドでのみです。アップグレードまたは移行後に、組み込みの PostgreSQL データベースから別の組み込み PostgreSQL データベースにデータを転送することはサポートされていません。
表 2. アップグレードまたは移行後のデータ転送における vCenter Server データベースのサポート
vCenter Server バージョン データベース データ転送における vCenter Server Appliance8.0 のサポート
vCenter Server Appliance 6.7 組み込みの PostgreSQL データベース サポート対象外
vCenter Server for Windows 6.7 外部 Oracle または MS SQL データベース サポート
組み込みの PostgreSQL データベース サポート対象外
vCenter Server Appliance 7.0 組み込みの PostgreSQL データベース サポート対象外
vCenter Server for Windows 7.0 外部 Oracle または MS SQL データベース サポート
組み込みの PostgreSQL データベース サポート対象外

履歴データ移行の監視と管理

vCenter Server 管理インターフェイスを使用して、履歴データのバックグラウンド移行を監視および管理できます。次のデータ管理タスクを実行できます。
  • データ移行の進行状況を監視する。
  • データのインポートを一時停止する。
  • データのインポートをキャンセルする。
    重要: データのインポートをキャンセルすると、履歴データは組み込みの PostgreSQL データベースにインポートされません。データのインポート操作をキャンセルした場合、データをリカバリすることはできません。データのインポートをキャンセルし、後で履歴データをインポートする場合は、GUI インストーラのステージ 1 からアップグレードまたは移行プロセスを再開する必要があります。

履歴データ移行の監視と管理を参照してください。

vCenter Server Appliance のアップグレードのための ESXi ホストの準備

vCenter Server8.0 にアップグレードする前に、ESXi ホストを準備する必要があります。

前提条件

vCenter Server Appliance をアップグレードするには、ご使用の ESXi ホストがアップグレードの要件を満たしている必要があります。

  • ESXi ホストのバージョンは 6.7 以降である必要があります。ESXi の互換性の詳細については、VMware 互換性ガイドを参照してください。
  • ソースとターゲットの ESXi ホストが、ロックダウン モードやメンテナンス モードになっていないこと、また完全に自動化された DRS クラスタに属していないことが必要です。
  • ご利用の環境の、認証局 (CA) によって署名された SSL 証明書を確認します。vSphere 環境で CA によって署名された SSL 証明書を手動で確認する方法については、ナレッジベースの記事 KB2111411 を参照してください。

手順

  1. カスタムまたはサムプリントの証明書を使用する場合、「ESXi ホストのアップグレードと証明書」を参照して、準備手順を決定します。
  2. vSphere HA クラスタを使用する場合、SSL 証明書の確認を有効にする必要があります。
    ESXi ホストのアップグレード時に証明書のチェックが有効になっていないと、vSphere HA はホスト上で構成に失敗します。
    1. vSphere Client インベントリ ツリーで vCenter Server Appliance インスタンスを選択します。
    2. [設定] タブを選択し、[設定][全般] を選択します。
    3. [編集] をクリックします。
    4. [SSL 設定] を選択します。
      [vCenter Server には検証済みのホスト SSL 証明書が必要です] が選択されていることを確認します。

結果

ESXi ホストで、vCenter Server Appliance のアップグレードの準備が整いました。

ESXi ホストのアップグレードと証明書

ESXi ホストを ESXi 6.7 以降にアップグレードすると、アップグレード プロセスで自己署名(サムプリント)証明書が VMware 認証局 (VMCA) 署名付き証明書に置き換えられます。ESXi ホストがカスタムの証明書を使用している場合は、証明書が期限切れまたは無効であっても、アップグレード プロセスではその証明書が保持されます。

推奨されるアップグレード ワークフローは、使用している証明書によって異なります。

サムプリント証明書を使用してプロビジョニングされたホスト

ホストでサムプリント証明書が使用されている場合、アップグレード プロセスの一部として VMCA 証明書が自動的に割り当てられます。

注: VMCA 証明書を使用してレガシー ホストをプロビジョニングすることはできません。これらのホストは ESXi 6.7 以降にアップグレードする必要があります。

カスタムの証明書を使用してプロビジョニングされたホスト

カスタムの証明書(通常はサードパーティの CA 署名付き証明書)を使用してホストがプロビジョニングされている場合、アップグレード プロセスでこれらの証明書は維持されます。証明書の更新時に誤って置き換えられないように、証明書モードを [カスタム] に変更してください。

注: VMCA モードの環境の場合、 vSphere Client から証明書を更新すると、既存の証明書が VMCA で署名された証明書に置き換えられます。

その後、vCenter Server によって証明書が監視され、証明書の有効期限などの情報が vSphere Client に表示されます。

Auto Deploy でプロビジョニングされたホスト

Auto Deploy でプロビジョニングされるホストでは、ESXi 6.7 以降のソフトウェアを最初に起動したときに常に新しい証明書が割り当てられます。Auto Deploy でプロビジョニングされたホストをアップグレードする場合、Auto Deploy サーバによってホストの証明書署名要求 (CSR) が生成され、VMCA に送信されます。VMCA には、ホストの署名証明書が保存されています。Auto Deploy サーバがホストをプロビジョニングすると、VMCA から証明書を取得し、プロビジョニング プロセスの一部としてその証明書を含めます。

Auto Deploy は、カスタム証明書とともに使用できます。

ESXi 証明書モードの変更

企業ポリシーに沿ってカスタム証明書を使用する必要がある場合を除き、VMware Certificate Authority (VMCA) を使用して環境内に ESXi ホストをプロビジョニングします。カスタム証明書を別のルート CA と一緒に使用するには、vCenter Server 詳細設定の vpxd.certmgmt.mode を編集します。変更後に証明書を更新すると、ホストは VMCA 証明書で自動的にはプロビジョニングされなくなります。ユーザーが使用環境で証明書を管理します。

vCenter Server 詳細設定を使用して、サムプリント モードまたはカスタム CA モードに変更できます。サムプリント モードは、フォールバック オプションとしてのみ使用します。

手順

  1. vSphere Client で、ホストを管理している vCenter Server システムを選択します。
  2. [構成] をクリックし、[設定] で [詳細設定] をクリックします。
  3. [設定の編集] をクリックします。
  4. [名前] 列で [フィルタ] アイコンをクリックし、[フィルタ] ボックスに vpxd.certmgmt と入力して、証明書管理パラメータのみを表示します。
  5. 独自の証明書を管理する場合は vpxd.certmgmt.mode の値を [custom] に変更し、一時的にサムプリント モードを使用する場合は [thumbprint] に変更して、[保存] をクリックします。
  6. vCenter Server サービスを再起動します。
    サービスの再起動の詳細については、 vCenter Server の構成のドキュメントを参照してください。

新しいアプライアンスの Oracle データベース サイズとストレージ サイズの特定

Windows で外部の Oracle データベースを使用する vCenter Server Appliance のアップグレードや vCenter Server の移行を行う前に、既存のデータベース サイズを特定する必要があります。既存のデータベースのサイズに基づいて、組み込みの PostgreSQL データベースを使用して、新しい vCenter Server Appliance データベースの最小ストレージ サイズを計算できます。

スクリプトを実行して、Oracle のコア テーブルのサイズ、イベントおよびタスク テーブルのサイズ、統計テーブルのサイズを特定します。Oracle のコア テーブルは、PostgreSQL データベースのデータベース (/storage/db) パーティションに相当します。Oracle のイベントおよびタスク テーブルと統計テーブルは、PostgreSQL データベースの統計、イベント、アラーム、およびタスク (/storage/seat) パーティションに相当します。

アプライアンスのアップグレード時、新しいアプライアンス用に、Oracle のテーブル サイズの 2 倍以上あるストレージ サイズを選択する必要があります。

アプライアンスのアップグレード時に、新しいアプライアンスに転送するデータのタイプを選択できます。新しいアプライアンスのアップグレード時間とストレージ要件を最小限に抑えるには、構成データのみを転送するように選択します。

前提条件

vCenter Server データベースのログイン認証情報が必要です。

手順

  1. vCenter Server データベース ユーザーで SQL*Plus セッションにログインします。
  2. 次のスクリプトを実行して、コア テーブルのサイズを特定します。
    SELECT ROUND(SUM(s.bytes)/(1024*1024)) SIZE_MB
      FROM   user_segments s
      WHERE  (s.segment_name,s.segment_type)
                    IN (SELECT seg_name, seg_type FROM
                             (SELECT t.table_name seg_name, t.table_name tname,
                               'TABLE' seg_type
                               FROM   user_tables t
                              UNION
                              SELECT i.index_name, i.table_name,
                              'INDEX'
                               FROM   user_indexes i
                             ) ti
                        WHERE  (ti.tname LIKE 'VPX_%'
                                OR ti.tname LIKE 'CL_%'
                                OR ti.tname LIKE 'VDC_%')
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_SAMPLE_TIME%'
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_HIST_STAT%'
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_TOPN%'
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_SDRS_STATS_VM%'
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_SDRS_STATS_DATASTORE%'
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_TASK%'
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_EVENT%'
                            AND ti.tname NOT LIKE 'VPX_PROPERTY_BULLETIN%');
    スクリプトによって、データベース ストレージ サイズ(MB 単位)が返されます。
  3. 次のスクリプトを実行して、イベントおよびタスク テーブルのサイズを特定します。
    SELECT ROUND(SUM(s.bytes)/(1024*1024)) SIZE_MB
    FROM   user_segments s
    WHERE  (s.segment_name,s.segment_type)
                 IN (SELECT seg_name, seg_type FROM
                          (SELECT t.table_name seg_name, t.table_name tname,
                            'TABLE' seg_type
                            FROM   user_tables t
                           UNION
                           SELECT i.index_name, i.table_name,
                           'INDEX'
                            FROM   user_indexes i
                          ) ti
                     WHERE
                        ti.tname LIKE 'VPX_TASK%'
                     OR ti.tname LIKE 'VPX_EVENT%');
    スクリプトによって、イベントおよびタスク ストレージのサイズ(MB 単位)が返されます。
  4. 次のスクリプトを実行して、統計テーブルのサイズを特定します。
    SELECT ROUND(SUM(s.bytes)/(1024*1024)) SIZE_MB
    FROM   user_segments s
    WHERE  (s.segment_name,s.segment_type)
                 IN (SELECT seg_name, seg_type FROM
                          (SELECT t.table_name seg_name, t.table_name tname,
                            'TABLE' seg_type
                            FROM   user_tables t
                           UNION
                           SELECT i.index_name, i.table_name,
                           'INDEX'
                            FROM   user_indexes i
                          ) ti
                     WHERE
                        ti.tname LIKE 'VPX_SAMPLE_TIME%'
                     OR ti.tname LIKE 'VPX_TOPN%'
                     OR ti.tname LIKE 'VPX_TASK%'
                     OR ti.tname LIKE 'VPX_EVENT%'
                     OR ti.tname LIKE 'VPX_HIST_STAT%');
    スクリプトによって、統計のストレージ サイズ(MB 単位)が返されます。
  5. アップグレード時に、デプロイする新しいアプライアンスの最小ストレージ サイズを計算します。
    1. 組み込みの PostgreSQL データベースのデータベース (/storage/db) パーティションのサイズは、手順 2で返された Oracle のコア テーブルのサイズの 2 倍以上にする必要があります。
    2. 組み込みの PostgreSQL データベースの統計、イベント、アラーム、およびタスク (/storage/seat) パーティションは、手順 3および手順 4で返された Oracle のイベントおよびタスク テーブルと統計テーブルのサイズの合計の 2 倍以上にする必要があります。
    たとえば、Oracle のコア テーブルが 100 MB、イベントおよびタスク テーブルが 1,000 MB、統計テーブルが 2,000 MB の場合は、Postgres /storage/db パーティションは 200 MB 以上に、 /storage/seat パーティションは 6,000 MB 以上にする必要があります。

ソース Update Managerマシンでの VMware 移行アシスタントのダウンロードと実行

外部の Update Managerを使用する vCenter Server Appliance をアップグレードする際は、Migration AssistantがソースUpdate Manager マシンで実行されている必要があります。この手順では、アップグレードの前に Migration Assistantを手動でダウンロードして実行する方法を説明します。

Migration Assistantを使用すると、アップグレードされた新しい vCenter Server Appliance への Update Manager サーバとデータベースの移行が容易になります。 Migration Assistantはデフォルトでポート 9123 を使用します。ポート 9123 が Update Managerマシン上の他のサービスで使用されている場合は、 Migration Assistant によって別の使用可能な空きポートが自動的に検出されます。

または、CLI インストーラを使用して vCenter ServerAppliance をアップグレードする場合は、source.vum section セクションとrun.migration.assistant サブセクションを JSON テンプレートに追加できます。CLI アップグレード構成パラメータの詳細については、vCenter Server Appliance の CLI アップグレード用構成パラメータのアップグレードを参照してください。

前提条件

手順

  1. vCenter ServerAppliance インストーラ パッケージから、migration-assistant ディレクトリをソース Update Manager マシンにコピーします。
  2. migration-assistant ディレクトリで、VMware-Migration-Assistant.exe をダブルクリックし、vCenter Single Sign-On 管理パスワードを入力します。
  3. vCenter ServerAppliance のアップグレードが完了するまで移行アシスタント ウィンドウを開いたままにしておきます。

結果

事前チェックが完了し、すべてのエラーが解決されると、ソース Update Managerシステムのアップグレード準備が整います。

注意: 移行アシスタント ウィンドウを閉じると、アップグレード プロセスが停止します。