vCenter Server Appliance 7.0 または 6.7 をバージョン 8.0 にアップグレードできます。アップグレードに必要なすべてのインストール ファイルは、VMware Web サイトからダウンロードできる vCenter Server インストーラに含まれています。

vCenter Server Appliance のアップグレードとは、古いバージョンを新しいバージョンに移行することです。これには、バージョン 8.0 の新しい vCenter Server Appliance のデプロイが含まれます。新しいアプライアンスは、ESXi ホスト 6.7 以降または vCenter Server インスタンス 6.7 以降のインベントリにデプロイできます。古いアプライアンスから新しくデプロイしたアプライアンスへの構成およびサービス データの移行を容易にするために、新しいアプライアンスに一時的な IP アドレスを割り当てます。移行後、古いアプライアンスの IP アドレスとホスト名を、バージョン 8.0 のアップグレードされた新しいアプライアンスに適用します。アップグレードの最後に、一時 IP アドレスを開放し、古いアプライアンスの電源をオフにします。

vCenter Server のバージョン 8.0 では、組み込みの PostgreSQL データベースが使用されます。アップグレード時、データベース サイズに適した新しいアプライアンスのストレージ サイズを選択する必要があります。

vCenter Server8.0 は、ESXi 7.0 ホストを使用したクラスタのライフサイクル管理を一元化して簡素化できる、組み込みの vSphere Lifecycle Manager サービスを使用します。vSphere 8.0vSphere Lifecycle Manager には、以前の vSphere リリースで Update Manager により提供されていた、ホストのアップグレードとパッチ適用の操作、および仮想マシンのハードウェアおよび VMware Tools のアップグレードに関する機能が含まれています。

vCenter Server Appliance をアップグレードする場合、または Windows 上で実行されている外部 Update Manager インスタンスを使用する vCenter Server を移行する場合は、vSphere 8.0 では、外部の Update Manager インスタンスが、アップグレードされた新しい vSphere Lifecycle Manager Appliance の組み込みの vCenter Server 拡張サービスに移行されます。

組み込みの VMware Update Manager インスタンスを使用する vCenter Server Appliance をアップグレードする場合、vSphere 7.0 構成では、組み込みの VMware Update Manager インスタンスが、アップグレードされた新しい vCenter Server Appliance の組み込みの vSphere Lifecycle Manager 拡張サービスにアップグレードされます。組み込みの VMware vSphere Update Manager Extension では、組み込みの PostgreSQL データベースが使用されます。アップグレードの前に、ソースの Update Manager インスタンスで Migration Assistant を実行する必要があります。

vCenter Server8.0 に含まれるソフトウェアについては、『vCenter Server のインストールとセットアップ』を参照してください。

注: 外部の Platform Services Controller インスタンスを使用するトポロジの場合、 Platform Services ControllervCenter Server 8.0 へのアップグレード中に統合されます。アップグレードが正常に完了すると、外部の Platform Services Controller がパワーオフされて vSphere インベントリから削除されます。 Platform Services Controllerの廃止を参照してください。

vCenter Server のインストーラには、GUI と CLI の両方のアップグレード用の実行ファイルが含まれ、いずれかを使用することができます。

注: 外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server 展開環境は、今後の vSphere リリースではサポート対象外となる予定です。 vCenter Server 展開環境への展開またはアップグレードには、組み込みの Platform Services Controller を使用してください。詳細については、ナレッジベースの記事 KB60229 を参照してください。
  • GUI を使用したアップグレード プロセスは 2 つのステージで構成されます。最初のステージでは、デプロイ ウィザードを使用して新しいアプライアンスの OVA ファイルをターゲットの ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスにデプロイします。OVA のデプロイが終了すると、プロセスの 2 番目のステージにリダイレクトされます。このステージでは、サービスおよび構成データを設定し、古いアプライアンスからデプロイされた新しいアプライアンスに転送します。
  • CLI を使用してアップグレードする場合は、事前に用意した JSON ファイルに対して CLI コマンドを実行します。CLI 用インストーラにより、JSON ファイル内の設定パラメータと値が解析され、新しいアプライアンスをデプロイする OVF Tool コマンドが生成されます。また、OVF Tool コマンドは、古いアプライアンスから新しいアプライアンスにサービスおよび設定データを転送します。

vCenter Server および Platform Services Controller アプライアンスのアップグレード要件については、「新しい vCenter Server アプライアンスのシステム要件」を参照してください。

重要: アップグレードするアプライアンスが IPv4 と IPv6 が混在する環境で構成されている場合、IPv4 の設定のみが保持されます。混在モードの IPv4 および IPv6 環境でのネットワーク設定の転送については、 IPv4 と IPv6 混在のアップグレードと移行を参照してください。

vCenter Server Appliance を ESXi ホストに直接デプロイしている場合は、非短期分散仮想ポート グループはサポートされず、表示されません。アップグレード後に、アプライアンスを元の非短期の分散仮想ポート グループに手動で接続できます。この制限は、vCenter Server を使用してアプライアンスをデプロイする場合には適用されません。短期または非短期の分散仮想ポート グループにアプライアンスをデプロイすることができます。

vCenter Server Appliance バージョン 6.5 以前をアップグレードするには、まずバージョン 6.7 または 7.0 にアップグレードしてからバージョン 8.0 にアップグレードする必要があります。vCenter Server Appliance 6.5 からバージョン 6.7 へのアップデートの詳細については、VMware vSphere 6.7 のドキュメントを参照してください。vCenter Server Appliance 6.5 からバージョン 7.0 へのアップグレードの詳細については、VMware vSphere 7.0 のドキュメントを参照してください。vCenter Server のアップグレードに関する互換性の詳細については、VMware 互換性ガイドを参照してください。

vCenter Server のデプロイの詳細については、vCenter Server のインストールとセットアップ を参照してください。

vCenter Server の構成の詳細については、vCenter Server の構成 を参照してください。