vCenter Server Appliance のアップグレードを成功させるには、アップグレード プロセスを始める前に、次の必須タスクと事前チェックを実行する必要があります。

全般的な前提条件

ターゲット システムの前提条件

  • システムがソフトウェアおよびハードウェアの最小要件を満たしていることを確認します。新しい vCenter Server アプライアンスのシステム要件を参照してください。
  • ESXi ホストに新しいアプライアンスをデプロイする場合は、ターゲットの ESXi ホストが、ロックダウンまたはメンテナンス モードでないことを確認します。
  • vCenter Server が管理する ESXi ホストで新しいアプライアンスをデプロイする予定がある場合は、クラスタの Distributed Resource Scheduler (DRS) 設定を確認します。ターゲットの ESXi ホストが存在するクラスタの DRS 設定が、完全自動化用に構成されていないことを確認してください。自動化レベルを手動または一部自動化に設定します。自動化レベルにより、アップグレード プロセスでターゲットの ESXi ホストが再起動されなくなります。
  • vCenter Server インスタンスのインベントリの DRS クラスタで新しいアプライアンスをデプロイする場合、クラスタに、少なくとも 1 台、ロックダウンまたはメンテナンス モードでない ESXi ホストが含まれていることを確認します。
  • vCenter Server インスタンスのインベントリの DRS クラスタに新しいアプライアンスをデプロイする場合、そのクラスタが完全自動化されていないことを確認します。

ソース システムの前提条件

  • アップグレード中にソースおよびターゲットの仮想マシンが移動されないようにするために、クラスタに対して DRS が手動に設定されていることを確認してください。
  • アップグレード対象の vCenter Server アプライアンスのポート 22 が開いていることを確認します。アップグレード プロセスは、ソースの vCenter Server Appliance からエクスポートされるデータをダウンロードするため、インバウンド SSH 接続を確立します。
  • 外部 Update Manager で構成された vCenter Server Appliance をアップグレードする場合は、ソースの Update Manager コンピュータで移行アシスタントを実行します。

    GUI アップグレードの場合は、移行アシスタントを手動で実行する必要があります。ソース Windows マシンでの VMware Migration Assistantのダウンロードと実行を参照してください。

    CLI アップグレードの場合は、移行アシスタントを手動または自動で実行できます。移行アシスタントを自動実行するには、source.vum section セクションと run.migration.assistant サブセクションを JSON テンプレートに追加します。vCenter Server Appliance の CLI アップグレード用構成パラメータのアップグレードを参照してください。

  • アップグレード対象のアプライアンスが配置されているソース ESXi ホストのポート 443 が開いていることを確認します。アップグレード プロセスは、ソース ESXi ホストとの HTTPS 接続を確立し、ソース アプライアンスのアップグレード準備が整っていることを確認して、新しいアプライアンスと既存のアプライアンス間の SSH 接続を設定します。
    注: アップグレードの際に、 vCenter Server の一時インスタンスでは、 vCenter Server の永続インスタンスと同一の、ポート 443 へのアクセス権が必要になります。環境内のすべてのファイアウォールで、 vCenter Server の一時と永続の両インスタンスに対してポート 443 へのアクセスが許可されていることを確認します。
  • アップグレード対象のアプライアンスに、アップグレード用データの格納に十分な未使用のディスク容量があることを確認します。
  • アップグレード プロセスで障害が発生した場合に備え、アップグレードする vCenter Server Appliance のイメージベースのバックアップ(スナップショット)を作成します。外部 Platform Services Controller を使用して vCenter Server Appliance をアップグレードする場合は、Platform Services Controller アプライアンスのイメージベースのバックアップも作成します。
    重要: 拡張リンク モード環境でアップグレード前のイメージベースのバックアップを作成するには、環境内のすべての vCenter Server ノードと Platform Services Controller ノードをパワーオフし、各ノードをバックアップします。すべてのノードのバックアップを作成したら、それらを再起動してアップグレード手順を続行できます。

    アップグレードが失敗した場合は、新しくデプロイされた vCenter Server アプライアンスを削除し、それぞれのバックアップから vCenter Server および Platform Services Controller ノードをリストアします。環境内のすべてのノードをバックアップからリストアする必要があります。この操作が失敗すると、レプリケーション パートナーがリストアされたノードと同期されなくなります。

    イメージベースのバックアップの詳細については、『vCenter Server のインストールとセットアップ』の「vCenter Server 環境のイメージベース バックアップとリストア」を参照してください。

  • 外部のデータベースを使用している場合は、新しいアプライアンスのデータベース サイズと最小ストレージ サイズを決めます。新しいアプライアンスの Oracle データベース サイズとストレージ サイズの特定を参照してください。
  • 環境で外部データベースを使用している場合は、外部 vCenter Server Appliance のデータベースをバックアップする必要があります。

ネットワークの前提条件

  • アップグレードするアプライアンスが配置されているソースの ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスに、新しいアプライアンスを接続できることを確認します。
  • アプライアンスの一時的なネットワーク設定に、固定 IP アドレスおよび FQDN をシステム名として割り当てる場合は、IP アドレス用に DNS レコードの正引きおよび逆引きが構成されていることを確認します。
  • 新しい vCenter Server Appliance の一時的なネットワーク設定に DHCP IP アドレスを割り当てる場合は、新しいアプライアンスをデプロイする ESXi ホストが、既存の vCenter Server Appliance が実行する ESXi ホストと同じネットワークにあることを確認してください。
  • 新しい vCenter Server Appliance の一時的なネットワーク設定に DHCP IPv4 アドレスを割り当てる場合は、新しいアプライアンスをデプロイする ESXi ホストが、MAC アドレスの変更を受け入れるポート グループに関連付けられたネットワークに、少なくとも 1 つ接続されていることを確認します。分散仮想スイッチのデフォルトとして、MAC アドレスの変更を拒否するセキュリティ ポリシーを設定することを検討します。スイッチまたはポート グループのセキュリティ ポリシーを設定する方法については、『vSphere のネットワーク』を参照してください。