vSphere with Tanzu 環境内の ESXi ホストに NVIDIA GRID GPU グラフィック デバイスが 1 つ以上搭載されている場合は、NVIDIA GRID 仮想 GPU (vGPU) テクノロジーを使用するように仮想マシンを構成できます。パススルー モードで仮想マシンを使用できるように ESXi ホスト上の他の PCI デバイスを構成することもできます。

NVIDIA GRID GPU
NVIDIA GRID GPU グラフィック デバイスは、複雑なグラフィック操作を最適化し、CPU に過大な負荷をかけずに高パフォーマンスで動作するように設計されています。NVIDIA GRID vGPU は、単一の物理 GPU を個別の vGPU 対応パススルー デバイスとして複数の仮想マシンで共有することにより、比類のないグラフィック パフォーマンス、費用対効果、およびスケーラビリティを提供します。

仮想マシンに NVIDIA vGPU を構成するときは、vGPU 用の PCI デバイスを仮想マシン クラスに追加します。

NVIDIA vGPU を使用するときは次の考慮事項が適用されます。
  • 仮想マシン サービスで管理される vGPU デバイスを備えた仮想マシンは、ESXi ホストがメンテナンス モードになると自動的にパワーオフされます。このことが、仮想マシンで実行されているワークロードに一時的に影響する可能性があります。ホストがメンテナンス モードを終了すると、仮想マシンは自動的にパワーオンされます。
  • 3 ゾーン スーパーバイザー は、vGPU を使用する仮想マシンをサポートしていません。
動的 DirectPath I/O
動的 DirectPath I/O を使用すると、仮想マシンはホストに接続されている物理 PCI および PCIe デバイスに直接アクセスできます。

動的 DirectPath I/O を使用して、複数の PCI パススルー デバイスを仮想マシンに割り当てることができます。各パススルー デバイスは、PCI ベンダーおよびデバイス識別子で指定できます。

前提条件

  • ホスト マシンがサポートされていることをVMware 互換性ガイドで確認した後、ホストが電源および構成の要件を満たしていることをベンダーに問い合わせて確認します。ESXi ホストに PCI デバイスをインストールします。
  • NVIDIA vGPU を構成するには、次の前提条件に従います。
    • vSphere バージョン 7.0 Update 3 以降を使用します。
    • [直接共有] モードの 1 つ以上のデバイスを使用するように ESXi ホストのグラフィック設定を構成します。『vSphere のリソース管理』ドキュメントのホスト グラフィックの構成を参照してください。
    • NVIDIA vGPU ソフトウェアをインストールします。NVIDIA は、次のコンポーネントを含む vGPU ソフトウェア パッケージを提供します。

      詳細については、該当する NVIDIA 仮想 GPU ソフトウェア ドキュメントを参照してください。

  • PCI パススルー デバイスに動的 DirectPath I/O を構成するには、次の前提条件に従います。
  • 必要な権限:
    • 名前空間.クラスタ全体の構成の変更
    • 名前空間.名前空間構成の変更
    • 仮想マシン クラス.仮想マシン クラスの管理

手順

  1. 既存の仮想マシン クラスを作成または編集するときは、PCI デバイスを追加します。
    オプション 操作
    新しい VM クラスの作成
    1. vSphere Client ホーム メニューから、[ワークロード管理] を選択します。
    2. [サービス] タブをクリックし、[VM サービス] ペインで [管理] をクリックします。
    3. [VM サービス] 画面で [VM クラス] をクリックして、[VM クラスの作成] をクリックします。
    4. [構成] 画面で、仮想マシン クラスの全般的な属性を指定します。vSphere with Tanzu での仮想マシン クラスの属性を参照してください。

      メモリ リソース予約の値が 100% に設定されていることを確認します。

    5. PCI デバイスを追加するには、[構成] 画面の [PCI デバイス] ドロップダウン メニューから [はい] を選択して、[次へ] をクリックします。
    仮想マシン クラスの編集
    1. vSphere Client ホーム メニューから、[ワークロード管理] を選択します。
    2. [サービス] タブをクリックし、[VM サービス] ペインで [管理] をクリックします。
    3. [VM サービス] 画面で [VM クラス] をクリックします。
    4. 既存の仮想マシン クラスのペインで、[管理] をクリックして [編集] をクリックします。

      メモリ リソース予約の値が 100% に設定されていることを確認します。

    5. PCI デバイスを追加するには、[構成] 画面の [PCI デバイス] ドロップダウン メニューから [はい] を選択して、[次へ] をクリックします。
  2. [PCI デバイス] 画面で [PCI デバイスの追加] メニューを展開し、アクセス タイプと他の適切なオプションを選択して、[次へ] をクリックします。
    オプション 操作
    NVIDIA GRID vGPU 次のオプションを指定します。
    • [モデル]。物理デバイスの名前。ホストで使用可能なデバイスのリストからデバイスを選択します。
    • [GPU 共有]。仮想マシン間での物理 GPU の共有方法を示します。たとえば、[時刻の共有] などがあります。
    • [GPU モード]。仮想マシンの GPU モード。たとえば、[コンピューティング] は、高パフォーマンス コンピューティング アプリケーション用に最適化された構成です。[Workstation] は、グラフィックを多用するワークロードに使用されます。
    • [GPU メモリ]。仮想マシンあたりの最小 GPU メモリ (GB)。
    • [vGPU の数]。仮想マシンあたりの vGPU デバイス数。
    動的 DirectPath I/O [PCI デバイス] リストで、ベンダー、モデル名、またはハードウェア ラベルを使用して PCI パススルー デバイスを選択します。
  3. [確認] 画面で詳細を確認して、[完了] をクリックします。

結果

仮想マシン クラスのペインに [GPU] タグが表示されている場合は、仮想マシン クラスが GPU 対応となっています。