このワークフローに従い、Tanzu CLI を使用して スーパーバイザー に v1beta1 TKG クラスタをプロビジョニングします。

前提条件

プロビジョニング ワークフローを開始する前に、次の前提条件を確認し、必要な手順を実施します。

デフォルトの TKG クラスタのプロビジョニング

Tanzu CLI を使用してデフォルトの v1beta1 クラスタをプロビジョニングするには、次の手順を実行します。その他のガイダンスやトラブルシューティングについては、スタンドアローン TKG のドキュメントの「 ワークロード クラスタの作成」を参照してください。
  1. Tanzu CLI をインストールします。

    スーパーバイザー上の TKG クラスタで使用するための Tanzu CLI のインストールを参照してください。

  2. Tanzu CLI を使用して スーパーバイザー に接続します。
  3. ターゲット vSphere 名前空間 を取得します。
    tanzu namespaces get
  4. 使用可能な TKR を一覧表示します。
    tanzu kubernetes-release get
  5. 目的の構成を持つクラスタ マニフェストを作成します。

    vSphere 8 スーパーバイザー 上の TKG では、Tanzu CLI で Kubernetes 形式のオブジェクト仕様を使用して、ClusterClass に基づいてクラスタを作成できます。

    1. まず、v1beta1 の例:デフォルト クラスタを開始します。
    2. spec.clusterNetwork に必要な cidrBlocks をポピュレートします。
    3. 表にリストされている予期される値を spec.topology にポピュレートします。
      • TKR バージョンの文字列(v1.25.7+vmware.3-fips.1-tkg.1 など)
      • 制御プレーン ノードの数(3 など)
      • 各ワーカー ノード プールの名前(node-pool-1 など)。
      • ワーカー ノードの数(3 など)。
      • 仮想マシン クラス(guaranteed-medium など)
      • ストレージ クラス(tkg2-storage-policy など)
  6. クラスタ マニフェストを cluster-default.yaml として保存し、YAML チェッカーを使用して検証します。
  7. TKG クラスタを作成します。
    tanzu cluster create -f cluster-default.yaml
    注: 詳細を出力するには、 -v 8 を追加します。
  8. TKG クラスタが作成されていることを確認します。
    Workload cluster 'cluster-default' created
  9. クラスタが作成されたら、次のコマンドを実行してクラスタのステータスを確認します。
    tanzu cluster get cluster-default
  10. クラスタを一覧表示します。
    tanzu cluster list
  11. クラスタ ノードを確認します。
    tanzu cluster machinehealthcheck node get cluster-default
    tanzu cluster machinehealthcheck control-plane get cluster-default
  12. TKG クラスタの構成コンテキストを取得します。
    tanzu cluster kubeconfig get cluster-default -n tkg2-cluster-ns
  13. クラスタにアクセスします。
    kubectl config use-context tanzu-cli-cluster-default@cluster-default
  14. テスト ポッドをデプロイして TKG 2.0 クラスタを実行し、想定どおりに動作することを確認します。

    Kubectl を使用した TKG クラスタ プロビジョニングのテストを参照してください。

スーパーバイザーでのカスタム TKG クラスタのプロビジョニング

v1beta1 の例:Calico CNI を含むクラスタ などのカスタム v1beta1 クラスタをプロビジョニングするには、例に示されているように、すべての仕様を単一の YAML に配置し、使用環境に合わせて特定の値を変更し、kubectl apply -f cluster-calico.yaml などを実行します。

Tanzu CLI を使用して同じカスタム v1beta1 クラスタをプロビジョニングするには、クラスタを作成する前に構成オブジェクト CalicoConfigClusterBootstrap が存在している必要があります。

Calico CNI を使用してクラスタをプロビジョニングするには、次の手順を実行します。
  1. CalicoConfig および ClusterBootstrap 構成オブジェクトの YAML を作成し、各 YAML で目的のクラスタ名と名前空間を指定します。
  2. 3 つの構成オブジェクトそれぞれに kubectl apply -f を実行するか、これらを 1 つの YAML に配置して kubectl apply -f を実行します。
  3. 構成オブジェクトと一致する名前および名前空間、およびその他の必要なパラメータが含まれているクラスタ仕様 cluster-calico.yaml を作成します。
  4. クラスタを作成します。
    tanzu cluster create -f cluster-calico.yaml