Horizon ポッドを Horizon Cloud にオンボーディングするこのワークフローのステップでは、precheck.sh 診断ツールを実行して、ポッドと Horizon Cloud Connector の両方ともペアリング プロセスの準備ができていることを確認します。最初に診断を実行し、システム コンポーネントおよび構成で見つかったブロックの問題を修正することにより、ポッドと Horizon Cloud のペアリングが成功する可能性を最大限に高めることができます。

注: precheck.sh 診断ツールは Horizon Cloud Connector 1.6 以降でのみ使用できます。 Horizon Cloud Connector 1.5 以前のバージョンをダウンロードしてデプロイした場合は、次の手順を無視して直接 Horizon Cloud Connector 構成ポータルを使用して Horizon ポッドと Horizon Cloud のペアリングを完了するに進みます。
precheck.sh 診断ツールは、 Horizon ポッドを Horizon Cloud と正常にペアリングするために必要なサービスとコンポーネントの健全性を検証します。さらに、ツールは以下を確認します。
  • 証明書とプロキシ設定に関連する構成が正しいこと。
  • Horizon Cloud と Connection Server の接続を確立できること。
  • Horizon Cloud Connector に SSL 関連の問題があるかどうか。

前提条件

次の項目を確認します。

手順

  1. デプロイされた Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスへの SSH セッションを開きます。
  2. 次のコマンドを使用して診断ツールを実行します。CS-FQDN をポッドの Connection Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) に置き換えます。
    /opt/vmware/bin/precheck.sh CS-FQDN

    診断ツールは、Horizon ポッドと Horizon Cloud のペアリングを妨げる問題を検出すると、次の情報をレポートします。

    • 問題のあるコンポーネントまたはサービスの名前
    • 問題のあるコンポーネントまたはサービスのステータス
    • 関連するエラー メッセージと詳細
    • コンポーネントまたはサービスを健全で準備が完了した状態に復元するために推奨される修正手順(該当する場合)
    注: 診断ツールは、予想される状態として、常に次のいずれかまたは両方を出力の一部として報告します。オンボーディング ワークフローのこの段階では、どちらの状態も正常で予想されるものです。どちらも Horizon ポッドと Horizon Cloud のペアリングをブロックしません。
    • Component/Service Name: "Cloud Broker Client Service" 
      Status: "NOT_INITIALIZED" 
      Message: Service is not initialized.

      この状況は、オプションの Universal Broker サービスに関連しています。このサービスは、「マルチクラウド割り当てのための Horizon Universal Broker のセットアップ」で説明するように、有効になるまで NOT_INITIALIZED 状態を維持します。Universal Broker が NOT_INITIALIZED 状態のままでも、Horizon ポッドを Horizon Cloud と正常にペアリングすることができます。したがって、この状態はブロックの問題を表すものではなく、無視してもかまいません。

    • Component/Service Name: "Connector Client Service" 
      Status: "FAIL" 
      Message: Connector service is initialized post on-boarding.

      初期化プロセスには Horizon Cloud への接続が必要であるため、ペアリング手順の完了後に Horizon Cloud Connector クライアント サービスが初期化されます。そのため、オンボーディング ワークフローのこの段階では FAIL 状態が予想されます。Horizon ポッドと Horizon Cloud をペアリングすると、Horizon Cloud Connector クライアント サービスが初期化され、失敗の状態がクリアされます。

  3. 診断ツールがペアリング プロセスを妨げる問題を報告した場合は、影響を受けるコンポーネントまたはサービスを調査し、推奨される修復手順を実行します。すでに説明したように、「Cloud Broker Client Service」および「Connector Client Service」のエラー状態は、ブロックの問題ではないため無視してかまいません。
    必要に応じて、手順 2 と 3 を繰り返して診断ツールを再度実行し、ペアリング プロセスを妨げるブロックの問題がツールから報告されなくなるまで問題をトラブルシューティングします。これで、 Horizon ポッドと Horizon Cloud Connector をペアリングするプロセスの準備が整いました。
    注: 診断ツールによって報告されたブロックの問題を最初にクリアせずにペアリング プロセスを試行すると、ペアリング プロセスが失敗する場合があります。
  4. Horizon Cloud Connector 構成ポータルを使用して Horizon ポッドと Horizon Cloud のペアリングを完了するの手順に従って、ポッドのオンボーディング ワークフローを続行します。