[イメージ - マルチポッド] タブを使用する場合は、[マルチポッド イメージ] ページの [仮想マシンのインポート - Marketplace] ウィザードを使用して仮想マシン (VM) を作成できます。この状況では、Microsoft Azure Marketplace のオペレーティング システム イメージを使用して仮想マシンからイメージを作成します。作成プロセスの最後で、新しいイメージが [マルチポッド イメージ] ページに表示されます。

[イメージ] タブと [イメージ - マルチポッド] タブの使用の概要については、Horizon Universal Console の [インベントリ] メニューのイメージ関連オプションを参照してください。

注:

イメージを Microsoft Azure ポッドにインポートするときは、その時点でテナントが使用できるポッドの最も低いバージョンを選択し、テナント内のすべてのポッドに公開プロセスを指示することを検討してください。

前提条件

この機能は、Microsoft Azure のすべてのポッドが Horizon Image Management Service のシステム要件で指定されたマニフェスト バージョンである場合にのみ使用できます。

手順

  1. [マルチポッド イメージ] ページで、次のいずれかの手順を実行します。
    • オンプレミスでインストールされたポッドと Microsoft Azure のポッドがある場合は、[新規] > [Azure Marketplace からの作成] をクリックします。
    • Microsoft Azure にのみポッドがある場合は、[新規] をクリックします。
  2. [インポート] ウィザードで、まずポッドに関連付けられた場所を選択し、次にその場所のポッドのリストからポッドを選択して、仮想マシンを作成するポッドを選択します。
    場所を選択すると、 [ポッド] リストの選択項目がフィルタされ、選択した場所で使用可能なポッドが表示されます。
    重要: GPU が有効なデスクトップまたはリモート アプリケーションでこのイメージを使用する予定がある場合は、GPU が有効な仮想マシン (VM) をサポートする Microsoft Azure リージョンに選択したポッドが配置されていること、および Microsoft Azure サブスクリプションが GPU が有効な仮想マシンをサポートすることを確認します。GPU が有効な仮想マシンは、一部の Microsoft Azure リージョンでのみ使用できます。詳細については、 リージョン別の Azure 製品を参照してください。
  3. ベース仮想マシンの詳細を選択します。
    オプション 説明
    オペレーティング システム イメージの基盤となる仮想マシンに使用する Microsoft Windows サーバ オペレーティング システムを選択します。VDI デスクトップのみがサポートされるため、デスクトップのオペレーティング システムのみが使用可能です。使用可能なサーバオペレーティングシステムがありません。
    注: このドロップ ダウン メニューの項目が入力されるまでにはしばらく時間がかかります。
    GPU を含める GPU が有効なイメージを指定するには、このトグルを有効にします。
    • このオプションは、Windows 7 オペレーティング システムではサポートされていません。したがって、Windows 7 オペレーティング システムを選択した場合、このウィザード オプションは表示されません。
    • このトグルがグレーアウトされている場合、選択したポッドのリージョンでは Microsoft Azure サブスクリプションが GPU ハードウェアをサポートしていないことを示します。
    • サポートされている Microsoft Azure 仮想マシンのサイズは、Standard_D2_V2 と Standard_NV6 です。
    重要: GPU を有効にした場合は、ベース仮想マシンが作成された後に、仮想マシンのオペレーティング システムにログインし、サポートされている NVIDIA グラフィックス ドライバをインストールして、Microsoft Azure の GPU 対応仮想マシンの GPU 機能を取得する必要があります。仮想マシンのインポート プロセスが完了した後、ドライバをインストールします。
    パブリック IP アドレスを有効にする このトグルを有効にすると、このマスター仮想マシンの公開 IP アドレスを構成します。有効にすると、仮想マシンはプライベートとパブリックの両方の IP アドレスを取得します。

    このトグルを無効にすると、仮想マシンは Microsoft Azure 環境のプライベート IP アドレスのみを使用して構成されます。

  4. 管理の詳細を指定します。
    注: 入力するユーザー名とパスワードは、Microsoft Azure で仮想マシンを作成する場合に許可されるユーザー名とパスワードに対する Microsoft の要件を満たしている必要があります。要件のリストについては、Microsoft のドキュメントの「 ユーザー名の要件」と「 パスワードの要件」を参照してください。
    オプション 説明
    ユーザー名 仮想マシンのローカル管理者アカウントに使用する管理者名を入力します。このローカル管理者アカウントは、プロセスで仮想マシン内に作成されます。この名前は、仮想マシンのオペレーティング システムにアクセスするためのローカル管理者アカウントに使用されます。この名前は最大 15 文字の長さで、ピリオド (.) で終了することはできません。また、Microsoft Azure で仮想マシンを作成するときに許可されていない管理者名を使用することはできません。
    重要: このローカル管理者のアカウント情報(名前および [パスワード] テキスト ボックスで指定したパスワード)を確実に記憶するようにしてください。あるいは後で情報を取得する際に使用するため、忘れないように書き留めておいてください。この基本イメージにサードパーティ アプリケーションを追加するには、これらの認証情報が必要です。
    パスワード 管理者アカウントに使用するパスワードを入力します。パスワードは、Microsoft Azure のパスワード ルールに従う必要があります。
    • Microsoft Azure で仮想マシンを作成するときに許可されていない管理者アカウント パスワードを使用することはできません。
    • 12 ~ 123 文字の長さで、次の 4 つの複雑さの要件のうち 3 つを満たす必要があります。
      • 1 つの小文字を含む。
      • 1 つの大文字を含む。
      • 1 つの数字を含む。
      • 1 つの特殊文字(! @#$%/^&*) を含む
    パスワードの検証 パスワードを再入力します。
  5. [名前] テキスト ボックスに、イメージの名前とオプションの説明を入力します。
    オプション 説明
    名前 イメージの名前を入力します。
    重要: Horizon Cloud 環境でイメージに以前使用していた名前は入力しないでください。既知の問題として、すでに [マルチポッド イメージ] ページにリストされている名前を再利用した場合、仮想マシンの作成プロセスは警告なしで失敗します。システムは Microsoft Azure に仮想マシンを作成しませんが、管理コンソールにはエラー メッセージが表示されません。

    名前を選択するときに、使用している名前が [マルチポッド イメージ] ページまたは [イメージ] ページのどちらにもイメージ名として表示されていないことを確認します。

    名前は次のルールに従う必要があります。

    • アンダースコア文字 (_) を含めることはできません。
    • 英数字とハイフンのみを使用することができます。
    • 名前は(数字ではなく)英字で始める必要があります。
    • 名前の終わりにはハイフン (-) を使用できません。
    説明 イメージの説明(オプション)を入力します。
    マーカー イメージに関連付ける 1 つ以上の参照マーカーを定義します。マーカーは、イメージのバージョン 1.0 に関連付けられます。
    重要: 割り当ての作成にイメージを使用できるようにするには、少なくとも 1 つのマーカーを割り当てる必要があります。少なくとも 1 つのマーカーを割り当てない場合、割り当ての作成ワークフローにはイメージは含まれません。
  6. [インポート] をクリックします。
    Horizon Image Management Service はカタログへのイメージのインポートを開始し、新しいイメージをリストに作成します。進行中を示すアイコン ( 操作が進行中であることを表す矢印が回転したアイコン) が [マルチポッド イメージ] ページのイメージの [ステータス] 列に表示されます。
  7. インポートの進行状況を監視するには、[マルチポッド イメージ] ページでイメージの名前をクリックします。
    イメージの詳細ページが表示されます。

    バージョン 1.0 のインポートが進行中であることを示すイメージの詳細ページ
    インポートの進行中に、進行中 ( 操作が進行中であることを表す矢印が回転したアイコン) を示すアイコンがバージョン 1.0 の [ステータス] 列に表示されます。このプロセスでは、 Horizon Image Management Service は、ソース ポッドに対応する Microsoft Azure サブスクリプションのリソース グループにイメージのコピーを作成します。また、イメージ カタログにイメージのメタデータを格納することによりイメージをサービスに登録します。インポートが完了すると、イメージ バージョン 1.0 のステータスが [展開の完了] に変わります。

次のタスク

イメージ バージョン 1.0 をクラウド接続ポッドに公開します。 イメージ バージョンの公開を参照してください。