vCenter Server をサブスクリプションに変換すると、vCenter Server のアップデートを VMC コンソールから管理できます。アップデートが利用可能になると、vSphere+ によって VMC コンソールに通知が表示されます。

前提条件

重要: vSphere+ の使用をシームレスに続行するには、最初の通知を受け取った日から 8 週間以内に vCenter Server をアップデートする必要があります。しなかった場合、 vSphere+ を使用できません。

手順

  1. https://vmc.vmware.com から VMC コンソールにログインします。
  2. [インベントリ] に移動し、vCenter Server を選択してから、[メンテナンス] をクリックします。
  3. [前提条件のチェック] をクリックして、vCenter Server がすべての要件を満たしているかどうかを確認します。
    すべての前提条件の確認を完了するには少し時間がかかります。ただし、この処理の進行中も vCenter Server を使用できます。
  4. [今すぐアップデート] をクリックして、vCenter Server をアップデートします。
    アップデートの進行中は、 vCenter Server を使用できません。ただし、他の vSphere+ サービスは引き続き使用できます。

結果

アップデート プロセスが完了するまで、多少時間がかかります。アップデートが完了すると、vCenter Server を引き続き使用できます。アップデートが成功しない場合は、vSphere+ によって vCenter Server が以前のバージョンに戻されます。

次のタスク