vRealize Automation 8.x によって vRealize Operations Cloud プラットフォームの運用管理機能が拡張され、クラウド インフラストラクチャのクラウド対応の運用性がわかりやすく表示されるようになりました。vRealize Automation 8.x により、インポートされたクラウド アカウントに関連付けられた健全性、効率、および容量のリスクを監視できます。

vRealize Automation 8.x を使用して、次のような主要タスクをいくつか実行できます。
  • vRealize Operations Cloud と統合されたクラウド ゾーンのパフォーマンスと健全性を把握する。

  • 既存のクラウド アカウントを vRealize Automation 8.x から vRealize Operations Cloud にインポートして同期する。

  • vRealize Automation 8.x によって管理されるクラスタの一部である仮想マシンのワークロード配置を管理する。
  • vRealize Operations Cloud ダッシュボードを使用して、vRealize Automation 8.x に関連する vSphere エンドポイントの問題を統合してトラブルシューティングを行う。
    注: このリリースでは、vSphere エンドポイントのみがサポートされています。