ポッドのマニフェスト バージョンが 1600 以降の場合、ここに記載されている手順に従って、Horizon Cloud に必須の適切なエージェントに関連するコンポーネントをインストールし、クラウド プレーンとペアリングします。ベース仮想マシンの Windows オペレーティング システムでは、Horizon Agents Installer を実行します。仮想マシンを再起動した後、Horizon Cloud 管理コンソールを使用して、仮想マシンとクラウド プレーンをペアリングします。

このタスクを実行するときは、次の点に注意してください。

  • このドキュメントのトピックの手順は、マニフェスト バージョンが 1600 以降のポッドの場合に使用されます。これらのマニフェスト バージョンは、2019 年 9 月のサービス リリースで初めて利用可能になりました。ポッドのマニフェスト バージョンが 1600 未満の場合は、代わりに次のドキュメントのトピックに記載されている手順を使用してください:ポッドのマニフェスト バージョンが 1600 未満の場合、エージェントに関連するソフトウェア コンポーネントをベース仮想マシンにインストールする。ポッドのマニフェスト バージョンは、[キャパシティ] ページのポッドの詳細ページで確認できます。
    注意: ポッドのマニフェスト バージョンが 1600 未満の場合は、これらの手順を使用しないでください。マニフェスト バージョンが 1600 以降のポッドの場合、ペアリング メカニズムが変更されました。マニフェスト バージョンが 1600 未満のポッドに配置されている、手動で作成したベース仮想マシンに対してこれらの手順を使用しようとすると、最後のペアリング プロセスが失敗します。その場合、エージェント ソフトウェアをアンインストールしてから、ポッドのマニフェスト レベルに適した Horizon Agents Installer のバージョンを使用して再インストールする必要があります。
  • ポッドのマニフェスト レベルに適したバージョンよりも 4 つ以上古いバージョンの Windows 仮想マシンに Horizon Agents Installer をインストールすると、イメージ仮想マシンに基づいてファームと VDI デスクトップ割り当てを作成するときに、ダウンストリームの問題が発生する可能性があります。たとえば、古いバージョンの Horizon Agents Installer をインストールしたイメージ仮想マシンに基づいてファームを作成すると、システムはプロトコルとして HTML Access (Blast) を選択する場合があります。ただし、この選択は、正常に適用されたように見えてもファームの RDS 仮想マシンには適用されません。ポッドのマニフェスト バージョンと一致する Horizon Agents Installer のバージョンについては、VMware Horizon Cloud Service のドキュメント ページからリリース ノート ドキュメントを見つけ、ポッドのマニフェスト バージョンについて言及している「新機能」セクションを参照してください。対応する Horizon Agents Installer バージョンが近くに表示されます。
  • ヘルプデスクのプラグイン オプションがデフォルトでインストールされます。このオプションをインストールしない場合、このイメージに基づくデスクトップ インスタンスまたはファーム RDSH インスタンスのユーザー セッションからのパフォーマンス関連のメトリックは収集されません。そのため、このようなセッションでは、ユーザー カードで一部のデータが入手できなくなります。詳細については、Horizon Cloud 環境のユーザー カード機能についてを参照してください。
  • デフォルトでは、vRealize Operations Desktop エージェント オプションがインストールされています。このオプションを選択しない場合、このイメージに基づくデスクトップ インスタンスまたはファーム RDSH インスタンスのユーザー セッションからのアクティビティ関連データは、Horizon Cloud に報告されません。その結果、エンドユーザー アクティビティや他の種類のデスクトップ アクティビティのデータは、コンソールのレポートには表示されません。
  • デフォルトでは、App Volumes Agent オプションは有効ではありません。このオプションを選択すると、App Volumes Agent がインストールされます。これにより、この仮想マシンを使用して、Horizon Cloud ポッドで使用するためにサポートされている App Volumes 機能を利用できます。Microsoft Azure 上の Horizon Cloud の App Volumes アプリケーション - 概要および前提条件を参照してください。
  • デフォルトでは、Dynamic Environment Manager オプションは有効ではありません。このオプションを選択すると、FlexEngine と呼ばれる VMware Dynamic Environment Manager クライアント コンポーネントがインストールされます。このオプションを選択すると、標準モードを使用して FlexEngine がインストールされます。標準モードでは、VMware Dynamic Environment Manager グループ ポリシーを構成するためのインストール後の構成手順が必要です。VMware Dynamic Environment Manager の使用の詳細については、Dynamic Environment Manager の製品ドキュメントを参照してください。VMware Dynamic Environment Manager は、ポッドによってプロビジョニングされるデスクトップのエンドユーザー データ、設定、およびプロファイルの維持に必要な各種オプションを提供します。
    注: インストールに Dynamic Environment Manager オプションを選択すると、インストール パスは C:\Program Files\VMware\Horizon Agents\User Environment Manager になります。

前提条件

Microsoft Azure のポッドに仮想マシンを手動で作成する および エージェントをインストールする前に手動で作成した仮想マシンを準備する の説明に従って、仮想マシン (VM) が作成および構成されていることを確認します。

この仮想マシンが作成されるポッドのマニフェストのバージョンが 1600 以降であることを確認します。ポッドのマニフェスト バージョンが 1600 以降の場合は、次のペアリング手順が適用されます。ポッドのマニフェスト バージョンは、Horizon Cloud がサポートするすべてのポッド タイプのクラウド接続ポッドの管理 のポッドの詳細ページで確認できます。

App Volumes Agent をインストールして、この仮想マシンがポッドの App Volumes 機能を利用できるようにする場合は、エージェントがポッドで実行されている App Volumes Manager と通信するために使用する IP アドレスが必要です。エージェント オプションで App Volumes Agent が選択されている場合、Horizon Agents Installer に、[App Volumes Manager の IP アドレスを指定] と表示されます。使用する IP アドレスは、ポッドの詳細ページの [ポッド マネージャのロード バランサの IP アドレス] ラベルの横にあります。次のスクリーンショットは、ポッドの詳細ページと [ポッド マネージャロード バランサ IP アドレス] の場所の例です。


ポッドの [キャパシティ] ページでポッド マネージャのロード バランサの IP アドレスの場所を示すスクリーンショット

手順

  1. インストーラのダウンロード場所に移動して起動します。
    重要: このベース仮想マシンによって生成されるデスクトップまたは RDS ベースのリモート アプリケーションで URL リダイレクト オプションを使用する場合は、コマンドラインを使用してインストーラを起動する必要があります。コマンドには VDM_URL_FILTERING_ENABLED=1 パラメータを追加します。
    次に例を示します。
    VMware-Horizon-Agents-Installer-x.y.z-build-x64.exe VDM_URL_FILTERING_ENABLED=1
    この場合、 x.y.zbuild はファイル名の数字と一致します。
    数分後、インストール ウィザードに [ようこそ] 画面が表示されます。インストーラは、クライアント オペレーティング システムで実行しているか、Remote Desktop Session Host (RDSH) タイプのオペレーティング システムで実行しているかを検出し、適切な [ようこそ] 画面を表示します。RDSH タイプのオペレーティング システムには、RDS ロールが有効になっている Microsoft Windows サーバ オペレーティング システムと、Microsoft Windows 10 Enterprise マルチセッション オペレーティング システムが含まれています。
    • Microsoft Windows クライアント オペレーティング システムを実行している仮想マシンの場合は、Horizon Cloud Endpoint Desktop イメージが表示されます。
      Windows 10 クライアント仮想マシンでの Horizon Agents Installer に対して表示される最初の画面のスクリーンショット

    • Remote Desktop Session Host (RDSH) タイプのオペレーティング システムを実行している仮想マシンの場合、Horizon Cloud RDSH アプリケーション イメージが表示されます。
      RDSH タイプのオペレーティング システムを実行している仮想マシン上の Horizon Agents Installer に対して表示される最初の画面のスクリーンショット

  2. [構成] をクリックします。
    ウィザードの次の手順が表示されます。次のスクリーンショットは、RDSH タイプのオペレーティング システムを実行する仮想マシンでこの手順を実行する場合の例です。
    Windows RDSH 対応仮想マシンで Horizon Agents Installer を実行しているときに表示される最初のオプション画面のスクリーンショット

    注: Windows 7 Enterprise 仮想マシンの場合、Windows 7 Enterprise オペレーティング システムでの使用がサポートされているエージェント オプションのみを選択できます。
  3. 下にスクロールして、機能のオプションを表示します。
    次のスクリーンショットは、RDSH タイプのオペレーティング システムを実行する仮想マシンでこの手順を実行する場合の例です。
    RDSH タイプのオペレーティング システムを実行している仮想マシンで Horizon Agents Installer を実行しているときに表示される残りのオプション画面のスクリーンショット

  4. インストールする機能のチェックボックスを選択し、矢印をクリックして次の手順に移動します。
    GPU によりバッキングされている Windows RDSH タイプのオペレーティング システム仮想マシンの場合は、 [3DRDSH] オプションを選択します。
    注: ヘルプ デスク プラグイン オプションをインストールしない場合、このイメージに基づくデスクトップインスタンスまたはファーム RDSH インスタンスのユーザーセッションからのパフォーマンス関連のメトリックは収集されません。そのため、このようなセッションでは、ユーザー カードで一部のデータが入手できなくなります。詳細については、 Horizon Cloud 環境のユーザー カード機能についてを参照してください。
  5. USB リダイレクトを安全に使用するよう指示するメッセージが表示された場合は、[OK] をクリックします。
  6. [App Volumes Agent] を選択すると、インストーラに [App Volumes Manager の IP アドレスを指定] が表示されます。前のセクションで説明したように、使用する IP アドレスは、ポッドの詳細ページの [ポッド マネージャのロード バランサの IP アドレス] ラベルの横にあります。
  7. 最後の手順で、[インストールを続ける] をクリックします。
    インストーラがコンポーネントのインストールを開始します。
    注: VMware ディスプレイアダプタをインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、 [インストール] をクリックします。
    すべてのコンポーネントがインストールされると、ウィザードには [終了] が表示されます。次のスクリーンショットは、RDSH 対応イメージでインストーラを実行し、デフォルト オプションのみを選択したときにインストールされるコンポーネントのリストを示しています。特定のエントリは、オペレーティング システムおよび選択するオプションによって異なる場合があります。
    Windows RDSH 対応仮想マシンでの Horizon Agents Installer の実行が完了したときに表示される最後の画面のスクリーンショット

  8. 完了したことがウィザードに表示されたら、[終了] をクリックします。
  9. [今すぐ再起動] をクリックして、仮想マシンを再起動し、構成の変更を有効にします。
  10. 仮想マシンが再びパワーオンされたら、Horizon Cloud[エージェント ペアリングをリセット] アクションを使用して、Horizon Cloud 環境とペアリングします。
    1. [インベントリ] > [インポートされた仮想マシン] に移動し、仮想マシンの横に仮想マシンがパワーオンされていることを示す緑色のドットが表示されていることを確認します。
      エージェント ソフトウェアが仮想マシンにインストールされていても、仮想マシンはまだ Horizon Cloud とペアリングされていません。次のスクリーンショットに示すように、仮想マシンの [エージェントのステータス] 列には、 ペアなし と表示されます。
      [エージェントのステータス] 列に [ペアなし] の仮想マシンがリストされた [インポートされた仮想マシン] ページのスクリーンショット

    2. 仮想マシンを選択し、[詳細] > [エージェント ペアリングをリセット] を選択して、仮想マシンと Horizon Cloud をペアリングします。
      注: ペアリング処理は完了まで数分かかることがあります。ペアリング処理中に仮想マシンが再起動され、そのエージェントのステータスが ペアなし から 不明有効 に変わります。円形の矢印アイコンを使用して [インポートされた仮想マシン] ページを更新し、仮想マシンの現在のステータスを確認します。

結果

[エージェントのステータス] 列に 有効 および 20.2.0 などのエージェントのバージョンが表示されると、仮想マシンのペアリング処理は完了します。次のスクリーンショットは、ペアリング処理が完了した後の仮想マシンを示します。この時点で、ベース仮想マシンは、シールドされたイメージとも呼ばれる、割り当て可能なイメージを作成するための Horizon Cloud 環境の要件に準拠しています。
[エージェントのステータス] 列に [有効 (20.2.0)] と表示された [インポートされた仮想マシン] のスクリーンショット

次のタスク

仮想マシンを Active Directory ドメインに参加させている場合は、ドメイン アカウントを使用して仮想マシンに接続し、イメージをカスタマイズすることができます。仮想マシンを Active Directory ドメインに参加させなかった場合は、ローカル管理者アカウントを使用して仮想マシンに接続し、イメージをカスタマイズできます。

壁紙などの設定や、この仮想マシンによってエンド ユーザーに提供されるアプリケーションのインストールなど、イメージの Windows オペレーティング システムをカスタマイズします。仮想マシンのパブリック IP アドレスを有効にした場合は、Microsoft リモート デスクトップ接続などの RDP クライアントの [インポートされた仮想マシン] ページに表示される IP アドレスを使用して、作成された仮想マシンに接続できます。詳細については、インポートされた仮想マシンの Windows オペレーティング システムをカスタマイズおよび次のサブトピックを参照してください。

ヒント: イメージ仮想マシンをさらに調整して、VMware Blast Extreme を使用するための構成を改善するには、ベスト プラクティスとして Horizon Cloud ファームとデスクトップから最適なリモート エクスペリエンス パフォーマンスを引き出すためにゴールド イメージで実行すべき 5 つの重要な手順のガイダンスに従うことをお勧めします。もう 1 つのベスト プラクティスとして、『 VMware Blast Extreme Optimization Guide』を参照し、コーデック オプションに関するガイドの推奨事項に従って、イメージ内のコーデック オプションの追加の調整を実行することです。

App Volumes Agent のインストールを選択した場合は、Microsoft Azure 上の Horizon Cloud の App Volumes アプリケーション - 概要および前提条件に記載されているサブトピックを続行して、このイメージをサポートされている App Volumes 機能と共に使用します。

Dynamic Environment Manager オプションのインストールを選択した場合は、少なくとも SMB 2 が有効になっている Microsoft Azure サブスクリプションに別のファイル サーバを構成します。次に、そのファイル サーバを使用して VMware Dynamic Environment Manager を構成します。GPO 設定も構成します。Dynamic Environment Manager の製品ドキュメントVMware Dynamic Environment Manager ドキュメントのトピックを参照してください。

Horizon Agent の使用に関するセキュリティを強化するために、Active Directory サーバ ドメイン ポリシーの GPO(グループ ポリシー オブジェクト)を構成して、SSL および TLS プロトコルの脆弱な暗号を無効にします。SSL/TLS プロトコルを使用した通信時の脆弱な暗号の無効化の詳細については、VMware Horizon® のドキュメント セットに記載されているエージェント関連の情報を参照してください。https://docs.vmware.com/jp/VMware-Horizon/index.htmlまたはhttps://docs.vmware.com/jp/VMware-Horizon-7/index.htmlのドキュメント セットで「脆弱な暗号」という語句を検索します。

NV シリーズの仮想マシン タイプを選択した場合は、仮想マシンのオペレーティング システムにログインし、サポートされている NVIDIA グラフィックス ドライバをインストールして、GPU 対応の NV シリーズ仮想マシンの GPU 機能を取得する必要があります。仮想マシンが作成されたらドライバをインストールします。[インポートされた仮想マシン] ページには仮想マシンのエージェント状態がアクティブであることが表示されます。Horizon Cloud にインポートされた GPU 対応仮想マシンへの NVIDIA グラフィック ドライバのインストールを参照してください。

イメージのカスタマイズが完了した後、[新しいイメージ] ワークフローを使用して、イメージを割り当て可能なイメージに変換します。構成済みイメージ仮想マシンを Horizon Cloud の割り当て可能なイメージに変換するを参照してください。