サイトは、Universal Broker サービスがリモート リソースをエンド ユーザーに仲介する最善の方法を決定するのに役立ちます。[サイト] とは、同一の物理的場所(通常は単一データセンター内)にあるクラウド接続されたポッドの集合のことです。

サイトとホーム サイトの構成

デフォルトでは、VMware SDDC ベースのプラットフォーム上の Horizon ポッドは、監視対象状態になります。割り当ての作成をサポートするために、ポッドを監視対象状態から管理対象状態に変更すると、ポッドを新規または既存のサイトに関連付けるように求められます。

Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドの仲介方法として Universal Broker を選択すると、Default-Site という名前のデフォルト サイトが作成されます。参加している Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドは、自動的に Default-Site に追加されます。後で新しいサイトを構成し、Default-Site から構成済みのサイトにポッドを移動することができます。

また、ユーザーまたはユーザーのグループを、[ホーム サイト] と呼ばれる特定のサイトに関連付けることもできます。

サイトは、ディザスタ リカバリ ソリューションの有用な部分として機能します。たとえば、さまざまなデータセンター内のポッドをさまざまなサイトに追加して、それらのサイト全体にわたる割り当ての使用資格をユーザーやグループに割り当てることができます。あるサイトのデータセンターが使用不可になった場合、Universal Broker は使用可能なサイトからデスクトップを識別して、ユーザーの要求を満たすことができます。

Horizon Universal Console を使用してサイトとホーム サイトを構成します。Universal Broker のサイトの構成およびUniversal Broker のホーム サイトの構成を参照してください。

サイトを使用したデスクトップ検索の動作の定義

ユーザーが割り当てにアクセスすると、Universal Broker はその割り当てに参加しているプールから利用可能なデスクトップを検索します。デフォルトでは、Universal Broker はユーザーのホーム サイト、ユーザーに物理的に最も近いサイト、および他のサイトの順に優先順位を設定します。

専用デスクトップ プールを含む割り当ての場合、Universal Broker は、ユーザーが初めてデスクトップを要求したときのみデフォルトの検索動作を使用します。Universal Broker は、この最初のセッションでユーザーの要求を専用デスクトップにルーティングした後、後続のセッションでユーザーを同じデスクトップに直接返します。

個々の割り当てのデフォルトの検索および要求のルーティング動作を変更するには、サイト ポリシーとホーム サイトの上書きを構成します。たとえば、Universal Broker は、ユーザーのホーム サイトではなく、ユーザーに物理的に最も近いサイトを優先することができます。Universal Broker は、検索の範囲を特定のサイトのデスクトップに制限することもできます。

割り当てのホーム サイト上書きを指定することもできます。この場合、Universal Broker は、ユーザーのホーム サイトではなく、上書きサイトで使用可能なデスクトップの検索を開始します。

Horizon ポッド - VDI デスクトップのマルチクラウド割り当ての作成Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド - Horizon Cloud テナント環境での VDI マルチクラウド割り当ての作成で説明するように、割り当てを作成するときに、サイト ポリシーとホーム サイト上書きを設定できます。また、Horizon Cloud テナント環境でのマルチクラウド割り当ての編集で説明するように、割り当てを編集して既存のサイト ポリシーとホーム サイト上書き設定を変更することもできます。

注: ユーザーの物理的な場所を解決するために、 Universal Broker は MaxMind で作成された GeoLite2 データを使用します。これは https://www.maxmind.com から入手可能です。