クラウドに接続している Horizon ポッド用の最新の Horizon Cloud 機能を取得するには、これらのポッドの Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスを Horizon Cloud 対応の最新バージョンに更新します。

このドキュメント トピックでは、仮想アプライアンスがデプロイされている vSphere 環境内で仮想アプライアンスを手動で更新する手順について説明します。お使いの Horizon Cloud テナント アカウントが Horizon Cloud Connector の自動更新用に構成されている場合、VMware オペレーション チームがテナント アカウントで新しいバージョンを使用できるようにすると、アプライアンスはクラウド プレーンから自動的に更新されます。詳細については、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの自動更新の構成を参照してください。

注: Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの更新中は、プロキシの SSL 設定を使用できません。

前提条件

  • 現在の Horizon Cloud リリースでサポートされている Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの最新バージョンをダウンロードします。この Horizon Cloud リリースでサポートされるバージョンについては、Horizon Cloud のドキュメント ページにあるリリース ノートを参照してください。
  • 更新が必要な既存 Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスと新しい Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスが同じネットワーク上にあり、新しい仮想アプライアンスが既存の仮想アプライアンスと SSH 通信を確立できることを確認します。
  • 仮想アプライアンスがパワーオン状態であることを確認します。アプライアンスがパワーオフの状態は異常です。理由は、Horizon Cloud Connector はクラウド制御プレーンとの接続を維持して、クラウド接続されたポッドの Horizon サブスクリプション ライセンスをアクティブな状態にする必要があるためです。
  • vSphere Web Client を使用して、既存の Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスのスナップショットを作成します。
  • Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの固定 IP アドレス、DNS アドレス、ゲートウェイ アドレス、およびサブネット マスクを取得します。
  • Horizon Cloud テナント アカウントにログインするために有効な My VMware アカウント認証情報があることを確認します。『デプロイ ガイド』のオンボーディング情報に記載されているように、My VMware アカウントを使用して、Horizon Cloud Connector のオンボーディングおよび管理ポータルにログインします。ポッドに関連付けられている Active Directory ドメインが、コネクタがペアリングされている Horizon Cloud テナントにすでに登録されている場合は、My VMware の認証情報を使用してログインすると、2 回目のログイン画面が表示されます。この 2 回目のログイン画面では、Horizon Cloud テナント環境のスーパー管理者ロールを持つ管理者の Active Directory 認証情報が要求されます。2 回目のログイン画面が表示された場合は、アクセス権限を持つドメイン内の Active Directory アカウントの認証情報が必要になります。このログイン プロセスの詳細については、Horizon Cloud 管理コンソール にログインして Horizon Cloud 環境で管理タスクを実行するを参照してください。
  • vCenter Server の FQDN を Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの /etc/hosts ファイルに追加します。これらの手動更新手順を実行するには、この FQDN を使用する必要があります。
    /etc/hosts ファイルを編集した後、 hze-core および csms サービスを再起動する必要があります。次のコマンドを使用します。
    systemctl restart hze-core
    systemctl restart csms
重要: コネクタ アプライアンスのバージョン 1.0 はサポートされなくなりました。バージョン 1.0 から更新する場合、 Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスのスナップショットを作成した後、アプライアンスのオペレーティング システムにログインし、 chage -E -1 -M -1 tomcat8 コマンドを実行する必要があります。
root@example.com [ ~ ]# chage -E -1 -M -1 tomcat8
このコマンドは、 Horizon Cloud Connector バージョン 1.0 から更新する場合にのみ必要であり、それ以降のバージョンからの更新には必要ありません。

手順

  1. Web ブラウザで Horizon Cloud Connector のオンボーディングおよび管理ポータルにログインするには、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの IP アドレスを入力するか、その IP アドレスを DNS の FQDN にマッピングした場合は、ブラウザでその FQDN を入力します。
    My VMware アカウントの認証情報を使用してログインします。この手順では、 『デプロイ ガイド』のオンボーディング プロセスの説明に従って、Horizon Cloud テナント アカウントにログインします。ログインに成功すれば、クラウド接続されたポッドの Connection Server で既存の Horizon Cloud 接続が正常に構成されていることになります。Horizon Cloud テナントに Active Directory ドメインが登録されている場合は、2 回目のログイン画面が表示されます。その場合は、 Horizon Cloud 管理コンソール にログインして Horizon Cloud 環境で管理タスクを実行するの説明に従って、適切な Active Directory の認証情報を入力します。
  2. Horizon Cloud Service を既存の Horizon ポッドに接続して Horizon のサブスクリプション ライセンスまたはクラウド ホスト型サービス、あるいはその両方を使用するの手順 1 ~ 8 に従って、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの最新バージョンをデプロイします。
    注: Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの以前のインスタンスが HTTP プロキシを使用していた場合は、デプロイ ウィザードの指示に従ってプロキシ設定を再構成します。手動による更新中に、プロキシ設定が以前の仮想アプライアンスから新しい仮想アプライアンスに転送されることはありません。
  3. ブラウザで IP アドレスを使用して、手順 2 でデプロイした Horizon Cloud Connector アプライアンスのオンボーディング ポータルにログインします。
    上記の手順 1 の説明に従って、My VMware の認証情報を使用してログインします。Horizon Cloud テナント アカウントに登録済みの Active Directory ドメインがある場合、Active Directory ログイン ウィンドウが表示され、適切な Active Directory 認証情報でログインする必要があります。
  4. 適切な Connection Server インスタンスで展開した Horizon Cloud Connector アプライアンスの最新バージョンを接続します。
    Horizon Cloud Connector の以前のバージョンは、クラウドに接続しているポッドの Connection Server インスタンスに接続します。 [Horizon Connection Server に接続] ボックスで、Connection Server の FQDN を入力して、 [接続] をクリックします。
  5. 画面上でサムプリント証明書の検証が要求された場合は、チェック ボックスをクリックして Connection Server のサムプリント証明書を確認します。
    注: Connection Server に有効なルート CA 証明書がある場合、この検証はスキップされます。
  6. Connection Server のドメイン名、ユーザー名、パスワードを入力して、[接続]をクリックします。
    注: Horizon Cloud Connector アクションの監査を効果的に行うには、Connection Server の一意のユーザー名とパスワードを使用します。
  7. Horizon Cloud Connector バージョン 1.5 に更新する場合は、[Cloud Connector で SSH を有効にする] トグルを有効にします。
    SSH を有効にすると、更新プロセスのために新しいコネクタ アプライアンスは SSH を使用して既存のコネクタ アプライアンスと通信できるようになります。更新が完了したら、このトグルを無効にできます。
  8. ダイアログ ボックスで[アップグレード]をクリックします。
  9. [古い Cloud Connector のアドレス] テキスト ボックスに、以前の Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの IP アドレスを入力して、[接続] をクリックします。
  10. SSH 接続のサムプリントを検証するチェック ボックスをクリックします。
  11. [アップグレード]をクリックします。
    新しい Horizon Cloud Connector は、 Horizon ポッドと Horizon Cloud 間のクラウド接続を管理しています。

次のタスク

Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの以前のインスタンスがカスタム CA 署名付き証明書を使用している場合は、更新された仮想アプライアンスに対して、新しい CA 署名付き証明書を構成します。手動による更新中に、証明書が以前の仮想アプライアンスから新しい仮想アプライアンスに転送されることはありません。詳細については、 Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの CA 署名付き証明書の構成を参照してください。

古いバージョンのアプライアンスを vSphere 環境から削除します。

将来の更新で、上記の手動の手順を使用する代わりに、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスを自動的に更新できるようにするには、Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの自動更新の構成の情報を参照してください。