VMware vRealize® Automation ™ のドキュメント。許可された管理者、開発者、またはビジネス ユーザーが新しい IT サービスを要求できる安全なポータルを提供する方法について説明します。ビジネス ポリシーのコンプライアンスに準拠すると同時に、クラウドおよび IT リソースを管理します。

プロビジョニング インフラストラクチャの構築を開始します。展開可能なインフラストラクチャ、アプリケーション、デスクトップなど、さまざまなブループリントを作成します。IT サービスの要求が処理される共通サービス カタログを提供することで、基盤となるインフラストラクチャの種類にかかわらず、一貫した使用環境をユーザーに提供できます。

vRealize Automation を導入する準備ができましたか。

以下の記事を参照してください。リンクは各バージョンに対応していますが、目次または各記事でバージョンを選択できます。

準備ができたら、他のVMware Cloud 管理ブログの参照も検討してください。

オンデマンド サービスのユーザーへの提供



IT およびクラウド サービスのユーザーへの提供を示す図。

vRealize Automation が製品スイートに含まれていることをご存知ですか。

vRealize Automation は、vRealize Suiteの他の製品と統合されています。

ハンズオン ラボへのアクセスを含む詳細については、vRealize Automation 製品ページを参照してください。