VMware vRealize® Automation™ にはさまざまなドキュメントが用意されています。許可された管理者、開発者、またはビジネス ユーザーが新しい IT サービスを要求できる安全なポータルを構築する方法について説明します。また、ビジネス ポリシーのコンプライアンスに準拠すると同時に、クラウドおよび IT リソースを管理します。

まず、展開可能なインフラストラクチャとアプリケーションを設計し、要求が処理される共通サービス カタログを提供します。次に、CI/CD ビルドおよびパイプラインを計画して配布します。

この製品の Software as a Service (SaaS) クラウド バージョンのドキュメントについては、VMware vRealize® Automation Cloud™ を参照してください。

vRealize Automation バージョン 7 および 8

バージョン 7 と 8 では、ユーザー エクスペリエンスが大きく変更されていることに注意してください。vRealize Automation 7 のドキュメントについては、サポートされている最新のリリースがこのページの左側から参照できます。古いバージョンは、「アーカイブ ドキュメント」見出しの下から ZIP ダウンロードとして入手できます。

vRealize Automation 8 を開始するための準備

左側のガイドにアクセスして、上部の検索オプションを使用するか、下の表のトピックに直接移動してください。すでに vRealize Automation 8 を実行している場合は、製品内のユーザー アシスタンスも役立ちます。

開始する前に インストールと移行 はじめに よく使う機能の詳細 ビデオおよびその他のリソース ハンズオン ラボおよび製品のページ
ポートなどのシステムの推奨事項と要件 インストール Cloud Assembly Cloud Assembly テンプレートの設計 vRealize Automation のブログとビデオ Cloud Management のハンズオン ラボ
サポートされているクラウド アカウントと権限 7.4、7.5、または 7.6 から 8.x への移行 Service Broker Service Broker カタログへのコンテンツの追加 Cloud Assembly チュートリアル vRealize Automation 製品ページ
VMware 製品の相互運用性マトリックス vRealize Easy Installer ビデオ チュートリアル Code Stream Code Stream パイプラインの作成 Code Stream チュートリアル
vRealize Suite 移行のビデオ チュートリアル Orchestrator 拡張性によるアプリケーションのライフサイクルの延長 vRealize Automation コミュニティ フォーラム
ユーザーの設定 SaltStack Config の使用 CLI および API リンクは、次のセクションに記載

vRealize Automation を使用している場合は、組み込みのユーザー アシスタンスを使用できます。

  • 設定について調べるには、Signpost のヘルプを使用します。
  • 機能または設定プロセスの詳細を調べるには、コンテキスト ヘルプ パネルを使用します。
  • vRealize Automation で作業しているときに、このドキュメント セット内で機能またはプロセスの詳細を検索するには、コンテキスト リンクまたは検索オプションを使用します。
製品内ヘルプの複合的なスクリーンショット(Signpost のヘルプ、サポート パネルのヘルプ、このドキュメント センター内の関連記事へのコンテキスト リンクなど)。

vRealize Automation のドキュメントを使用する際には、VMware が多様性を尊重していることをご理解ください。この原則をお客様、パートナー、社内コミュニティ内で共有するために、当社では当社ドキュメント内の多様性の受け入れにふさわしくない言葉遣いを削除しました。

vRealize Automation の CLI と API の詳細の取得方法

  • vRealize Automation には、コマンド ラインから管理タスクおよびトラブルシューティング タスクを実行するための vracli ツールが含まれています。vracli を使用するには、SSH を使用して vRealize Automation アプライアンスに接続し、root ユーザーとしてログインします。vracli コマンドの詳細については、vracli -h と入力してください。
  • vRealize Automation API を使用できるようにするため、VMware では 2 つのタイプのドキュメントを用意しています。これらのドキュメントはいずれも、REST API を使用して vRealize Automation をプログラムで構成および管理する必要がある管理者とプログラマを対象にしています。
    vRealize Automation API リファレンス すべての REST API サービス呼び出し用の OpenAPI ファイルが含まれています。

    API リファレンスへのアクセス方法は、インストールされている vRealize Automation のバージョンによって異なります。

    • vRealize Automation 7.6 以前がインストールされている場合は、https://$vRA/component-registry/services/docs に移動します。$vRA は vRealize Automation のインスタンスを表します。
    • vRealize Automation 8.0 以降がインストールされている場合は、https://$vRA/automation-ui/api-docs に移動します。$vRA は vRealize Automation アプライアンスのホスト名です。
    プログラミング ガイド サンプルの要求と応答を含む一般的な使用事例を紹介します。