Horizon Cloud 環境では、エンドユーザーに VDI またはリモート デスクトップをプロビジョニングするために、デスクトップ割り当てを定義します。デスクトップ割り当てはそれぞれ、公開イメージを資格のあるユーザーのセットに関連付けます。これらのデスクトップ割り当てを作成するには、Horizon Universal Console を使用します。

Microsoft Azure 環境の Horizon Cloud ポッドは、次のタイプのデスクトップ割り当てを提供します。

セッション デスクトップ割り当て
セッション デスクトップ割り当てでは、リモート デスクトップ サービス (RDS) のデスクトップ エクスペリエンスが複数ユーザー間で共有されます。これらのデスクトップは、ポッドの RDSH ファームで実行している RDSH 対応仮想マシンへのセッションベースの接続です。RDSH セッション デスクトップ割り当てを作成する前に、公開されたイメージに基づいて作成されたデスクトップ ファームを少なくとも 1 つ用意する必要があります。 ファームの作成を参照してください。
専用の VDI デスクトップ割り当て
専用の VDI デスクトップ割り当てでは、各仮想デスクトップが特定のユーザーにマッピングされます。マッピングされた各ユーザーは、ログインするたびに同じデスクトップに戻ります。特定の専用の VDI デスクトップが特定のユーザーにマッピングされると、そのデスクトップはそのユーザーに割り当てられたということになります。特定の専用の VDI デスクトップは、次の 2 つの方法のいずれかで特定のユーザーにマッピングされます。
  • 管理者は、[割り当て] アクションを使用して、特定のユーザーに特定のデスクトップを明示的に割り当てます。
  • ユーザーは、([ユーザー] タブの)割り当てに対する資格が付与されていて、割り当てからデスクトップの最初の起動を行います。その時点では、そのユーザーは、割り当てによって定義されたすべての専用の VDI デスクトップのセットから、該当する専用の VDI デスクトップに対する資格を獲得したことになります。ユーザーがこのような方法で専用の VDI デスクトップの資格を獲得した場合、システムによってその特定のデスクトップが特定のユーザーにマッピングされ、専用の VDI デスクトップは [割り当て済み] 状態になります。その特定の専用の VDI デスクトップは、管理者が明示的に ([割り当て解除] アクションを使用して)デスクトップの割り当てを解除するまで、または、該当するユーザーの Active Directory アカウントが資格のあるユーザーの割り当てのセットから削除されるまで、[割り当て済み] 状態のままになります。

専用割り当てでは、デスクトップとユーザーの関係が 1 対 1 になる必要があり、ユーザーの総数を基準にしてサイジングする必要があります。たとえば、100 ユーザーのグループについては 100 台のデスクトップの割り当てが必要となります。このような専用デスクトップ割り当ての主な使用例は、各ユーザーのデスクトップ仮想マシンのホスト名がセッション間でそのまま確実に残るようにすることです。特定のソフトウェア パッケージでは、ライセンス上、専用デスクトップを使用することが必要となる場合があります。

フローティング VDI デスクトップ割り当て
フローティング VDI デスクトップ割り当てでは、ユーザーはログインするたびにマシン名が異なる別の仮想マシンを受け取ります。フローティング デスクトップ割り当てでは、ユーザーのシフトに合わせてデスクトップを作成できます。この場合、同時実行ユーザーの最大数を基準としてサイジングする必要があります。たとえば、ユーザーがシフトして作業しており、1 度に 100 ユーザーが作業している場合は、300 ユーザーが 100 台のデスクトップ割り当てを使用できます。フローティング デスクトップ割り当てでは、ユーザーに各デスクトップ セッションで異なるホスト名が表示される場合があります。

専用 VDI デスクトップ割り当てとフローティング VDI デスクトップ割り当てのどちらかを選択する場合は、フローティング VDI デスクトップ割り当てがベスト プラクティスです。理由は、専用 VDI デスクトップ割り当てよりも柔軟性の高いプール管理機能を備え、仮想マシン リソースが各ユーザー専用になることを回避できるからです。その結果、フローティング VDI デスクトップ割り当ては、通常、専用 VDI デスクトップ割り当てよりも低コストになります。

デスクトップの割り当てを作成するには、エンドユーザーのデスクトップの基礎となる設定済みオペレーティング システムとしてシステムが使用する、1 つ以上の公開状態のイメージ仮想マシンが存在する必要があります。

注: セッション ベースのデスクトップまたはフローティング VDI デスクトップのどちらも、ユーザー データ、設定、プロファイルの永続性を提供しません。ユーザーがフローティング VDI デスクトップからログオフすると、そのフローティング VDI デスクトップはユーザーがログインする前の状態にリセットされます。 VMware Dynamic Environment Manager を設定し、ご使用の環境に応じてそれを構成することによって、ユーザー データ、設定、およびプロファイルの永続性を提供することができます。自動化された [デスクトップのインポート] ウィザードを使用して作成されたイメージには、デフォルトで VMware Dynamic Environment Manager エージェントがインストールされています。これらの項目の永続性の構成については、次のリソースを参照してください。

これらのデスクトップ割り当ての作成について

デスクトップ割り当ての作成ワークフローは、テナント環境に構成されているブローカのタイプによって異なります。お使いの環境で設定されているブローカの種類を確認するには、コンソールの [設定] > [ブローカ] に移動します。

テナント環境が Universal Broker に対して構成されている場合
Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド - Horizon Cloud テナント環境での VDI マルチクラウド割り当ての作成 で説明されている手順を実行します。
テナント環境がシングルポッド ブローカ用に構成されている場合
Microsoft Azure のシングル ポッドによってプロビジョニングされるフローティング VDI デスクトップ割り当ての作成 および Microsoft Azure のシングル ポッドによってプロビジョニングされる専用 VDI デスクトップ割り当ての作成 に説明されているワークフローを実行します。

Horizon Cloud Service on Microsoft Azure を使用した Carbon Black Cloud のデプロイ

Horizon Cloud Service on Microsoft Azure VDI デスクトップ割り当ておよびファームを使用して VMware Carbon Black Cloud をデプロイする方法については、VMware ナレッジベースの記事Carbon Black と Horizon Cloud Service on Microsoft Azure の相互運用性 (KB81253)を参照してください。