このトピックでは、Horizon Image Management Service のコア コンポーネント間の関係について説明します。次の図は、オンプレミスの VMware SDDC の Horizon ポッドと Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドの両方で構成されるハイブリッド環境の例を示しています。

Horizon Image Management Service は、テナント環境のイメージの統合ビューを提供するイメージ カタログを維持し、ポッド タイプ(VMware SDDC の Horizon ポッドまたは Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド)で分類します。

どちらのポッド タイプのイメージでも、同じイメージ管理操作を実行できます。これらの一般的な機能に加えて、Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドのイメージは、イメージ バージョンの公開をやり直したり元に戻したりするなど、追加の機能をサポートします。

次の図に示すように、Horizon Image Management Service は、互いに独立したワークフローを使用して、両方のポッド タイプのイメージを管理します。

  • VMware SDDC の Horizon ポッドの場合、サービスは、参加しているポッド内の vCenter Server インスタンスによって管理されるデータストアにイメージ バージョンのコピーを保存します。これらの保存されたコピーは、テナント イメージ カタログにリストされているイメージに対応しています。公開中、サービスは vCenter Server インスタンス間で共有されるコンテンツ ライブラリを使用してイメージ バージョンを複製します。次に、サービスは、複製プロセスに使用されたコンテンツ ライブラリ内の一時オブジェクトを削除します。
  • Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドの場合、サービスは、参加しているポッドの Azure リソース グループにイメージ バージョンのコピーを保存します。これらの保存されたコピーは、テナント イメージ カタログにリストされているイメージに対応しています。公開中に、サービスはポッド内の Microsoft Azure 共有イメージ ギャラリー定義を使用して、さまざまな Azure リージョンおよびサブスクリプション間でイメージ バージョンを複製します。次に、サービスは、複製に使用された共有イメージ ギャラリー内の一時オブジェクトを破棄します。
注: このリリースでは、異なるポッド タイプ間でのイメージのクロスプラットフォーム移行はサポートされていません。
図 1. Horizon Image Management Service のアーキテクチャ

サービスの主要なシステム コンポーネントを示すアーキテクチャ図

サービスの主要なシステム コンポーネントを示すアーキテクチャ図